2021年09月22日

「個人的快感代謝欲求が悪徳となる」心理【これトンデモ発見かも】(1)

何個か前に書いたネタなんだが、
子供の心理として「親《権威》が企画する《認定する》公的《周囲に話してもよい・むしろ話すべき》イベントは「エピソード記憶」化され”超自我《道徳などが収まる場所》”に格納される(ノスタルジー記憶)」 ↓↑
相対論で「親に内緒の《或いは隠すため嘘をついて》個人的快感代謝ネタは《子供ならこっそり集めているナントカカードだとかおしゃれアイテムだとか》自動的に悪徳《”ソドムとゴモラ”フォルダ》に保存される」
※類似例に「中二病的記憶が《=周囲に内緒のプライベートな趣向》”黒歴史”と認識される」ってのもある
あー今回はR20指定とします(青少年は退場するように)

●単純な話<話をわかりやす(大袈裟な概念に)はめ込んでいくと>

個人的快感代謝欲求(典型例:性欲)の行使の自由を獲得する行為は、
「神(言えば道徳)への反抗であり、無意識に悪徳として認知される」

故に思春期『反抗期』に展開される”理論武装”は「悪だくみや屁理屈」のように認知されやすく(その罪悪感から逃れるために”クラスのみんなガー”だとか”欧米ガー”《横文字》などを連発してみたり)、反抗する側が何故か荒れる(冷静に考えれば理詰めの反抗期があってもいいじゃないか)。


■ちょっとさ歴史的経緯(『共同幻想』合理性が高い時代)から振り返ろうか
”権威が認める快感代謝イベント”は=”権威が支持する労役などのインセンティブ”です、
実は後者が本体なので、
個人的快感代謝を優先する行為は?【悪】です、
(種まきなど夏至の夜とか決まってる作業が、そいつの勝手な行動でズレちゃったりする)
上記は基本的な”権威が定める善悪”になりますが、
●仮に自由時間であっても、上記概念は自我に刷り込まれてるワケで、
過去用例と連想から、
”権威が認める快感代謝イベント”は善
”個人的快感代謝欲求動機形成(自由行動)”は潜在悪みたいなことなるんですよ、

 え え 無意識 に な

はい、話は戻ってさ
思春期反抗期とは(特に「歩留まり時代の現代は『共同幻想』にすら反抗するため」)高等教育普及を背景とした文明化も込みの”理論武装”により戦われます。
親に反抗する際に、昭和みたいに暴言吐く黒歴史のようなものだけでは無く、理詰めで(民主主義と政治信条の自由を語るように)「ここからは俺の勝手にさせてもらう宣言」をすることになる。
 ↑
ここに気が付いてさ、、俺ひっくりがえりそうになったのさ、、
何って、
「不良の法則」だよ、
●やっぱその原型は、仮に勉強についていけず(別に学校の勉強なんかできなくてもいんだけど)理論武装が不十分だとどうなる?(罪悪感から逃れるため)荒れるに留まらず”悪を自称するしか手が無くなる”(無意識下ではこれに失敗すると性交権を失うの連想で生きてる意味の喪失不安を発生させる)、逆切れとは違うんだよ、論理的に悪を自称するしか抵抗する手段がないんだわ。
逆に勉強もしっかりできる子でも”親が教授だ権威職だ”で、青少年にはおおよそ論駁するとが不可能だとかさ(相対的に理論武装の努力も無駄というか)、こっちのパターンもあり得ると思う。

→続きを読む

posted by kagewari at 17:40 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0