2021年09月19日

素朴な「強迫心理」ネタバレ解体論(いい意味で無敵になる方法)

単純に、強迫系壊す1に対し自由のポイントも1上昇するので
バチバチ強迫系をネタバレ崩壊させる名人は「自由気ままな人」になります。
(すっごく省略したらそうなるってことなんだが、、)

ネタがネタなので今回R18指定とします、18歳以下の方はご退場ください
(なんか最近こうのうの多いな、、)

■でさ「強迫心理」をネタバレ崩壊させるコツだけど
 ↓
「なになにに決まってる、何々でなければ意味が無い、なになにでないことが死ぬほど悔しい」←こういう主観でまとめられている所謂「結論ありきの”結論”の方」にアプローチしても水掛け論ってか、哲学論争なら可能にしても、哲学が(半端なリアリズムを追及すべく)破壊力のあるエビデンスになるのかって言うとさ、、(詩的情緒豊かな個人ならアリだと思うけど)通常難しいのね。

「強迫心理」の穴と言うか、スキはどこかと尋ねたら、
「なんとかに決まっている」という答えを導く”設定”にあるんだわ。

 だ の で

まず「何々にきまっているとかおっしゃいますが、どうしてそうなるんですか?」←【ココからです】

「強迫心理」は複数のコンプレックスなどで構成される抑圧モジュールなワケだが、
【簡単に言うと、分岐<if文>の答えが”予め決まってる”思考回路】←形は分岐のようで、全然分岐になってにゃーでゲス(だから強迫系なのさ)
 ↑
つまり最大の弱点は「答えが予め決まってる<if文>=設定」


■「強迫心理」全体ってことなると、めんどくさくなるので、
それを構成している個別のコンプレックスでひも解いてみよう
例1)「貧乳コンプレックス」
「こんな貧乳では男にモテる筈が無い。私の氷河期は全部この乳のせいダッ!!」
「モテないに決まっているとおっしゃいますが、どうしてそうなるんですか?」
「彼氏のいる女は全員Fカップ以上ですから」
「、、へ?、、それは無いでしょ、、、」
(この瞬間可能であれば下着メーカーのDATA準備する事)
「そんなことありません【私の知人の彼氏持ち】はぜーいんFカップ以上だから(キリッ!」
「なの少なくとも男性社会には、貧乳マニアというのがおりまして」
「それ、ロリコンだから、キモイッ!!」
「だってあなた、ミラノのファッションショーでも」
 ↑
ひたすらこのような戦いを繰り広げることになります、
一見すると、噛み合って無いようだけども、一行目の結論部分に策も無しに「そんなことないよ〜」とかか細い声で言ってもさ、火に油注ぐようなもんだから。
そこは、日本人の平均的カップのDATAやら、可能であれば「あなたの彼女は何カップ?みたいなアンケートを探しまくる」とかさ、武器になるエビデンスが欲しいよね

(※ちなみにこの話はコントでやってないから、巨乳に対して何が象徴化されているかって”聖母”含む母親像《現代用語:女子力》であって、「結婚願望」と結合する形でこのコンプレックスは発動しやすいとも言える。)
 ↓
逆説(近代前後のよくある話)「お前の体形は安産型だからひくてあまただぞ」

→続きを読む

タグ:強迫心理
posted by kagewari at 20:28 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0