2021年09月15日

「強迫心理」ってのは『思考停止モジュール』だから『自意識』の「抑圧」ができちゃうんだよ

更に細分化すると、
■複数のコンプレックスの結合により(三段論法のように)「決まった結論に誘導するロジック」の総体を「強迫心理」と呼ぶわけで(故にその解体の鍵は各コンプレックスのネタバレ各個撃破である)、
結果として、それ以外の選択肢をネグレクトするため、
思考もクソもさ、考える余地を奪われる→この状態が『思考停止』
(なので決まった結論に導くプロセスを「バカか俺」で一喝すると、自動的に『自意識』思考プロセスが再開する。)
『思考が停止してんだから』→その状態を『自意識』が「抑圧されている」と呼ぶ。

つまり「強迫心理」ってのは『思考停止モジュール』のようなものであり、
この間の結論は「確実に、全て『自意識』の本音では無い」
●ですから
「強迫心理」下にある個人の発言は「全て本音でも本意でも無く、当人が本音だと勘違いしているだけ」←こうなるワケ
(※全く自覚が無いのでは無い、「どうしようもない」「しかたがない」的な違和感は薄っすらある←言えば当事者意識が受け身に後退するため《『被る(こうむる)』》、自分には責任が無い《=権限が無い》とか。場合によると被害者意識として自覚されている。)

  ↑↓↑↓↑↓

それはやっかいだと言う人いるかもだけど、
<<<構造はオンザレール『共同幻想』適応と同じだからね。>>>
 ↓
『共同幻想』適応の場合どうなるかって言えば、
■権威の示す常識や慣習や「そうだよね」により(三段論法のように)「決まった結論に誘導するロジック」の総体を『共同幻想』適応(或いは同調圧力)と呼ぶワケで(故に『共同幻想』社会そのものの崩壊によりその構造も瓦解する)、
結果として、それ以外の選択肢を設定で却下するため、
思考もクソもさ、考える余地を奪われる→この状態が『認知リミッター』
(なので、適応度の高い”おりこうさん”ほど緊急事態などでも常識的対応しかできず、そんな時は異端のちょっとイカレタ奴のがアイデアを提供できる。←それが当たりかどうかはともかくだけど、、)
『考える能力を制限されてる』→だから”高学歴バカ”(IYI、Intellectual Yet Idiot)とか呼ばれちゃうのさ

つまり『共同幻想』適応社会ってのは「没個性偏差値認知モデル人格に個人を押し込める」ような一面があり、その決断は、たとえば文化伝統に殉ずる者としての矜持であったとしても「個人の意見では無い」(私語禁止)
(仮に文化伝統だと思ってたのが完全に嘘で根拠の無いでっち上げだと知らされると何もかも瓦解するじゃん)
●ですから
『共同幻想』適応系人格の意見は(そもそも組織で共有されているものであり:『宗教』で言えば教義)「当人が《発案したのではなくて》”これこそ正義であり道徳である”と信じる権威や概念である」
信じるものを疑うような変な知恵持たれると困るってのかなww(だから文化大革命とか焚書とか起きるんだよ)
(※全く自覚が’ないのでは無い、むしろ個を殺し私見を控える我慢や苦痛を常に感じており、この耐え忍ぶ体感こそがレーゾンテートル《存在意義》であり、当事者意識というよりも《その概念考えたの自分じゃないので》適応する権威への敬意や信仰心として自覚される。)

→続きを読む

posted by kagewari at 13:07 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0