2021年09月12日

個人では無く「人間の実存」を考えるとさ(意識の点で)

そら主としての実存は人類ヒト科が種として存続していくことなんだろうけど、
古代文明の没落を考えれば、文明が途絶えることが「何かの終焉」を意味してるのは歴史好きな人なら感じていることだと思う(なんちゃら三世の月の皇帝だれそれがって展開は”続いている”だよね)。
さて個人の不老不死って言えば話はデカくなるけれど、
『単独者』に限らず哲学的な意味の”人類の実存”を考えれば「文化」となる。

『共同幻想』論においても、歌舞伎や武道他後継者がいて脈々と引き継がれる文化伝統が守るべきコアであり、当該社会に接続する個人はそれを受け継ぐものとして位置づけられる。
(※故に『共同幻想』の崩壊は、そのコアと社会の位置づけってことになるし、モスリムにおける行き過ぎた原理主義が反動に過ぎないことは誰しも思う事だろう。《過激になった時点で「創始者もそんなこと言ってネーから」ってあるでしょ》)

さて文化の変遷ってことになれば、
文明化であり世俗化ってのは→伝統文化からのサブカル・オルタナ展開を指す
これは『共同幻想』論から近未来の『単独者』世界の変遷”そのまんま”だ。
「クラシック音楽があり、JAZZの影響でラヴェルがあーなって、ビートルズなどの台頭は瞬間風速でクラシック音楽の没落を招くも、再選択者にとるネオ・コンサバティブとしてのクラシック音楽の再興や、ロックポップス界にはパンクの登場と、インディーレーベルの時代からの現代”弾いてみた”拡大へ、フリーエコノミーの中(楽器使いが高学歴化により計測不能なほど増加・一般化)個別にユニークな音楽に溢れる時代が台頭した。」
 ↑
一見すると大スケールから個人商店にスケールダウンしたように思えるけれど、
(そこ解釈間違うと駄作にもなるんだけどさ)
■そもそもクラシック音楽のスケール感へのわかりやすい挑戦(『抗う(あらがう)』)
ビートルズのエレキギターであり、大音量PA音響の仕様は、数名のバンドでも武道館などのアリーナでのコンサートを可能にし、「スケール感において時に凌駕」するだけでなく、
視聴スキル的に、一部上部構造階層だけが楽しんだクラシックに対し、
後者は何の予備知識も無く大衆が音楽を楽しむという「宗教改革」みたいなものがあってだな
 ↓
後に、核家族の時代三種の神器に引き続きまして
「各世帯がアップライトピアノを買い、子供にピアノ習わせる」という(音楽における高学歴化)、
果たして貴族だけがクラシック音楽を楽しんでいた視聴側のスキルすら、一般大衆視聴者が凌駕するに至り、
ポップス含め商業音楽すら前衛化する、
(そらそこに表現されているのは個性化だから:個性抜きの前衛は無い)
「俺も俺も、私も私も」とさ、素人ミュージシャンが100万人なんて世界に突入する。

●さてこの時考えて欲しいのが「山田五郎氏の絵画の変遷論」ですよ、
印象派から、シュールレアリスムへの変遷含めて、
ネタ元となる古典絵画からの系譜を理解していない前衛は”パチもんである”。

文化伝統芸能へのリスペクトがあるから前衛足りうるのであって、
(全てが全て、ドイツの大スケール交響楽をルーツにもてとかトンチンカンな話では無くw)
繋がっているのだよ、
自分がリスペクトしている音楽家のその音楽家がリスペクトしていたのが誰で、またその音楽家は、、、と辿るとバッハかもしれないし、モーツアルトなのかもしれないし、トルコの軍楽隊なのかもしれない。

つまり完全にオリジナルだぜって(それは既に個性では無い:ひとりで発案したコインを持ち歩いても無価値である:『共同幻想』ネタバレ限界論)、粋がり過ぎると誰も理解できないマヌケな騒音だけになってしまう。
■『単独者』論として誤解されるのはココだよね
 ↓
元をただせばだ、、高学歴化でしょ
過去の文化伝統などを学ぶ(影響を受ける)→『共同幻想』崩壊
 ↑
ほらさ(アンチ構造論のポストモダンがどうこうとか大袈裟じゃなけれど)
”脱構築”としてのオルタナ・サブカル展開があるのだよ。
(『抗う(あらがう)』って現象において、全てに二項対立のような選択が行われるのでは”無い”)

だってさ「サブカル・オルタナ展開」ってのは(王道も意識した上で)
洒落をきかせて「おっと、この手もあるよん」って”ひねり”のことじゃんさ、
(”ひねり”ってのが”脱構築”ってこと、文化伝統を全否定しているのでは無い)

→続きを読む

posted by kagewari at 20:26 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0