2021年09月05日

「善悪の悲願」心理学編(2)

でーー善か悪かってそれ当事者に意識されてってかというと、
「いやいや嘘をついてはいけないとか、人を騙してはいけないなど考えなくてもわかるだろ」←このようなご意見あると思うんだよ〜、

●じゃさ「ガンの告知を内緒にすることは?」←どっち?
ぶっさいくな自分のガキが新しい洋服でとても喜んでいるときの「カワイイねよく似合ってる」って嘘は?
運動苦手なガリ勉愚息が恥ずかしながら徒競走でドべで帰ってきたときの「よくがんばったな激走じゃん」って嘘の激励は?
デパートの美容部員で(なんやのこのオバハン)無理難題のメイク実演した後の「お似合いですね」これはどうだ?
営業成績No1の〇君接待ゴルフの名調子「ナイーッスショッツ!!」は?
 ↑
悪いこと?

前述が微妙になるのは、『共同幻想』論的証明するとさ
「その承認(いいことしたね)を求める対象が当事者では”無い”からOKなのさ」
他の家族や、妻や、同僚や、フロアリーダーや営業部長が親指立ててGJ言ってるからOKなんだわ。
 ↑
はい、全部が全部じゃないけどさ、当事者より上位の権威者の承認により「ハイ善行ですOK」出てるワケ

<ここまでの流れに微妙でも違和感感じたあなたは→もう「最低でも歩留まり以上です」>

■つまり、個人心理学において「いい悪い論」って言った瞬間、
それは『共同幻想』適応業界の専門用語ですねってことになっちまうので、
ウチの看板でもNG指定されているワケ、
 ↑
勘違いされると困るんだけど「善悪を否定してんじゃありません」
『共同幻想』論が成立(だよね”共有”やだよね”承認”)していない限り、
「あなたの善行が私の善行と一致するとは限らない」からです。
●ほれ、前述冒頭論議にさ「微妙に違和感」ある人達の場合さ、違和感のポイントも内容にも個性差があり、これを共有や承認を求めることがない(その動機が無い)ので、各論は常にバラバラ(あなたの違和感ポイントが私の違和感と同じとは限らない)を前提とするんだわ。
故に、「それは悪いな」と個人で思った場合、「そこで完結なの」
(だよね承認も、共有も必要が無いため)
→それを他人に伝えようと思わない(その動議が無い)
 ↑
だから論議の遡上に挙げる意味が無いのさ
(「個々人いろいろ思いはあるでしょうね」で終わり、双方中身は問わない)

・そらね、「歩留まり」ながら結婚してみようかとか、『単独者』の日常は別ですよ、
だって、結婚(ナントカ合同ベンチャー企業法人のキックオフ)する以上契約書の中身に「何を善とし何を悪とし何を目標とするか」論議して自然でしょ(プライバシーの共有だから)
結婚そのものが『共同幻想』最小単位みたいなものだからだ。
※だから将来は”非公式インディー系”「事実婚」がメインになると読んでいる

・『単独者』の場合は、相手に共有や共感を求めない意図で「俺はこう思うから」(聞いてもいないのに)バンバン発言しますので、「伝える意図は無いが(自己紹介的に)俺はこうだから」な発言を結果論として周囲は耳にするので「共感しないがアイツが何を考えているのか周囲はだいたい知っている」という状況が日常化する。
(どうしたって構造的に「不特定多数の交友関係は成立しない」ため、単独行動が主となるとこから名前も『単独者』選択人格ってことになる。わかりやすく言えば”周囲の目をまったく気にしないマイペースな人”ってことさ)
個人的心情として「美意識としての善悪感」は当然あるから(人に共感や承認を求めないだけ)、特別悪い人じゃないよww
(「アウトローは=『単独者』人格ですか?」って質問もあると思うけど、ニアリーだけど=では無い。どちらか言えば『単独者』はアウトサイダー《なんせモチーフが『異邦人』ストレンジャーだもの》)

→続きを読む

posted by kagewari at 20:32 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0