2021年09月03日

第4ラウンド(M A Great Again)「それは無いだろうって話だが、、」

●いつもの引用できない米国保守系ニュースサイトより(BonaFidr

ジョー・バイデンとアフガニスタンのガニ大統領の最後の通話内容をロイター通信がスクープ報道ーータリバンが制圧しそうだという認識を持たれないようにしろ・・・「それが真実かどうかにかかわらず」


でね、ロイター音声DATAも公開したらしいぜ
(どこから入手したも何も《MI6が傍受し》、英国政府のリークだろ《ジョンソン激怒だから:バイデンにホットラインを36時間すっぽかされる》)

■バイデン政権完全に詰み(民主党支持者の3割超える層が弾劾に賛成だと)
副大統領のカマラハリスも大統領にふさわしく無いと見られており(大統領になれないようにカマラハリスも弾劾されるかもしれない)
→するとマフィアの生まれペロシ議長が大統領になってしまうのだが、これも直後に弾劾されるかも(1/6の陰謀関連で)
 ↑
もしこうなった時、次の大統領は誰がやるんだ?
(あれか弾劾成立前にペロシが誰かを副大統領に選ぶのか、まさかのスーザン・ライスとか。で、ライスが副大統領に選ぶのはヒラリーとかさww)

■流石の米国民主主義でも、国民が大統領をリコールすることはできないみたいなんだけどさ
(連邦議員もダメだって)
州知事や州議会議員はリコール可能なんだわ、
連邦議員が弾劾を発議しない場合、州知事やら州議会議員をリコールするぞって(それも変な話かもしれないが、オマエラ連邦議員に圧力掛けろと)、
「それは無いだろうって思うけど、、民主党知事に対するリコール運動は効果あるでしょ」
全米的動きにブルーステイツ(民主党地盤州)が応じるかはわからないが、


無いだろうと思うけどさ、
そういう動きになったとしても驚かないね
(中間選挙でトランプが下院に立候補からの下院議長、再び民主党新大統領・新副大統領をもう一回弾劾し「トランプ大統領再登場」までやろうじゃないかって、、、)

米国民としてはは、
バイデンが次にどんな取り返しのつかない失敗するのか想像もつかない状況にある。

正常な判断力を失ってどこぞの国でも核攻撃する可能性だってあるんだぜ(確かそういう状況の時にはおつきの軍人が一度は止めに入れるんだったかな?詳しいこと忘れたけど)
●仮に弾劾ってことならんでも、
ペロシが1月にペンス副大統領をけしかけた憲法25条の大統領の権限停止をさ、
「権力闘争的に、《パワハラで有名》カマラハリスがやらかす可能性もあるぜ。」

 ↑
最後の一行が凄くあり得そうな気がする、、そしてこれが一番ヤバいだろ、、



posted by kagewari at 09:03 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0