2021年08月29日

「実はなんだかんだ『自意識』が切り替えてんじゃないか」という推論

前回に引き続きだが、
緊迫した状況で(DEFCON1:緊急事態第一次戦闘態勢)考えてみよう
パチ屋で1万5千突っ込んで引いたラッキーナンバーだがドル箱飲まれそうな時、
「ここで引くのか、いや空になっても更に突っ込むか?」
 ↑
引くタイミングは実際ある、
そして決定は『自意識』に任されてる。

■この時の、撤退に成功する時と、失敗して一敗地にまみれる時の心理を比較してみよう
多分『自意識』が評価する上で重視せざるを得ないのは
当初あたりを引くまで突っ込んだ1万5千円の投資額だ、
早期に撤退すれば、いくらか残った球だめ換金し1万前後の負けが確定することになる。
自分にとってパンチンコの負けをどう考えるのかとした場合、

・いやいやこれは表向き有料のゲームであり(ゲーセンの料金みたいな)、
 勝つこと自体が稀であり
 「遊んだ代金なのであり負けとか、そんな極端な、、、」
(この人は余裕の撤退戦ができる)

・俺はプロ級のパンチンカーであり、負けは許されない、
 この台の確率とその収束率、それから現在の抽選コスト(回り方)、そして残り時間から
 「やるならここまで」
(この人は結果負けるかもしれないが、翌日含めて収束するまで《回転数から計算できる勝率まで》判断を留保するので、当日負けてもあまり気にしない)

・根拠は無いが勝っていい気持ちになるまで許さない
 とにかく連チャンで大勝ちするまで帰らない、いくら投資してもいい
(勿論確率だが、一番大負けする確率が高いのはこの人)

■判断しているのは、今引くか続けるかという単純なことで別れるのでは無く、
「前段の評価だよね」
つまり自分にとって、パチンコというギャンブルをどういうものだと思っているのか?
ここに『自意識』が介入していれば(仮に負けても)メンタル病むほどの痛手とかまずあり得ない。

やっかいなのは、最後の人が、
(勝っていい気持ちになるまで許さない)
無為意識下にいて、何らかのトリガーで発動し、
やおら『自意識』を抑圧し暴走する場合だ。
(この現象を「人が変わったように」とかも言う)
「強迫心理」発生のプロセス詳細とかは次回にやるのでそっち読んでもらうとして、

だ、か、ら、
その時に救世主よろしく”バツ悪そうに”『自意識』が横目で帰還すると、
暴走をストップできることができる
この様子を俺は→「バカか俺」と呼んでいる
(※端的に言いえば、魔法の一言「バカか俺」で嫌がってる『自意識』を引っ張り出せる)
(※類似した言葉に「ちょっと待てよ」もある)

→続きを読む

posted by kagewari at 17:43 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0