2021年08月27日

リクエスト関連(菜の花さん「選択的誤読(読解偏向のデマゴーグ)」)

菜の花さん
・大々的に告知はしてませんが各所で予告していたように規約変更されてます
120円は缶コーヒーとかだと思うんだが、、、
告知を怠けた私の瑕疵ってことで、ままよで返信記事書くとしましょうか
■目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します
>無駄にした過去について自己責任との一言で切るんですね。でもなおさんとのやり取りで無駄になった過去は変えられないから無念さごと受け入れるしかないのだと改めて思い知らされました。残り少ない人生を彼や友達と楽しく過ごそうと思うけど辛いです。でも自分を変えられないと一生つまらないぼっち人生だった。今の幸せに感謝しないといけないのかもですね。あとアンケートも30代は交際経験ある人が高いし、20代でも高年収の人は交際経験ある人の方が多いですよね。年収が恋愛にも影響してると(今の時代は年収400万も難しい)。

■まず、書いていないことが「強迫心理」と合理性を取る形に変更誤読されてます
(そもそも「言って無いことなんで」→チゲーだろ調で説明しますが、、)

1)現代社会比較多数の「最低でも歩留まり以上階層」にとって、日常的に友人などと遊びまわる・異性関係(なんちゃって恋愛)が盛んだなどの(電通が考えそうな)慣習は”そんな慣習無い”
人によっては罰ゲームである(特に”日常的”という部分が)
 ↑
つまり、事前の能な設定が現代比較多数階層の発想と同じであれば、
そもそも「菜の花さんの昔話は、屈辱にならない」

※これは、「菜食主義者やビーガンにとって肉を食べてしまったことはトラウマにもなる由々しき事態だが、一般的日本人にとっておかずに肉が含まれているのは驚くことではない」←これと同じ
(勿論、重ねているのは「菜の花さんを菜食主義者やビーガンになぞらえているんだが」)

2)しかも菜の花さんさんは(現実認知を取り違えてる関係者意見に同意しており)
友人などと遊ぶ云々が日常的慣習であることが”殆どだ”という事実誤認に基づいており
(自分の発想が、菜食主義なり特有の個性派であるという認識が無い=というか事実誤認)
菜食主義者(ここで言う”滅びゆく『共同幻想』社会適応”の少数派で言えばなどの枕詞が無い)のような少数派の意見である自覚がないので、

まず「違うでしょ」と、事実誤認を訂正しているワケ

3)更に、1)に被りますが
現代男女関係の主流派は
「考えてもいるし、恋人関係などあったらいいなと思う事もあるが、今でなくてもいい」
だいたい上記に要約されます(今でなくてもいい→もっと先でもいい『晩婚化』志向)

で、菜の花さんは(なんとかトレーナーと出会い)今現在は、友人などと遊ぶ云々が日常的慣習化していると自称されてますから、1)多数派の動向を完璧に体現していることになり、
極論「問うべき過去など一切存在しない」ことになります

4)とはいえ
何らかの事情で、前述の誤解・誤認・錯覚を変えられない個人的事情があるとしましょう
それでも、所謂「屈辱ネタ」の記憶は、
現在は解消したというのが事実であれば、
「屈辱の現在進行形”昔から”」→「屈辱の過去”昔はそうだったが”」←【確実に変化します】

「当時の屈辱が消えません」←この心理が継続するためには、
(なんだかんだ外形的には「友人などと遊ぶ云々が日常的慣習化を獲得したが」、それでは根本的課題が解決しなかったことを意味します。→今でも「あたかも現在進行形のような心情である」)
前述の「屈辱の現在進行形”昔から”」に類似した状況にあることになります。
・ありそうな推論をあげれば「友人などと遊ぶ云々が日常的慣習化を獲得したが”まだ足りない”」←こういうパターンもあり得ますが、記事リスエストの趣旨はそういうものではありません

5)何故屈辱の過去ネタが(現在外形的には解決しているのに)昔話化しないのか?がリクエストのテーマになりますが
(何らかの事情で)「現在進行形も同様」であり
=友人などと遊ぶ云々が日常的慣習化の獲得では解決しなかった
=「屈辱感の本質はそこじゃない」→【そもそも設定がオカシイ】
(てか現状も、少数派の”現代的にちょっとどうかな”って行動様式に適応したとのことなので、期待した《多数派『共同幻想』社会への適応》達成感は得られません)

●きっとまだ基本的なことを理解されてないと思うので繰り返し説明しますけど、、

バイクが好きでツーリングが趣味な場合、
仲間との走行を否定はしませんが、(そもそも単車だし)
一人旅的に峠越えをしたり、ハードロックバンド『人間椅子』ギターのワジーみたいにアウトドア用品もってキャンプをする趣味の人もいるぐらいです。

日常的に仲間で群れを形成して走行しないと屈辱的だ(ひとりで走行するのは”ぼっちだ”)、
 ↑
いやいやいやいや、ツーリングは暴走族じゃないから、、、
(私が、関連返信でメタファーとして「ド・田舎のDQN」と発言したのはそういう意味です:注)現代暴走族は、田舎地域やド・田舎にか生息していない「千代田・文京・港・新宿・渋谷・目黒区などでは存在すら限りなく0」→たまに渋谷でブォーと聞こえても「あれ?神奈川県からきたのかしら」感覚である。)

※私は、ローカル『共同幻想』否定派でもありませんので誤解の無いように
文化人類学的に、暴走族のあの慣習の原型は”だんじり祭りではないか”と思っているぐらいです
「これが土地っ子誇りの文化ジャー」という認知は”郷土愛”そのもので(権威性の焦点も揺らぐことなく)、確信犯的再選択もあり得る概念だと思っています。
(なので過去記事に「大阪でうまれた女」などの楽曲も紹介してます)
しかし、反動化し暴走族ブーン!は違うよねって言ってるワケ。


6)その証拠に最後の誤読がある
(ある意味ここ食いつくかな〜と、予見してました)
>あとアンケートも30代は交際経験ある人が高いし、20代でも高年収の人は交際経験ある人の方が多いですよね。年収が恋愛にも影響してると(今の時代は年収400万も難しい)
・0代は交際経験、、、の読み方は「その傾向が絶賛拡大中」にあるように(過去リクエスト記事飲酒のDATA参照)若い世代ほど「友人などと遊ぶ云々が日常的慣習では無い」ことを意味しており、
この調査を50代60代で行えば(婚姻率や晩婚率同様に)「私の世代では友人などと遊ぶ云々が日常的慣習などのイメージが一般的であった」の率はより高まります
 ↑
【ハイ、ここはこういうことね】(この辺はどってことないのでここまで)

さて上記引用の本論「経済格差」ですが、
●アベノミクスにより日本の経済は回復基調に乗りましたが
所得や雇用という点では(デフレ不況からの回復ですから)
・失業者が大幅に減った(無所得から新入社員やフリーターなので初任給は安い)
・パートなど主として女性の雇用に昇給や回復基調がある(元が安いので平均給与を押し上げるほどでは無い)
 ↑
上記現象から「平均実質所得は増えていないレトリック」により、あたかも所得拡大していないように(無理くりこじつけようと思えば《野党やメディアは意図的にこれやってます》できますが)見えなくもありませんが、「それか完全な偏向認知」です。

「いやいやそれでは400万越さないだろう?」←釣り針ですか?

→続きを読む

posted by kagewari at 18:05 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タブーに挑戦(ジェンダーなんとかにあえて突っ込む「女性心理論」)

民間素人サッカー解説者として名を馳せ(特に欧州サッカーリーグ解説)、現在は書籍も多数、個人スクールの運営から社会人チームかな?監督まで努めるまで”言論だけで”のしあがった男がいます。
■知る人ぞ知る「Leo the football
https://www.youtube.com/channel/UCmsfo6_GmedEhParaNa3r9A/videos

(今や、代表選手との討論が企画されるほどの評論家である)
アンチも多いようですが、極めて論理的な戦術分析で有名

ここで(限定公開のライブのトークだったのかな?)、珍しく彼が女子サッカー(なでしこ)について語っている動画があります、
閲覧できるのが以下の切り抜き動画しか発見できなかったのですが、
なでしこジャパンがヤバすぎる件について語るレオザ
https://youtu.be/74x1o10zudY

 ↑
フェミニストの耳にでも入ったら大変なことになるヤバいとこに言及してますww
(ちなみに同様の批判が2chなどで女子バレー日本代表に対しても散見された)


●昭和の暴言で言えばさ「学校の科目で女子に社会の時間が好きとかいないから」
(こんなん最近のPCではとても言えない→他にも「女子には方向音痴が多い」ってもあります)
昭和の暴言の暗喩には「だから女子は4大行かなくてもいい」って意味があったワケさ、
当時は「玉の輿に乗るなら、女子短大最強説」もあったからね。

現代社会では随分失礼な話ではあるんだが、
 あ る ん だ が
フロイト時代にも「女子特有のヒステリー」ってな見方があったように(エディプスに対して女子にはエクストラコンプレックスを唱える学派もいる)、人格タイプとして(実際のジェンダーとは別に)「女子型、男子型」があるのは事実で(性衝動の原理が違うため)、
性差と人格に関係性は無いのか?と問われれば(個人は横に置いておいて)
「関係性はある(そこに各人がどう対応するのかは別論議)」

暴論覚悟でレオザの発言を心理学に引用すればさ、
「女子サッカーには戦術論が通用しない」→「女性人格には構造論が通用しない」
(みたいなことになるのかな?)
理詰めで説明しても(論議の中身関係無く)嫌われたら終わりってことになるのかしら
(個人的には、そんなこと無いと思っているんだけど、、、)

→続きを読む

posted by kagewari at 04:52 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0