2021年08月25日

リクエスト関連(なおさん「75円って、、、」)

なおさん
(あのね時給50円とかになると流石にもう返事は書けないから、注意事項に書いてあるけど物理的に生活を維持できない、、ましてや1時間で書けなかったら、、《真っ青》)
>ごめんなさいお仲間って何??意味がわからない。好きな相手だから自分の時間も命も捧げるくらいに尽くす。大切な友達なら自分の時間割いて親身になる。ごっこじゃなくて本気で真剣だから。どうでもいい人にそこまでしない。私も周りも歩留まりだけど?普通に一人でお店とかもある。でも常に一人じゃない。色んな人と関わると新たな発見や楽しさもある。常にぼっちなんて単調でつまらない。ただの寂しい人。統計の7割も「一生恋人友達がいない人」じゃないでしょうw友達も交際経験もないぼっちなんて一握りじゃないの(笑)

仮に相手の同意も無しにそれを行えばストーカーなんだけど、、、
 ↓
「クラスでフォークダンスやった時に意中の人同士がコンビを組む確率」
あなたの相対性理論では(量子力学でもいいけど)
どうやったら、相手がそれを喜んでいる事が約束されるんですか?
 ↑
■だから『単独者』論ならわかるんだわ、
誰でもいいとかではなく→「コイツでなければならない」
この場合、そういう局面なり状況は(地域のほぼ同年代間で友人関係を構築イメージを語るあなたの場合「フォークダンスの確率」になる、殆どの人に相手をあてがわなければならないからだ《この段階で圧倒的多数か全てのコンビが何らかの不一致を”調整”しなければならない》)、
「俺とコイツの固有のナントカ」という固有の個性の一致性を前提とする、
即ちこの段階で、この二人についていける奴は他にいないので(100人にひとり同士とか1000人にひとり同士の関係を暗喩し)「そういうコンビが可能なのはこいつらだけ」=99人には類似した関係性は模索できない(”殆どの人が”という関係性では無く”彼等だけが”って話になる)。
 ↑
●前項で話した「基本的に本当の意味の恋愛は『単独者』にしかできない」ってのは単純に上記のような数学的確率で実存しており(当事者である『単独者』達がそれを恋愛という言葉で認識しているのかは定かでは無いが《それぞれ他にない個性派だから》)、
※典型例:スポーツ界などにおける「宿命のライバル」
 ↑
この様子を「きぅとこうなんだろうね」と外車席が想像し「恋愛幻想」というのがうまれた

<話を少し変えるけれど>

■庶民が中世や近代から現代に”概念”を拡散していくという現象は、フランス革命に代表されるように(その結果フランス料理が庶民の味になったり、庶民がペットを飼う文化が普及する)、社会の大変革の中、当時でいえば庶民が「貴族の文化を模倣する」形で普及拡大する。
 ↑
”普及拡大”だけで考えても流れは同じ、
(庶民の間から発案されたのでは無いってこと、この場合シェークスピアでも近松でもいいけれど、文化芸能の流行の伝播の形で、特定階級のネタが《台本になるなかで幻想化され》劇画調に知れわたる=普及拡散する)

前のテキストで説明したように、
我々が相当正確に当時の状況を類推できるのは「明治、大正、昭和」となるが、
その時代の流行歌の歌詞などから、当時の大衆がどうのような”概念”に刺激されたり涙したのかを知ることができる(大日本帝国時代にはDQNのBBQなど想像お及ばなかっただろうことが文化人類学的に証明可能だ)。
●ご多分に漏れず、戦後日本の自由恋愛は実質米国占領軍GHQがもたらしたものだが、
(60年代にはにミニスカートの大流行など《大正デモクラシー時代のモダンガール・モダンボーイ文化とは大きく違う》)
 ↑
何がいいたいって、「恋愛」という概念は人類普遍の習性では無く、
物語性のある”概念”として、庶民の間で(きっとこういうことなのかなと)幻想として(実存経験は無いのだから)獲得・伝播したもので、
その証拠に「恋愛指南本」が存在したり、今回の記事リクエスト発端となる「菜の花さんリクエストに登場する、コミュケーション指南教師」が存在したり、「雑誌にお勧めのデートコース企画があったり」外部から導入(インスパイアや教えられる)されるもので、
「最初から内在していない」ってことがポイントなのさ
(※最初から内在していれば、教えられることなど無いからだ)

■たとえば前述の「雑誌にお勧めのデートコース企画があったり」を分析してみよう
(「フォークダンスコンビの確率」と合わせて考えてくれたまへ)
不足している言葉を補うところから
 ↓
「この雑誌読者(7万部〜25万部)全員に何気に抵抗なく”共有”できる(だいたい射程距離で)デートコース(この段階で相手も”だいたい許容範囲”)をマーケティング手法で解析してお知らせしましょう《大規模量販店の戦略的に》」
 ↑
これを読んでよかれと思って実践することは(ユニバーサルなアイデアを相手に「だよね、そうだよね」と共有することなんだが)
【以下と矛盾する】
 ↓
>好きな相手だから自分の時間も命も捧げるくらいに尽くす。
 ↑
「雑誌に書いてあったデートコースを参考に誘う」←命を捧げる行為ではないよね?
(誰もが目にする媒体情報のマーケティングを参考に、誘うなので《相手もユニバーサルな現代人のひとりとして取り扱っていることになる》)

→続きを読む

posted by kagewari at 19:31 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0