2021年08月22日

リクエスト関連(名塩「だから『共同幻想』論を読めよ、、」)

名塩さんさ、「世代間ギャップの無い『共同幻想』世帯などあるのか?」
名塩さん
>崩れやDQNって場違いなところで騒いだり、花火を仲間とした後にゴミを持ち帰らないとか一部の迷惑層のことですよね?うちの地域(それ以外でも)休日遊び回る人や恋愛してる子達の殆どは地味でも派手でもない普通の人達です。コミュ症や引きこもりに偏見持って積極的に関わりたがらない人が大半ですが、それ以外の普通の人達には一般常識持って接してます。なので崩れやDQN層だからではなく、休日は遊び回ってる人が今でも多いってことでは?うちのとこは街だけどまだまだ子持ち世帯が大半だし、日本の大半は地方の田舎ですし。

■そもそもカタギの昭和的家族主義(”家幻想”と呼んでる)により統合される血縁社会の全体が「日本の”世間様”『共同幻想』(天皇家の韻を社会的無意識で踏みつつ)」であり、
(家族などというものを常に”上位概念として意識”している世帯のこと)
(欧米だとその上にキリスト教教会権力や・宗教的道徳が座る)
 ↑
ザックリ言えば、昭和55体制的イメージなまま「自民党、労組革新系(昔は社会党)などの組織票を構成する世帯」のこと(米国で言えば、日曜に必ず家族で教会に行く保守派)。
これに対してリベラル「歩留まり」世帯とは、「基本無党派浮動票」であり(米国のスウィングステートような存在、大統領選で日本の9条のように常に論議される「中絶の是非」に関しては”中道穏健世俗派”であり基本賛成)←現代社会の日本では「支持政党世論調査の最大勢力」
 ↑
勿論これは全部がぴったりそこに当てはまるものでは無く、
ザックリその集団に属しているだろうという概念上の見立てになる(マクロの比率を推定するため)

●前者を便宜上”オンザレール『共同幻想』保守社会”と呼び、
●後者を心理学的に”「歩留まり」選択社会”(よくわからなかったら人権意識の高いリベラル派でもいいよ)と呼んでる。
 ↑
既にこの段階で、
・「あなたのいうような心無い言葉を常識だと疑いなく思い発言できる階層は”オンザレール”だけ」であり、親世代も子供世代も「結婚するのが常識だと思っている(子供がLGBTとか論外)」【現在比較少数派】

・「左翼朝日新聞購読層の団塊世代以降に比較多数な”イメージ”(勿論全部が全部朝日ではなく、朝日の権威性は疑っていないの意)、親世代は自分たちの常識は時代の転換期の付け焼刃のものであり(そもそも自分が学生時代全共闘系だし)、子供達の選択は自由だと思っている(結婚しようがしまいが彼らの選択、勿論子供のLGBTカミングアウトにも一定の理解を示す)」

※話がややこやしくなるので『単独者』の話は脇に置いておく

■あなたが挙げた発言要旨から、母集団の政治的傾向を考えれば
そんなことを日常的に言う階層が、オンザレール系に限られることがわかる。
(崩れの話や想定確率は後述)

→続きを読む

posted by kagewari at 18:23 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「快・不快原則とドラッグ中毒」(中毒や依存って言葉をいろいろ混同しないこと)

■一番わかりやすい説明は「ギャンブル中毒と依存症」かな?

語彙的にはさ、射幸心を煽るじゃないけど”中毒性がある”とも表現され、
毎日のように”ほぼパチプロ状態”でホールに行く人もいるけど
(事実この状態でも喫煙者的なカテゴリーではギャンブル中毒では【ある】)
しかし、この全員が以下のような所謂ギャンブル依存症かと聞かれれば違うだろ?
 ↓
「ゲームの合理性(勝率)失って、『興奮』して(判断力を失い)無駄に金を突っ込んで大負け続きで多重債務になる人」←ギャンブル依存症って言えばだいたいこちらだろ?

●だってさ、何を面白いってそれがゲーム性の場合、
勝率をゴリゴリに追及する合理性が全てじゃんよ(勝率上げるのが楽しいんじゃん)
=毎日パチ屋通うけど、平均的換金率(4割とか言われていたかな)を超え、掛け金に対する換金率5割超えると、(儲けがどうこうとか野暮言うなよ)「パチンコと言うゲームを半額で楽しめている」ことになるので(ホールの利益を削っている)、大きく負けないから借金まみれとか”あり得ない”。
 ↑
これ競技団体事実上主催者である警察の人にアドバイスするとさw
「1日8時間20日間稼働で打ち続けてもサラリーマン平均所得の〇%以下の料金にしかならない平均換金率で運営されている」←このようなガイドラインをハメるとガチで表向きギャンブルでは無いという枠組みが法的にも明示可能だと思う。
 ↑
上記のオマケ読んでみ?
それが成立する条件は何だ?→『自意識』全開で”勝つ気でゲームして”ってことさ、
釘を読み、統計を取り、台の配置を読み、確率と回転率を割り出し、確率の平均化が何万回転なのかの数学的読みを行い、、、、
(ちなみに競馬でマジに勝ち続けしてまい、億単位の課税されたサラリーマンは「2着率と平均タイム」から3着以内想定率を計算する式を作り、プログラムで自動的に馬券を購入するシステムを構築した。)
 ↑
これらは『自意識』全開じゃないとできないことだべさ

上記のような人物は、行動としては連日ホール通い的な”中毒”かもしれないが、
「愛好家であって、依存症では無い」
且つ、アル中って言葉がまだ「中毒なの?依存症なの?」な言葉の混乱を招いているが、
良性・悪性論じゃないけどさ、
「単純に中毒性だけなら、(その言葉の意味は)愛好家なのか中毒患者なのかを分類するものでは無いから」
 ↓
●んなもの、「毎日『相棒』の再放送を見る専業主婦は『相棒』中毒だからな」
(これ依存症的な病気か?)

→続きを読む

posted by kagewari at 10:44 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0