2021年08月16日

COVID19「欧米的には武漢研究所漏洩で確定」

須田のオジキのyoutube動画じゃないけれど、
中国が自ら自然発生説を否定してしまい、
(事実上の国際プロパガンダメディアであるグローバルタイムズなどで盛んに米国陰謀論を喧伝中)
挙句の果てに武漢研究所のDATAを米諜報機関にハッキングされてしまうというダメダメで、
(たぶんこれは本気でバカなんだと思う)
欧米を中心とした国際世論的には、武漢研究所漏洩で確定しているCOVID19ですが、
CDCのドクターファウチが委託した研究は「機能拡張実験」であり、
平たく言えば(通常は人間に感染しないコウモリのコロナウイルスを)「感染力を増強したもの」ということがいえる、売りはヒトヒト間における強力な感染力だ。

これを生物兵器と見なすのは微妙で(兵器としては致死率も低ければ、自軍用に予めワクチン用意していても感染力強すぎて拡大した結果無限に変異するので用意していたワクチンの意味が無い:ブーメランで自軍にも感染する始末)、
【それを(この際だからと)生物兵器に見立てて積極的に利用された】と考えるのが筋かなと思う
(気に入らない系各国首脳が感染するなど確率上おかしな事も随分起きてる)
●前から書いてきてるように俺の読みは
「中国国内権力闘争がらみの反習近平派のテロ説」

■そんなCOVID19だけれど、あれこれ傍証のようなものがいくつかわかってきた
PCR含め、今回攪乱目的とでもいうほど様々なDATAが飛び交った、
(欧米の陽性判定のかなりの数が”インフルだったのでは?”という見解すらある《米FDA》←もうこの段階で欧米の陽性者DATAは信用性が無い)
しかし、よく考えれば「確実に、決定的な、DATAがいくつかある」
死者数は”死因に関係無く”カウントされてしまうため(現在はガン末期でも陽性だとコロナ死にカウント中)、これじゃワクチン接種後の死亡は(同じ概念でカウントすると)全て副反応が原因ってことにもなってしまう不正確さなんだけど、

「ちょっと待て」→死ななかった人のDATAだけは”精度も確実”だ
 ↓
<”裏を読む”情報分析的手法として取り上げてみたい>
 ↓
統計サンプルとしてわかりやすいので、大阪のDATAから拾うと
http://www.iph.pref.osaka.jp/infection/disease/corona.html
上記リンクから「年齢階級別 累積報告数 および 致命率」グラフを見てくれ
・未就学児:致死率0%
・就学児:致死率0%
・10歳代:致死率0%
・20歳代:致死率0%
・30歳代:致死率0%−−−−ここまで100%誰も死なない
・40歳代:致死率0.1%
・50歳代:致死率0.6%−感染例も同数ぐらいなんでここまで平均99.7%死なない
・60歳代:致死率2.3%(以降、高齢者は絶賛ワクチン接種中)
 ↑
一部の人は御存じだと思うけど、ワクチン接種後に(関連性は証明されていないが)複数の死亡例が報告されている。
●つまり「少なくとも30代未満は、COVID19の抗体を獲得したいのであれば、ワクチンより素でCOVID19に感染する方が安全だ」
※勿論全国統計だと、20代30代でも合計40名程度の死亡例が観測されているが(前述のとおりで死亡のカウントは直接の死因と特定されたものでは無い)、合計約42万の陽性者から率を出すと(40÷42万)電卓ソフトの見方がわからないほど99.9999、、”限りなく0に近い数値”であり、この40名を殊更にとりあげて死者ガーと喧伝するのは「特定の政治的意図でもあるとしか思えない」。

→続きを読む

posted by kagewari at 16:45 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0