2021年08月15日

今後「(この表現もどうかと思うが)高齢者から続々と『単独者』覚醒の可能性もあり得る」

どこぞの原稿で書いた
(先進国ではあるが経済政策失政などで『単独者』社会に至らない場合に、)
経済成長的に高学歴にまで到達していた場合は「いけても高齢者になるまでは歩留まりだ」な中間的階層がその部分を代替することになる。
 ↑
はいここの「いけても高齢者になるまでは歩留まりだ」階層の話です。

俺がターゲットとしているのは言うまでも無く「団塊の世代」
(昭和時代には「戦後アプレゲール」とも呼ばれた)
■年代としては、年金受給者にも慣れてきた現在70〜74歳前後の世代です

若い方でイマイチイメージが掴めない方
以下の共産党員募集キャンペーンみたいなふざ〇た歌を聞いてください
(真面目な話ですが、、当時大ヒットしたのです)

 ↑
(若干オウムなんとか教の歌にも似てなくも無い、、、)
若い頃にこういう歌うたってた世代<みんな左翼になるのわかるよねww>
故に、全共闘世代でもある(60年代の安保反対闘争)、
時に(とは言いつつもなんだかんだと高度経済成長期を過ごし)日本で最も無責任な世代とも呼ばれるこのお方達なんだが、現代においてもその一部は左翼政党の根強い支持者でもある。
この世代の崩壊を描いたのが山田太一の『岸辺のアルバム』って、、、
(そういう話はもういいな、、)

●「いかにも『共同幻想』適応偽装者、元祖歩留まり世代」でもある、
高齢者になるまでは(高度経済成長も過ごせたし)急速に所得増となるインセンティブを堪能し、デフレ時代には預貯金が実質増となる勝ち組で、
「そろそろ『単独者』の正体カミングアウトするか」ってな人々です。
(これまでは『共同幻想』適応するフリしてましたが「ハイ、全部嘘でした」的にww)

素から『単独者』化始まってるサブカル若い世代と比較してどうだろう、
数的には「いよいよ俺も『単独者』か」って覚醒する高齢者のが母数多いんじゃね?
 ↑
果たしてこの現象は、何をきっかけに、
実際どんな状況に転じるのか「俺にもさっぱりわかりません」がー
確率的には、かなりありそうな話だと思うんだよね、
(『住まいの心理学』などで、「高齢者の一人暮らし自立生活」関係記事が多い根拠でもある)

→続きを読む

タグ:『単独者』
posted by kagewari at 04:56 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0