2021年08月11日

第4ラウンド(Make America Great Again)「ひとつの考え方だけど」

米国大統領選を巡る左翼の工作や不正選挙、はたまたメディアの偏向報道、背後に蠢く国際金融資本やビッグテック、そして中国の影、
「なんて時代になった」と思っている人いると思うんですが、

角度を変えると、「はたしてそうなんだろうか?」と思う部分もある。
果たして(歴史を比較することは難しいのだが)古くはコミンテルンが全盛時代などと比べて悪化しているのだろうか?って着眼だ。
米大統領選挙にしても起きたのは不正選挙であり、
もし近代前後であったなら、余裕でトランプ大統領は暗殺されていたと思う。
(実はいい人だったのじゃないかシリーズには、田中角栄やニクソン大統領など過去にもいたのであり、単に当時起きたことの背後に語られていた陰謀論がデカデカ知られていないだけだ。日本の政界においても複数の政治家がゴシップを発端に自殺していたり、近くは中川昭一議員や、ライブドア事件の時には民主党議員の不審死もあった。民主党政権下での中国不審船事件もトンデモだった)

起きたことは不正選挙であり
(しかもバレバレ:この件はK国の国会議員選挙が予行演習のような構図となっている)
メディアの偏向報道?→考えてくれたまへ、メディアがいつ公正な報道をしていたというのか。

メディアがスクラム組んで攻撃した安倍政権もびくともしなかった。

■悪質極まる工作が、バレバレになる時代になった
ひとつの考え方かもしれないけれど、上記のようにも言えるだろう。
それほど それほどに 類する工作は昔からあったということです。

ちょっと話それますが、中国語ニュース読みのyoutuberであるDeepMAXチャンネルの妙佛氏が実に面白いことを言っている。
「工作というと凄く悪いことしているように聞こえるかもしれませんが、中国で工作というと(語彙的に)”いい仕事をしたね”って意味です(あまりにも”当たり前のことだから”)」
 ↑
で、そんな中国の工作活動や共産党の背後関係を、一民間人である(貿易関係のビジネスマンだったらしい)妙佛氏が滔々(とうとうと)と語っている、
※インテリジェンスの世界では割と常識だけれど、情報機関の仕事として複数の公開情報から裏を読むというのも立派な情報分析官の仕事である
 ↑
それだけインターネット時代で「情報にあふれているんです」
やる気になれば、誰でもどこぞの情報機関並みの分析や推論が可能な時代となっている。


●つまり「悪質極まる工作が、市井の各所で、大規模に、バレバレになる時代になった」
のじゃないかしら?
少なくとも昭和や平成時代には、篠原氏や高橋洋一氏がバリバリ裏情報を語るなんて世界は無かった(911の時にも随分米国では陰謀論も語られた現代の比では無い)。

自民党右寄り政治家の西田議員が(自身のチャンネルで)
「(東京五輪から)一部の勢力が、社会の分断工作を行っていることが明白となった」と語っていますが、
俺は思うんだが、
その分断は”情報格差のことじゃないだろうか”
自ら一次情報にあたるような市井のフリージャーナリストみたいなyoutuberが一体何人いることか(もうね数えられないほどで、そこから《数十万以上のフォロワーを持つ》人気チャンネルが誕生していたりするんだぜ?)、←これ発行部数的に置き換えれば「それぞれが個人で昭和の雑誌媒体級」です、

→続きを読む

posted by kagewari at 17:17 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0