2021年08月04日

こういう時なのでスポーツの「スランプ(競技鬱)」を分析する

ずっとウオッチしていたワケでは無いので具体的な成績などに間違いあるかもしれないが、ま〜そこは生暖かく見守っていただきたい。
サンプルに挙げるのは「日本に復帰したにしてはさっぱりの田中マー君の投球」だ、
国内戦の様子は観たこと無いのだが、五輪の投球だけは確認できた。
●全盛期の田中君と言えば、ランナーが出た時には”ギアを上げ”得点を許さない投球で有名で(この勝負強さが野手に”勝てるという快『興奮』を刺激”)、野手陣の援護が多いことでも知られていた。ところが、メジャー帰りの田中君の様子はまったく違っていた。

■大きな違いはMLBに行って以降、ダルビッシュ他対談などでことあるごとに彼が「僕の真っ直ぐは通用しないですから」を連発していたことだ。
説明するまでも無く、高校時代から150キロ以上の直球を投げる彼の特徴はそのストレートであり(そら玄人はスライダーピッチャーだというだろうが、だったら松坂だってそうだって話になる)、ノムさんの教えもあって、「困った時の外角低めの直球(特に左バッターの外角一杯153キロ)」日本では使っていた。
まだ記憶にあるけれど、メジャー1年目にもこの配球使ってました。

ところが(どの対戦の誰に打たれた状況からそうなったのかわからないが)
何年目あたりかから、彼は直球を見せ球にすることはあっても勝負球に使う事は無くなった。
同時にDATAオタクのMLBでは投球の回転数まで計測している、
代表的には速度は遅くてもキレのある球投げる投球は回転数として数値化されている。
(確かに田中君の直球は、江川のような回転数は無く、ドーンと重い直球タイプである。)
 ↑
ハイ、野球詳しい人もう気が付いたね?
江川と言えば→一発病
打者の打法にもよるんだが、切れのいい(回転のいい)直球は逆回転もかかりやすいんだったかな、当たり所によってはホームランになりやすんですよ。

●思うに(田中君が投球に悩みだしたのはMLBが飛ぶボールとフライボール革命でやたらめったらホームランが出るようになったシーズンから)ホームランの恐怖だと思うんだな、
でもさ、
ほらな?回転数多い切れのある直球の方がホームランになりやすいのさ(当たればだけど)
むしろ回転数のそれほど多くないドーンとした直球が重いと称されるのは”飛ばないから”。

不可思議だろ?田中君ともあろうものがどうしてそんな矛盾した発想に至るのか、
(むしろ田中君の直球は重くホームランになり難いタイプなので《そら少々打たれるだろうけど》どんどん直球で攻めていんだよ。)
 ↑
てか、投球スタイルを変えるとするなら「ランナー出てからギア上げるのをやめる」ってことかな(飛ぶボールとフライボール革命で時々打たれる一発は防ぎようがないからだ)、反面無駄球減らして(常時直球は150キロ超えとし)直球は確実にストライクコースに投げるなどへのスタイルの調整だ。
※また、後から判明したが一部教団がサイン盗みしていたことも直球が痛打された理由だろう

■<ま、事情はわからないんだが>
どうやら田中君は、直球を勝負球に使うことをやめた。
(ホームランを打たれるかもしれないという恐怖から)
一番ホームランになり難い球種だったのにだ、
で、コーナーギリギリに変化球を投げまくる投手になった。

●五輪の米国チームのタイミングの取り方見てたけど「全員変化球待ってんだもの」
これじゃ、なーんにも怖くない。
むしろ(変化球でしか勝負しないなら)ナックルボーラーみたいなふざけた投球フォームでタイミングとり難くする方がいい。ところが田中君は(直球で勝負しないくせに)速球力投型のフォームだからさ←変化球の制球抜群とか無理にきまってんじゃん(豪送球投げる投球フォームなんだもの)。
ノムさんが言ってたのは、全部の球種をコントロールできなくてもいい、ただ一球「困った時の外角低め直球だけはどんな時にもコントロールできるようにしておけ」ってものだ。
(その背景には、フォームが小さくなって直球の威力が落ちては意味が無いからだ)

●米国チームの監督は元LAエンジェルス監督のソーシア、
田中攻略法は百も承知だったろう
「勝負球は全部変化球、直球も見せ球なのでぶっちゃけ全部変化球狙いでOK」

→続きを読む

posted by kagewari at 16:45 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0