2021年07月23日

「拘り狭義展開の反対」→オルタナ・サブカル広義展開との対比

(前回記事の”確信犯的再選択者”の例外事項は”今回も例外事項”です)
「拘り」(或いは偏向)と言う名の動機形成「あえて狭義展開」の場合
https://kagewari.seesaa.net/article/482546809.html

●さて前回論議で(極端に言えばですが)
「オルタナ・サブカル広義展開はどちらか言えば楽」
(勿論その主体は「最低でも歩留まり以上」タイプ人格)
「拘りの狭義展開は”めんどくさいことになりがちで不快『興奮』”」と結合する可能性もある」
(その主体は『共同幻想』適応系、及び「強迫心理」系)
 ↑
ざっとこんな話になっていたと思いますが、
更にこの先を分解していくと「トラウマ論」との関係も見えてきます

■「拘りの狭義展開」は、象徴化などで”それは凄いことなんだ”と別の意味を持たせる
或いは、動機形成におけるハードルを上げ(コンプレックスにも似ているでしょ?)、
当人に(めんどくさい派生含め)”大仕事(大きな”快感代謝”)”を目論むものです。
 ↑
なんかわかり難くなってますが、シンプルな「オンザレール『共同幻想』適応保守選択」で言えば
「我が家の団子屋は15代続く老舗で、跡を継ぐことは”大変なことだぞ”」
(やりがいを盛るってのかな)
”不快『興奮』《苦労予測》でもアリ”の快感代謝総量をふかして”インセンティブ”を明確化できるんです。
・東大行くとか凄いことだぞ
・宝塚ってところは
・結婚し男子を産むというのは
・この辺で言えば公務員ぅてとっても立派な
・父さんも若い頃は米国留学で鍛えてきたから
(前記事で言えば)→マランツCD34って凄いプレーヤーがあって、、、
 ↑
そしてね、
自我にこの辺の概念をインストールすると、
「事あるごとにやらくっちゃ」と思い出すことになるんです。
 ↑
●ほら似ていると思いませんか?「PTSDトラウマ論のフラッシュバック」です
(で、PTSDの対処と言えば、ストレス与えない配慮しつつも、その事実に向き合い《リアリズムを回復し》終わったことだと再定義することです。)


■この辺は、思春期『反抗期』において、最低でも歩留まり以上の発生経路の説明にもなるんですが、「狭義の凄いぞネタを(トラウマ論解消プロセス同様に)」→ことごとく”ネタバレ幻滅した場合”
 ↑
こんな風に考えることができます、
そこからわかることは
(好き好んでなら止はしませんが)「強迫心理案件で、当人どうにかならないかと心理現象なりに問題意識を持っている場合の対処も同じ」ってことです

<つまり>
「その事実に向き合い《リアリズムを回復し》終わったことだと再定義することです。」
(ベタに言えば「終わったことだし、どうでもいいじゃん《その状況がエピソード記憶を盛って、とんでもない大事として刷り込まれている:リアリズムを回復し事象を現実に還元すれば”終わったことだ”》」)

→続きを読む

posted by kagewari at 21:42 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0