2021年07月03日

経済格差の話もほんとのとこ(程度の問題だと思うんだよね)

所謂サラリーマン社会だと見え難いけどさ、
音楽の世界で言えば「成功するって確実に運」だから、
(その条件に実力も含まれるが、これは絶対では無い)
食えなくても実力あるのにねって、世界にどれほどいるのかって成功者のうん百倍、うん万倍だと思うのだよ。ネット動画における「弾いてみた、歌ってみた」の実力みりゃわかる。

インターネット開発の現場的にもさ、
ソフトハウスの生き残りなんて結構が”コネ”でさ、
●ちょっと考えりゃわかることだけど、発注元がプログラムの詳しいことまでわかってるワケ無いじゃん。
(わかってたら自分で開発してるっちゅうに)
ワカラナイ人が、どうやって本当の実力のある中小企業を無限に存在する母数から選択できるのさ、
実際はなんだかんだ知り合いの紹介とかさ、案外そんなもんなんだよ(学閥とかな)。

それこそ結構大資本のサイト設定で冗談抜きでダメダメとか決して珍しくない、
恐るべきバグあったりさww
食えるITベンチャーなんて実力とは関係無く、運だったりする。

かくいう俺も(それで食えるワケじゃないが)ブログって媒体で17年?20年目も見えてるなんてことあるけどさ、これ某副業のお客さんの紹介あっての話だし、
そもそも岸田心理学と出会ったのも某バイト先のA君いなかったら無かっただろうさ、
「これを運以外で説明できるか?」

●いやいや運だからこそ、高額所得の既得権層に腹が立つでしょってご意見あるかもだけど、
「うーん、一概にそう言えることだろうか?」
幸福みたいなものが金に依存する割合って、そんな高いか?
いやいや昭和ならいざ知らず
■【先進国化して豊かになった現代情報化社会だからこその話】だけど、
激しくいろんなものが無料化した現代においてさ(amazonや100円ショップの台頭なんかも関係していると思うけど)、
「金は持ってるけど」の意味する限定感も半端ない。
情報においては、何か調べてナンボじゃん、
金はあっても何を調べりゃいいのか知らなければ「単なるバカな金持ち」でしょ、
昭和には「成金趣味」なんて言葉もあるように、オドレの世代ですっごい稼ぎましたとか言われても「だからそれがどうしたの?《ニュアンス的に宝くじにでもあたったの?と大差無いってのかな、、》」ってことにもなるじゃんよ。
「それはわかったけど、ところでお前はネコと会話できるのか?」

わかるよ、そりゃ程度の問題だから、
ド底辺とまあまあ暮らせるってことには有意な格差もあるんでしょうよ。

■でもね、昭和の音楽業界にはだな「インディー系」っていう、アンチ『共同幻想』(アンチ大手音楽レーベル)な生き様があってだなw
(勿論この元ネタってか先人は商業演劇に対するアングラ演劇だったのかもしれない)
カッコつければ「食えるとか食えないとか関係ネーから」って威張り方もあったのさww
※てか音楽界における”インディー系台頭”は「歩留まり」階層出現のきざしだったと思う

→続きを読む

posted by kagewari at 22:00 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0