2021年05月31日

第4ラウンド(Make America Great Again)「チャイナ・ウイルス」次の展開

いよいよ始まってきました

人工説の新しい証拠、なぜ去年公開されなかったのか?アメリカに責任はないのか?中国が調査のことについてアメリカを核○器で脅し、アメリカは中国にどのような対応を取ることができるのか?売電はどう、、
https://youtu.be/alYoPoIuDeE



コロナ・ウイルスに関してはなんせ実被害が大きく出てますからね
この、変わった流れは戻せないと思うよ
その背景に米『民主党』を応援してきた穏健中道派支持者の疑念があることは間違い無い。
(トランプは正しかったのではないか?)
●左翼メデイァから崩れ始めたからね

ドクターファウチが中国でウイルスの開発を委託した件を議会でゲロして以降、
中国共産党はCDCのファウチをあからさまに「裏切り者」と言ってる
(各保守系ニュースは「裏切り」ってことは「元仲間ってことだろ」と批判してます)
米国議会で、このような調査が進行してる背景は、
「超党派だからだよ(民主党議員の協力がある)」

既に一部左翼の「その陣営からの逃走」は進行している
(しかもさ、この工作”情弱騙し”って古いプロパガンダ手法でやっただろ。支持母数は同じ情弱なんだぞ?メディアの発表が変われば、彼らはオセロゲームみたいに裏返っちまうじゃないか



posted by kagewari at 16:45 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

矢追純一木曜スペシャルへのオマージュ(宇宙開発陰謀論)

不可解なのは、「あんたらなんでそんなに宇宙に行きたがるの」
(まだアポロ計画や米ソ宇宙競争はわかる。しかし堀江はアレだとしても、ベソスやイーロン・マスクまでこぞって宇宙旅行があんだと繰り出し、中国の力の入れようも尋常ではない。)

なんか合理的に宇宙開発やってんのは日本のJAXAぐらいのもので(確か驚くほど低予算じゃなかったかなww)、米ソの時代は比較にならんが現代で大富豪が突っ込んでく様子見ると(そういえば日本のアパレルの前ナントカさんも行くんじゃなかったかっけ)、
「お前らの金持ちサロンで何か語られているだろ」と思うよね。
知らぬはJAXAばかりなりみたいな調子で(笑

でもね日本が驚くほど淡白なのでは無いと思うのね、←【常識的にこの水準の情熱で妥当】
米国もNASAが金使い過ぎて議会に削減させられたワケだが、
「いえいえ、本当にこれやらないとヤバいんですってば」を公式的に言えなかったつーのもあるでしょ。
利権目的ならもっとわかりやすい方法あんだから、

ホントか嘘か知らないが「お前らの間では何の話してんだ」って
素朴な陰謀論に興味あるよね。
●流石に「何も無い」ってのは嘘だと思うから

トランプ時代の指示で米軍のUFO情報の公開がちょろちょろ始まるらしんだけど(どうやら今年の6月から)、先日も海軍のUFO動画が公開されていたよね。
最近のトレンドは「UFO言うな」で、
「UAP(unidentified aerial phenomena)」(未確認空中現象)と米軍は新しく言葉を定義している。←意図的には「いやいや宇宙人では無いから」みたいな、

先日60ミニッツかなんかで特集やったらしく、
(アレなんだわ、米大統領選で「UFOの話した候補は落選するジンクス」ってあってさ、これは「劣勢の証明=米国人UFOネタ大好きだから」という構図を指すもので→ついにUFOの話始めた、もうダメだって意味。今回の場合も視聴率低下に悩んだ末の特集かなと思う、)
その場に登場した軍関係者は「あまりにも日常的なことなのでもう誰も驚かない」的な証言をしたのね。先日リークされた海軍の「UAP映像」も1週間だか10日間ずっと海軍艦艇に付きまとっていたなんて話で、そんな状況が軍では常識化しているって意図の証言。
 ↑
誰もが偵察用ドローンだと思うでしょ
にしてもさ、偵察対象にバレバレで「なんなんだお前」と認識されているとこが矛盾する
 ↑
むしろありそうなのは、イージス艦などの登場で最近のレーダー波は健康問題気にするほど強力で(日本のイージスアショアが不安視された理由のひとつ)、
「謎の電磁波現象が起きてもおかしくない」んだわ。
大槻教授得意の「プラズマ現象」なり、

●UAPが付きまとったのでは無くて、強力なレーダー波の影響で「最近の軍の艦艇の周りにはおかしな電磁現象が起きっぱなしなんだよね」←【これが正解かな】と、

つまりテクノロジー的発見です、

類似の現象が宇宙空間では何倍も起きやすいのかも知れない。
でー、まだその答えは出ていないんだが、
「解明に成功すれば、莫大な利益になるのだろう」っことで、
(これが金持ちサロンの間で、何故か”スピリチュアル体験もできる”という尾ひれが付き)
こぞって宇宙に行きたがってるのじゃないか?
「え、何それ俺も見てみたい」的雰囲気で、

量子論レベルの次元の裂け目が見えているって見解もあるので、
(これ前回紹介イチゼロシステムのネタです、「4次元空間の射影」)
間違えて向こう側にいけると不老不死だよが金持ちの間で伝説になってるとかさ(笑
何か怪しいのは事実、

→続きを読む

posted by kagewari at 00:13 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0