2021年05月24日

『共同幻想』崩壊プロセスにおける「親の責任のド・勘違い」(1)

<自分で書いてて「人類ヒト科なんだから」←ここの説明別に必要とわかったので今度書く>

多分相当数の人がこの原稿を誤読すると思うので、
断っておきますが、この原稿趣旨は幼児虐待他パワハラ・モラハラまで「刑事事件に相当するような行い」を肯定するつもりは全く無く、親の責任なるものを放免しているのでもありません。
※そもそも「親の責任論」なんてものは、道徳家やら哲学やってる奴に聞いてくれ。

※それからこの論考は「親の責任の免責」だとか「子供時代の生育環境問題」を否定するものでは”全く無い”ので誤解のないように。「それでもそれを回避するスタンスは無いのか?」あるのなら選択肢として心理学的に確認しておくべきだって部分がテーマとなる。
(余裕あったらシリーズ終わりにでも追記しておく)

ということで、
■あくまでここでの論議は「心理学的・社会学的な現象分析です」
時に以下のようなナイーブな発言、みなさんどこかで必ず耳にしたことあるでしょう
 ↓
「何々な時にさ、親にこんなこと言われたんだって!考えられないよね」

ハイ、このお題、素で考えれば誰しも「親としてなんということか」のような道徳的批判で留飲下げるみたいな展開になると思います。
しかし、問題の核心はそこでは【ありません】
あたかもこの現象(それが原因で子供にPTSDを発症したとしても)その原因を「親の責任」みたいな追及で終わるのであれば、ド・勘違いもいいことこな中途半端な話になります。

●過去ログで何度も論じたことですが、
(刑事事件に及ぶような)親の言動の過剰・過小な個別各論に比例して子供のメンタルに影響与えるなど【ありません】←そんな比例の法則があるのなら兄弟はみな類似した人格になります。
トンデモ暴力団の家に生まれ、暴力の限りを尽くされてもメンタルへのダメージ皆無で大人になる個体は存在するワケで、
 ↑
これ聞くとね「そんな極端な」「平気な人がいるなら連れてきてください!」なんて話出ると思うんだわ
そんな人は、こう考えてみてください
 ↓
『古代スパルタ帝国に生まれていたら』(確か成人の条件は、単独での盗みと奴隷の殺害ではなかったかしら?、だいたいそんな感じの研修があります)
『日本でも、戦国から江戸時代などの農村に生まれていたら』
仮に運よく親同士の縁談で嫁ぎ先があっても、一面識も無い男にいきなり処女で凌辱されることが「幸福な結婚」なんて世界ですので(笑、親の方も不作や飢饉で生活に困窮して娘を女郎屋に売り飛ばしても(なんかあんまり違いが無いねって)それで世界が回っていた訳で(男の子は丁稚奉公です)、
存外に「ついこないだまでの話」ですぜ(2.26事件で若手将校達決起の理由のひとつは、田舎の農村が困窮し姉妹などが女郎屋に売り飛ばされるなどが相次いだため。当時の日本政府は満州や朝鮮へのインフラ投資で大変で国内への経済対策が疎かになっていた)


■しかし、心理学的には所謂そういう旧時代には「やれメンタル問題」などが一般化していない見解です(生きるか死ぬかでそれどころではないという説もありますが)、
このような時代に観測されるメンタル事案は「皇帝病」や「貴族階級の憂鬱」など、所得に余裕のある特権階級の話になります
(→故に先進国となり国民総中産階級化によりメンタル問題も一般化した)

何故豊かになることが条件となるのか?
これは前記事読んでください。
(時系列で追う『共同幻想』崩壊論)
近代までは強烈な”自我コピー”が行われ、社会の同一性も強固なので、
社会不安の発生要因が無いのです。
(社会心理も極めて安定:異端者は村総出でもれなく殺害)

『共同幻想』権威による強権支配から→社会契約説的「法による支配」へ、
(「村の掟」から→義務教育へ→高学歴化→教育の無償化)

→続きを読む

posted by kagewari at 04:12 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0