2021年05月10日

前記事<つづく>になってるけど本稿は”別角度”から

(様々な方向から話を詰めているんだが)

あえて、続ている部分としてはここ
 ↓
<<仮想普遍的『共同幻想』(崩壊限界)である「言語や通貨」で考えれば>>
『共同幻想』というものが、得意の依存受動系『被る(こうむる)』では無く、
「主体的な信用構造」になってくる点です←不安定では無い構造だと左記になる
(そこに幻想性を吹かすと「信用創造」)

確かに「”同じこと”にする」原理も”それこそ同じ”
「あなたの千円も、私の千円も同じ千円」だからね。
「私と言えば一人称私のことであり、あなたも”私”と言えば”同じ一人称私”」だから、
 ↑
そこに仮想上でも普遍的合理性がある場合、”盛る必要が無い”よね、
インセンティブ吹かす必要もありません。
”皆”がおおよそ主体的にそれを信じる概念ですから。
(圧力受けることも無く)
「日本語でいいですか、支払いは円ですか、」←確認しないよね(笑
(「だよね、そうだよね」って承認の必要も無い)

●つまりさ
「だよね、そうだよね」ってのが成立する同調圧力的な概念は、
殊更”幻想的なものだ”って事でしょ(仮想でも普遍から離れるほど、幻想度が高まる)
同調圧力が必要なほど(未確定不安定な)曖昧なネタである
(だいたいが楽しいや幸福感は通貨みたいに定義できない)
 ↑
幻で実態が無いから、誰にも「それでいいのかわからない」んだよ
その都度「これでいい?だよね、そうだよね」と、確認しないとさ、
曖昧過ぎて(実は誰にもわかっておらず)その場のノリで前後もしちゃっている。
”ネタそのものが不安定”なワケだ、
 ↓
「カラオケ、、」(激しく飛び交う横目視線)
「カラオケでいいよね」(若干の緊張感)
「だよね、やっぱカラオケだね」「だよね〜」(どっと広がる安心感)
 ↑↑↑↑
ここで起きてる幻想は、なんだこれ?

●ちょっと補足すると「実は誰にもわかっておらず(こうと決まっていない)」故に、
不良グループや、パワハラ体質のブラック企業や、暴力的家父長のいる”家幻想”などでは、
「トンデモな横暴でも『共同幻想』を構成できてしまう」
 ↓
「今日飲み会だから、全員集合」(えーっ、、)
「場所はいつもの」
「予約とか、、」
「そういうの許せないから」(速攻電話、、少し後方へ移動、かすかに怒号聞こえる)
「デモぉ〇〇さん、深夜0時っス、ヤバくないですか」
「どこが?」
「オイーーッす、飲み会やりたいっす、だよな」
ーーーっス「楽しみなってきましたね、今日は飲むぞー」
「会計はツケ、後から〇〇に払わせろ」
「了解っス」(速攻電話、裏から怒号がよく聞こえる)
「よし行くぞ、〇〇お前車出せ」
 ↑
ええ、誰が何言おうとこれは楽しいことで、
現場では(本当に)ハメを外した者どもが(無礼講”承認事項”につき)大宴会
誰が見ても”楽しいこと”が行われたのである。
(不安定なものが同調圧力で規制事実化された)

→続きを読む

posted by kagewari at 01:46 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0