2021年05月09日

「面白いこと」(現在未来)と「同じもの」(既存用例)

<この話は前項に続き、「不安心理」のとっかかり試案です>

話をいきなり「バカか俺」技に戻すけど、
概念としては「正気に戻す」とか、「目を覚ませ俺(目くらましに騙されるな)」のような意味になる、勿論それは”幻術”みたいな悪夢から「目を覚まして正気に戻れ」であり、
すんごくベタなシナリオで言えば
「気立てはほどほどだが可愛い女房がいるのに、男を手玉にとって”自己顕示に酔ってる”夜の女にころっといかれて、生活費も女に貢ぎ女房泣いている」
「何をやってんだお前、目を覚ませ」と親友が一発殴るみたいな”アレ”だよ。
 ↓
■『単独者』の暴論的な「バカか俺」技ってのは、
「強迫心理」(元ネタ『共同幻想』)相手ならでこでも使える”打ち出の小づち”みたいなもので、
「ナイキのシューズが欲しくて万引きする少年に」→「それ本当に欲しいのか、バカか君?」
「グッチのバックが欲しくて売春する中学生に」→「それ本当に欲しいのか、バカか君?」
「課長になりたくて、学生時代の親友を裏切る男に」→「役職がそんなに大事?バカか君」
「男を奪いたくて、仲良しの娘をレイプさせるOLに」→「その男そんな好きだった?バカなの」

■なんかほら、共通してないか?
”バカなモノ”だよ、”バカなモノ”「僕も同じものが欲しい」
「強迫心理」は時に対人依存や薬物依存などになるが、
『強迫心理』の場合は、『強迫心理』社会への依存となる。
「承認欲求」と、「欲望そのものが、自ら素で自由に選んだものとは言えない」
この辺が複合的に解決する概念は?
→「僕も同じものが欲しい」(きっとそれがめくるめく最高の快楽なんだ:勝者の証)

勿論、それはインセンティブが被ってるからさ、
微妙に”今の自分より微妙に上位カーストの持ち物への執着”となる。
(勿論、素で本気に”そんなもの”を望んだり欲しいのでは【無い】)
依存する方向に(個人の自由選択が)『抑圧』されており、
その行動は自立的に思考したものでは無く「望むのはインセンティブ・ゲーム上の”プライズ”なので(本気で欲しいとか”関係無いから”この意味わからない人は口出すな)」
 ↑
『単独者』はかく語りき→「バカなのか君は?」


なんとなく見えてこないかしら?
■「強迫心理」における快感原則のド・勘違い
(時に、フラフラ『共同幻想』社会に近づいていったり、想定超える敵意を持っていたり)
この複合を解く鍵となる台詞は以下なのではないか?
 ↓
「望んでいるのはインセンティブ・ゲーム上の”プライズ”なので(本気で欲しいとか”関係無いから”この意味わからない人は口出すな)」

勿論、この意味のわからない概念を言語化するにあたって
担当者としても追い込まれてる『自意識』は以下のように語りだす
●「『共同幻想』社会適応の世界には、楽しい友人関係や家族などがいて、幸福で充実した人生を送っている。それに適応できない人は(同じじゃないから)不幸のズンドコでしかない。」
(だって”皆”は同じであること《同調圧力》に、適応している《承認されてる》んでしょ)
【脳内では結果と因果関係の時系列が同時に存在してるだろうって推定が鍵】


→続きを読む

タグ:不安心理
posted by kagewari at 16:38 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(今後にシリーズで展開)「不安心理」のとっかかり試案

「鶏が先か卵が先か」って論議あるでしょ、
いや、物理学では時間の概念が無いので「それは同時に起きている」ともいえるけど(笑
実際【脳内では結果と因果関係の時系列が同時に存在してるだろうって推定が鍵】だと思う。

何の話って、
・「どうして(監禁拘束されているワケでも無く)欲求不満に至ることがあるのか?」
(どういう現象?って、取り立てて困ってないのに「友人ができません」とか)
・「解除(不満解消)インセンティブへの固着(執着)は何?」
(相手もいないのに漠然と『結婚願望』だけが忽然と発生する謎現象など、他『出世願望』)
 ↑
この辺のことなんだけど、
(『単独者』の暴論で言えば、いずれも「バカか俺」技で雲散霧消する話だが、、)


■『共同幻想』論だとシンプルに説明できるよね、
権力・権威のあるサイドが、宗教教義や道徳や法によって半ば強制的に「欲求不満」を醸成し、「心配ありませんよ、ほらここに酒池肉林、あなたのエンタメイベントを用意してます(従うもの《適応すするもの》は救われる)」、
更に経典の独占や意図的に教育水準を抑えるなど、「下手したらネタバレしちゃったり、自分の頭で考えだすこと」を制度的に抑圧してみたり。
 ↑
シンプル故に、産業革命以降の近代化や、古い『共同幻想』の世俗化など、
社会が「歩留まり」に至る過程(『共同幻想』崩壊過程)の説明も構造は簡単。
(社会学におけるテンニースのゲマインシャフトからゲゼルシャフトへの社会進化論とも符合する)


●急速に説明が難解になるのは「承認欲求」だよ、
思春期『反抗期』における、子供時代のネタバレ崩壊と自立(乃至、オンザレールなら《親では無く社会人に共有されてる》大人の論理《『共同幻想』》で上書き)、そこに何らかの不具合や不完全燃焼があったとしても(コンプレックスなどが原因で)、成人年齢になれば「酒・たばこ・投票・バクチ・性行動などなど」制度的に限定解除されるワケじゃん(『共同幻想』も崩壊するような先進国法治国家なら)、
故にさ、
成人年齢以降も(謎の家督権力で)親や周辺権力が(習い事の監督だとか)強制力伴って自由度を制限しているならわかりやすい(もう法律違反なんだけどさ)、
しかし?
一般に「承認欲求」ってのがさ、困ったことに「漠然と想定される社会に対して発現することが多い」だろ?→時に仕事だったり、時に会社だったり、時に友人関係だったり、恋愛関係などなど、
 ↑
おおよそ、対象の相手方には「これといった強制力が無い」ケースのが多い(恋愛なんかは例外かもだけど、とはいえ言うほどでは無いだろう)

→続きを読む

タグ:不安心理
posted by kagewari at 03:18 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0