2021年04月21日

マクロ経済とミクロ経済(少子高齢化問題にあてこんでみる)

非婚・晩婚化(不妊治療増)の流れに対してよく聞く話が
「このままいけば人口減で日本が滅びる」ってありますが、
この人口動態ってのは経済でいえば”マクロ”です、
政治家や経済評論家ならいざ知らず(個人でも政治論ならわかりますが)
個人がどうこうする部分で指標になるものではありません。

全く無いってことでは無いが、
喫茶店でも開業しようかって時に「今年度の失業率が何%だから、メニューはこうしよう」なんて話を聞いたことがありませんよね。
少子高齢化でも同じことで(何度も言いますが”国の政策を語ると時は別ですよ”)、
日本の将来がどうこうってところより、
現在社会で進行中の現象のが優位な情報になります。
(参考にすべきは「非婚・晩婚」の状況です←船にたとえれば”風向き”ですよ。現在進行形の航海に必要な情報は地球温暖化の話じゃないでしょ。)

民間世論調査だったと思いますが、
「大学生の6割に現在恋人というような友人はおらず、4割近くが恋愛経験も無い」
(確か東京では男性の4割近くに生涯未婚の可能性だったかな?←ちなみにこれは人口比に大きな問題のあった江戸時代と似たような話です《江戸時代のが結婚は絶望的だったかな?》。)
『共同演奏』崩壊プロセスの中で、社会的インセンティブによらない動機形成を模索する時代に突入しており、
すべからく「東京で暮らす」ということがサブカル上何を意味するのか、今後も派生するものが出てくるのだろうと思います。
少子化対策を否定はしませんが、本質的には”文化勝負”なのだろうと思ってます。

ま、個人レベルで「やれ日本が滅びるからなんだかんだ」なんざ論議は、
(それはフェイクニュースみたいなものだ)
「知ったことでは無いww」って話です。
※事実、海外のリアクション動画で発見しましたが『進撃の巨人』がキッカケで猛烈に日本語の勉強して今年来日予定のドイツ人青年がいましたよ


<<ちなみにですが>>
冒頭の「少子高齢化で国が滅びる」についても書いておきますが、
日本の場合は”あり得ない”です。
(これは中国のような政策上の間違いや、政治状況が絶望的過ぎるK国などとは事情が違い、日本の場合”先進国における素の自然現象”として起きてますから。)
『単独者』ネットワーク社会は、ある意味思想運動やサブカルムーブメントに類似します。
中国の諸子百家だとか、自由と最先端を求め「ウィーン→パリ→NY→TOKYO」と人が集まってくる動態のことです。
●「日本は人口減ですが、東京の人口は増えている」《終わり》
(そんなことを言ったら地方はどうなる?)
はい、そのとおり
■この話を正確に言えば「少子高齢化で地方の過疎化が促進する」って事です
(日本が人口減でどうにかなるって平均的現象ではない:都心の人口は増えてますから)
さらに、最先端都市としてTOKYOには海外からも『単独者』達が自由を求め集まってきます。
(すわ外国人と危惧される保守派もいらっしゃるでしょうが、海外の『単独者』ですからね《政府施策の職業研修生なる「奴隷かっ!」でダメ政策の話ではありません》、=自国の『共同幻想』を持ち込みませんので、日本文化への親和性での移民なので何ら問題ありません。また、某国の浸透国策の話でもありません《こういう話はビザ厳格化でいつでもストップできます》)

→続きを読む

posted by kagewari at 20:04 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第4ラウンド(Make America Great Again)「習近平もうひとつの狙い」

ネット界隈回っている人はご存じだと思います「深田萌絵氏」
この人物も何をどこまで考えているのかわからない部分もあるのですが、
”もぎせか”が紹介するほどに「台湾の浙江財閥と青幇(そしてTSMC)」をめぐる(外省人であり国民党)話を特集するほどに至る事情を説明した貢献は大きいです。

上記に出てくる”幇”とは「経済マフィア」みたいな存在で、
某4流大学出身者としては、北東アジア研究の講座だったかな(そっち方面に明るい大学だったので)講師か教授だったか忘れましたが、
「日本のビジネスマン、とりわけ商社なんかだと中国のどこそこで商売するなら”何幇に話を通さなければ進まない”とか常識なってます」などと語られる”結社”のことです。

青幇とは(もぎせかによると)港湾同労者組織に始まり、のちに上海香港におけるアヘン貿易に関与していた浙江財閥の〇暴担当みたいなものであり、
近代では共産党と戦っていたのですが、国民党蒋介石の台湾逃亡と同時に(ケツ持ちだったので)台湾経済界を牛耳る存在になります。
中国の同様組織の特徴に分家のような形で(ここがユダヤと似ている)一定勢力を本国にも潜伏させます。つまり、江沢民派の上海閥とチャンネルがあるワケです。
 ↑
そこで深田萌絵氏は台湾だからといぅて一方的に支援するのは危ないろ力説しているワケ

ただし、台湾派としては国策としてのTSMC支援には(内省人ながら国民党に入党した)李登輝さんの影響も大きく、一概にやれ浙江財閥の(中国共産党と二股だのように)支配下にあるとは言い切れないという意見もあり、
ジャーナリストの山口さん情報から考えれば
「陰謀セクターとしては、台湾では無くCA州SFでしょ(浙江財閥的にも)」という見方もある。

●「台湾警戒論をやろうってのではありません」
そんな上記を踏まえた上で以下が考えられるってこと、

香港討伐含め、”中南海”習近平の北京政府は上海閥江沢民派と対立しており、
外交的にも現在進めている強硬路線や、アリババ分割かって共産党乗っ取りの動きも
「敵である上海閥潰しです」
深田萌絵氏の考えていることは、習近平の北京政府も思ってるワケですよ。
上海閥を叩くには、外部に温存されている台湾の浙江財閥を叩かなければ決着がつかない。
 ↓
だから台湾侵攻なんです(上海閥と決着付けるため)、

あれれ?だとしたら?
”中南海”習近平は、民主進歩党現政権「蔡英文総統」を応援すればいんじゃねと思うかもなんですが、ここが複雑なんだわ、、
選挙では”中南海”習近平は国民党を応援しており(浙江財閥もろとも支配下にと考えているのかな)、民主進歩党現政権も結局青幇などに脅された傀儡と見ているんですよ。
だからワケわからなくなるんだわ、

→続きを読む

posted by kagewari at 16:12 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0