2021年04月11日

民主主義がボーダレス化するだろうって話は随分前に書いたと思うけど(まさか)

単純な話、外国で知名度の高い議員が評判にだとか、
シンクタンクとかって論議で言えば、最初からボーダレスだし(そういう意味では政党ってものは昔から外国からの《迂回》資金提供含む影響を受ける可能性を有している)、
日本の有権者が(将来的には)外国人も自由に書き込む翻訳機能内蔵の掲示板で論議される意見の影響を受けるなど、
そもそも民主主義政治の形態そのものが一国主義で終わることはあり得ない。

一時よく使われた「欧米ガー」じゃないけれど、
●「単に現在のご近所では常識だから」的な(根拠の説明ができないような)前近代的保守主義は全く通用しなくなるみたいな話を昔書いたと思う。

現代の保守は”再選択的”(その論拠を明快に説明できる)でなければ実存しないし、
双方が理論武装進めることは、結果として人類の利益にも適う。

しかしね、まさかのまさかで、
俺はIT企業などの振る舞いを、当時は2chや堀江あたりの方向で考えていたのだよ、
(削除要請などを無視し続けるなど、ベンチャー系はリバタリアン的自由を徹底するだろうのように)
米国ビッグテックが全体主義的な既得権支配層(エスタブリッシュメント)の戌になるとは、思ってもみなかった。
google検索などの問題は、随分前から語られていたけれど、
中国が行ったネット規制を考えれば、
ほぼほぼ米国ビッグテックは総じて反中になるのだろうと素朴に思っていたんだよ(甘かった)。

現在ここが組んでる理由のひとつが、
■主として「特化型AI開発に中国の(人権無視で集めた)ビッグDATAが有効だから」
らしいだけどさ(オバマ時代のG2戦略みたいに”世界の半分もらえるならいいよ”って)
こういうことをあんまし言いたく無いんだけどさ、
(米NY金融資本の暴走について「やっぱデービッドが死んだからかな」って言ったけど)
「やっぱ、スティーブ・ジョブズが死んだからなのかなって」

考えてみりゃ、知らない間に(俺はひろゆきのことは何とも思ってないけど)
2chがひろゆきパージで誰だから知らん奴で5chになってたのも兆しだったのか、

●それから人類ヒト科の欲求が底無しだって部分も甘く見ていた、
「個人資産兆単位、数千億単位でも足りないのね、、、」
 ↑
どうやらこの話は(プロ野球FA時と同じで金額の問題では無く)”ランキングの問題”なのだろう、
「世界で自分の順位がどうしてアイツに負けてるんだよ」という、、、
(こんなところで偏差値認知って、、お前『共同幻想』論者なのかいって、、)
激しく幻滅した、

面白いニュースが飛び込んできましたよ
「”中南海”北京政府がアリババに独禁法違反で罰金3,000憶だって」
これはさ、ナンセンスコメディなの?
(まあ、習近平が《現在の都合上》ナショナリストのポジションを取っていて、国内DS系を敵対視しているのは事実なんだけどさ)


■それから『住まいの心理学』記事に書いたんだが、
大阪市立大学名誉教授井上正康先生のコロナ解説動画がyoutubeから削除
http://kagewari-retour.seesaa.net/article/480931879.html

由々しき事態だぜよ、マジに、
今現在、平時では無い(前から言っていることだけど)
「とっくの昔に情報戦としての戦争は始まっている」
各人「これは戦争なのだ」の自覚持ってないと潰される。
(トランプ大統領がやっけてくれりゃ話早いけど、何から何まで人任せって事にもいかんでしょ)

→続きを読む

posted by kagewari at 15:45 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第4ラウンド(Make America Great Again)「米民主党が忘れてること」

ザックリ彼らのシナリオを挙げると以下となる
・ホームレスでもなんでもいいので不法移民入れちゃって(勿論そこに便宜を図らい)民主党有権者にしてしまえば永久政権(彼らが偉そうな事言わないように福祉漬けにして積極的に貧困層に留まっていただく)
 ↑
一見「なかなかいいこと思いついたな」と思えますが、グローバリズム焼き畑農業同様に「短期的には」って話で、長期的に考えると絶望のシナリオなんだよね。

■説明も何も簡単な話
・そんだけ大きな大票田ができれば、移民出身マイノリティー議員の方がブランド力を持つ
・選挙資金は小口募金「アクトブルー」があるので候補者は自己調達の必要が無い
・ウォール街をケツ持ちとする民主党は(実は金融機関の保護が第一なので)福祉バラマキやる時には国債では無く増税とセットが避けられない=確実に景気悪化と失業率が増大する
・最初はよかった福祉政策も→必然的にカットされるため、ウエルカムで集められた元不法移民は貧困どころか飢餓状態になる可能性すらある
・昨今喧伝されている不法移民はほぼ全員ラティーノであり、現在でも人種構成で白人の次に多いのがラティーノ(マイノリティ筆頭としての地位を固める)→必然的にアフリカ系黒人は極少数派となろ発言権を失う

こんなんいつか必ず「民主党ならぬ、移民ラティーノ党(米公用語をスペイン語へ)」になります
(人気者がAOC《オカシオコルテス》ってのも予告編みたいなものです)
=メキシコじゃん
考えてみれば、テキサスもCAもメキシコからかっぱらったような土地なので、
「元の所有者に戻ったんだね」→西海岸とメキシコとの特殊な連合ができるかも知れない。

●現在の米『民主党』は中南米に進出した荘園主気取りなんだと思うけれど
(民主党の原型は南部プランテーション荘園主であり、軍側だから)

「いつの時代の話をしているのやら」で、
貧困層と言えども、移民に成功してしまえば米国市民です。
ラティーノだからってバカなワケ無いでしょ(奴隷階級じゃないんだからさ)
アフリカ系黒人は長年の貧困層への固定化政策などにより牙を抜かれているというか、本気出しずらい文化を醸成しちゃってますが(言い難い事だが米国人文化には『共同幻想』的に意識的にバカっぽくしてないとブラザーとして愛されないみたいなんまであるからね《個人的には”隠れ知識人”が多数なんだと思う》、、日本で言えば地方ソフトヤンキー文化で考えてみよう)、後発のラティーノは違うでしょう。

個人的意見だけど、
俺は保守派が心配するほど民主党の野望は成功しないと思う。
(※民主党の中でも”一部”はそこをわかっていて、米国市民として知恵付ける前になんとかして無知蒙昧に押し込めようと画策→それがドラッグ解禁の狙いだろう《マリファナ解禁などそれ自体には別の論議もあるだろうけれどね》)



posted by kagewari at 01:42 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0