2021年04月09日

『共同幻想』論は映画や音楽などで考えるとわかりやすい(1)

※リクエスト記事に『共同幻想』論のがあったのでちょっと前倒しで記事差し替えました

確実に長くなりそうなので(1)としてみたw

有名な話に古代ローマの政治的退廃をたとえた(詩人ユウェナリスの言葉)、
民衆を衆愚政治で治めるには「パンとサーカスがあればよい」なんてのありますが、
(本来の意味は、無償の食い物と娯楽を提供するとプロレタリアートは働かず、所得格差も拡大するみたいな、どこの『民主党』?みたいな話)
●勿論それは逆説で、「そら古代ローマならサーカスや剣闘士などで民衆は大スペクタクルな興奮を」と思いますが、人類ヒト科の生理的に過剰化した進化ってのはそんな甘いものではありません。

『共同幻想』が機能するためには、(ユングへの皮肉じゃないけどさ)”集合的娯楽”ってエンタメがキーになっており(近代以前には酒池肉林のお祭りなんてものもありました)、
「集めてナンボ」なんです、
それは同時に「集合的体験」でなければならないので、
歌で言えば「合唱」になります。
歌詞も譜面も”共有”され、「ハイ、みなさんいっしょに」の掛け声で歌えなければならない。
甲子園の試合後に「校歌はどうしました?」「いやあ校歌とか覚えていないんで」←まずこんな生徒はいないと思いますが、さあこんな時には左翼日教組の「君が代忌避」でも思い出してください(これはこれで全員で拒否する全体主義というオマケ付き)。

「合わせることが大事です」→確かに同調圧力そのものですが、
とはいえ皆さん、同調圧力って言ってもね、
ある合唱会で、ひとりだけリズムもメロディーも全く無視で”合わせる気無し”で歌われたらどうなります?
「同調圧力って言われても、、、」←『共同幻想』の言い分もおわかりいただけると思います。

文化伝統保守権威主義の代表には「オーケストラでお馴染み、クラシック音楽」があります。
確かに解釈は自由ですが、
「お前勝手に譜面書き換えてたらダメだろ」←これを同調圧力とは言いませんよね(笑

●でーー、合唱会や見事なオーケストラの演奏があるように、
識者なりコンポーザーの指示や意思を汲み取って、気持ちを合わせてこそ「感動を呼ぶ名演」のようなエンタメが発生します(まさに”集合的娯楽”)、別次元への進化(昇華)があるワケで、
これを同調圧力とか言われてたら、『共同幻想』なーんもできません。
 ↑
保守系思想家なんかの言い分も似たような感じだと思います(普通に根拠はある)。

ここに『共同幻想』崩壊の狼煙とて、
(独りで) シンガー ソング ライター の登場
はたまた、バンド やろうぜ
(近代以前にも類似した吟遊詩人とか琵琶法師なんてのありますが、この件は置いておくとして)
うーんなんでしょうか、
マルクス的に言えば「それが本当のプロレタリアート革命」
ニーチェ風言えば「ワーグナーが泣いている」
→まね、『共同幻想』が崩壊世俗化するだけで、下手したらビートルズ以降の方がクラシックに親しんだり、ピアノ教室でバイエル弾いてる子の数は増えている筈でww
『共同幻想』崩壊後も世界の中で文化伝統として”再選択されるものは不滅なんです”

→続きを読む

posted by kagewari at 12:39 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(彼女欲しい大阪人さんへ「補足」)

大阪人さん
>「前回記事説明忘れた事あったので」

ひとことだけ「感染症2類の件」だけ補足しますが、

感染症2類が隔離や詳細報告義務が求められるというか、
そもそも成立するのは、
(中世ペストのような異常ともいえる衛生状態の悪い環境でも無い限り)
「重症率が高過ぎるから2類=大きな感染拡大には至らない」ためです。
何故って、宿主が他の感染者見つける(再生産)する前に重症化し亡くなってしまうからです。
(なので《パンデミックというより》無用な近親者などへの感染を防止するため早期隔離が有効)

こんな大流行できる感染症は=もう最初から2類じゃないんです。
(重症化率も低く、日本は感染者では無く”陽性者”で言えば95%以上だったかな?重症化もしませんので。)
 ↑
このような本来5類感染症を法的に2類に分類すると、
「アホみたいに医療崩壊するんです」
(うーんと、朝歯磨きしなかった子を全員歯医者に入院させると、確実に歯医者パンクしますよね?)
「そこは入院でも通院でも無く、自宅で歯を磨いてください」って、

ザックリ言えばそういうことです


●あと地元民じゃないのでアレなんですが(間違っていたらゴメンなさい)
私は維新支持者では無いので肩持つワケではありませんが、
都構想めぐる橋下(維新)と地元キー局MBS(バックに京大土木利権)の泥仕合は滅茶苦茶でしたので、地元局的にMB〇の報道は全く信頼できないレベルを”超える”異世界水準にあることも推定されます。
(あくまで関東目線の考えですが、、)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 04:08 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(以前のリクエスト記事でさん「去年のリクエストで」)

<後から3と4と末尾をちょっとだけ補足追記>

以前のリクエスト記事で
>ももちさんのことで思うことが。自称コミュ症の人は努力もせずに恋人や友達ができないからと不幸に浸ったり、遊んでる人達を妬むのでしょうか?横槍さんが仰るように努力して作れば良いだけの事だし。私の周りでも努力せずに意味不明な思考に逃げる人がいます。いや純粋に友達や恋人いて楽しいから遊んでるだけだし、某国のマスゲームなんかと全く違うんですけどww何でそんな発想になるのか?友達や恋人いる人への嫉みなんだろうけど、いずれにしても怖いです。マスゲームなんかと一緒にする思考大丈夫なんでしょうか?

まず何を言ってるのかよくわからないのですが、
1)コミュ障とか言われている人は「猛烈に努力するからコミュ障と呼ばれるんです」
何故って、
本来(あなたの言うような意味の)コミュニケーションは”必ずしも必要の無いこと”だからです。
(戦中の八紘一宇じゃあるまいし、)
同調圧力と”特定の社会への適応”は、見方変えなくても全体主義であり(典型は中国)、
日本の『共同幻想』社会とは、程度の問題で全体主義的では無いというワケじゃありません。
(なので絶賛崩壊中なワケで)
「同調圧力」の語彙は、「全体主義的って意味です」
(同調=没個性)

共産主義とはある意味キリスト教の一派のようなもので、
(米国の場合保守の基板は福音派ですね)
保守系共同体は(前述の程度の問題で実体は違いますが)全体主義・権威主義的傾向を持つのは事実です(イエスの言ったことを全員が好き勝手解釈していたら宗教として成立しない)


2)コミュニケーション論的に、リクエスト記事のももちさんと私は「完全にコミュにケーションに成功しており」、つまりももちさんは「コミュニケーションに何ら障害はありません」

3)あなたの(何を自己顕示したいのかよくわかりませんが)言っている話は
「野球部員が甲子園目指して練習に打ち込むのは本気だ」って部分の話で、
そら同じ共同体であれば当然の話です。
(同じ共同体なら盆踊りも楽しいでしょう)
しかし、
「帰宅部の生徒捕まえて、お前も練習しろ、野球部の練習できないで惨めだな」とか、
(仕事に疲れ帰宅中のサラリーマンをどこぞの地方グループが拉致して盆踊りに強制参加させたら?)
 ↑
これ”頭オカシイ”ですよね?
(勘違いしないように、あなたがそうだと言ってませんから。そういう構造的勘違いが以下4により起きるんです)

4)つまり全ての発端は、(コミュ障とか呼ばれる人の多数が)
「本来帰宅部なのに、(強迫的に)野球部の部室に出入りしてしまうことから始まります」
(ある種の錯誤行為です)
そら、あなたのような野球部のみなさんは「我野球部はー」ってことになりますが(”ももち!”お前は何やってんだと)、
ネタバレすると、ももちさんは何かの勘違い(強迫心理)で部室に出入りしているだけで、
実は帰宅部なんです。
(帰宅している筈なのに誰だか知らない体育会系から「声出せー」と言われ「どうしたらいいでしょう」みたいな、ちょっとにわかに信じがたい状態が発生していて《ところが人間の心理にはよくあること》)
そら(こんな見当違いな錯覚されると)双方行き違いやら関係がぎくしゃくしますよ。
(水泳部でも無いのに何か勘違いして、私服のままプール入っちゃうんだから)
怒れる体育会の心情も理解できます(ただ事の詳細は”そういう話じゃ無い”んです)。
 ↑
怒るのもごもっとも、
しかし実は当人にはこの共同体に参加意思は無く(たとえば大学院で研究するのが本意だとか)、
無意識下の強迫心理で→「間違って参加しなければいけないのかと強迫的に思ってしまっている」ワケで、
(そら自己責任と言えば自己責任→なので5なんです)
●言えばコミュニケーション障害などと言われる事案の大半は”勘違いを発端とする相性問題”です
(別に盆踊りで楽しい人や体育会系部活を批判したり否定しているのでは【ありません】)


5)で、ももちさんは特別何かを揶揄する目的は無く、
「自分があまりにも勘違いするものだから(物事を極端に見立てればわかりやすかろうと)」
(程度の問題を逆手にとって)
「同調圧力的な『共同幻想』社会を、共産主義独裁みたいに考えちゃってもいいのでしょうか」と尋ねているワケで(お前らは金正恩だなどと言ってませんから:むしろ逆で「志願者でも無いのに組織参加して見当違いの事案になっては盆踊りの事務局にも迷惑かかるじゃないですか?」→「いやいや踊りの努力をしてるんですか!」の状況では【無い】ワケで)、

そういうデフォルメで、強迫的な錯覚を抑制できるならいんじゃないの?ってことなんです。
頻繁に(実は帰宅部なのに)『共同幻想』などの誘い文句があると(所謂社会的キャッチコピーやメディアによるプロパガンダ)「ついそうなのかな」と思ってしまう強迫傾向があるためです。

→続きを読む

posted by kagewari at 04:06 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0