2021年04月02日

それこそ核武装論とか本格的憲法改正論議こそ”陰謀”じゃないかと思う

政治って心理学でしょ

あながち外れた論議では無いと思うんだ、
大きな理由は「保守派が『興奮』する象徴化された”ネタ”だから」だよ。
少数に過ぎない一派にできることは何?→妨害ぐらいなんだよ、
たとえば、現在の自民党にガチの保守派が多数いるかって?=否
(むしろ多数はハト派でしょ、「憲法改正や安全保障は票にならない」)

で、そこをおもんぱかってだ、安倍ちゃんが「当時は公明も飲める加憲改正」を提案した。
確かに憲法審査会だっけ?自民党の機関をすっとばしたトップダウンのイレギュラーなものなんだが、
これに待ってましたと石破君が反対したことがある(本格的な論議をお茶を濁す改正案でなんとかさ)。言うまでも無くハト派で親中の石破君は「安倍ちゃんの案だと間違って憲法改正成功するかもしれない」って危機感から、痛いところを突いたつもりで言ったんだけど、

憲法改正だけでなく、核武装論ってのもあるよね、
●俺は全く必要無いと思ってます
米ソ冷戦時代にも論議されてないんだぜ?
仮にこれにバランスさせるってさ、ロシア・中国・北朝鮮(+潜在的にK国)
「何発ありゃいいのさ」
しかもこれ戦術的に大事なとこだけど、
中国の解放軍は言うほど核重視では”無い”のだよ、
「中国共産党は歴史的に核を使えない兵器と考え、通常勢力の充実に努めてきた」
 ↑
むしろ、こういうことなのね、
それはさ「軍事力を使うつもりなので、使いやすい兵器を重視した」って話で、
「=だから彼らは軍事的圧力や軍事侵攻を捨てておらず、その行使において核の使用はオプションに無い」と考えるのが筋論、

国内世論の反発も押し切って無理くり核兵器作ったところで、
核のバランス?そういう話じゃ無いんだから、
先方が通常戦力で推してきた時にこっちが先制攻撃すんの?←できるわけないじゃん。
通常戦力での進行の抑止力となる?→なるワケ無いじゃん(その核をどこでどう使うのさ)
NK国は核を配備しているけど、何か通常戦力に対する抑止力になってるか?
米軍は堂々と「明日にでも攻撃開始の準備はできていると」公言してますが。
 ↑
こんな論議するよっか、「極少人数で運航できる最新型潜水艦の10隻でも配備すべきなのだよ」
(実は日本の潜水艦は《勿論戦略兵器は無いが》”対艦戦なら”世界最強)

不審船でも突撃した時、
(最近はやらないらしいけど)ドーンと浮上して見せてやるだけでも違うと思うぞ。

→続きを読む

posted by kagewari at 18:29 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0