2021年04月25日

世俗化『歩留まり』性が”現代日本の本質的傾向”を示している話

過去記事でも何度か説明してきましたが、
日本の近代『共同幻想』は嫡男の総取り家督相続をベースとしており、次男や長女以下はスペアだったり政略結婚のカードとしての意味ありつつも、農村などにおいては「長男の農奴扱い」だったりしました。「飢饉の時の口減らし」じゃないですが、
状況に応じ、男は丁稚奉公へ、女はいいとこの奉公人や(金に困れば)女衒に女郎として売り飛ばしました。
嫡男総取りってのは(これは現代の相続にも通じる話ですが)分家に次々切り分けたら先祖が命かけて開墾した土地がバラバラになり、スケールメリットを失うだけでなく「全員零細になる上に過当競争が起きるだけ」だからです。

その関係でー
江戸時代の上方や江戸には(悪く言えば)売り飛ばされやけのやんぱちな町民による文化が生まれます。江戸で言えば「宵越しの銭は持たネーぜ」なんてなサブカルが栄えた理由であり、
男女の人口比がめちゃくちゃであったため、ほとんどが結婚など想定しておらず、
(現代でそれを模倣したのがAKB)「吉原の花魁道中が大変なことになった」ワケ、
お伊勢参りんなんてイベントでも、当時のOLさんの女子旅行とは「宿場宿場で売春しつつ面白おかしく遊びに行く」って〜なワイルドなロードムービーみたいな代物でして、
歌舞伎であったり、芝居であったり、以後の大阪・東京の文化に連なっていきます。

確か、旗本退屈男だったかな?
時代劇にいいとこの生まれの武士なのに入れ墨いれたり遊び呆けている無頼キャラが登場するでしょ、彼らはだいたいが次男坊なんです。武家の次男坊は長男を立てるためにワザとバカな振りしたりグレて見せたりしたのね。そいいう文化がモデルになってる。


つまり、大阪も東京も「素性は巨大な『歩留まり』都市」であり、
勿論そこには(居心地もいいですから)『単独者』異邦人も集まった。
(新宿2丁目文化なんてのもその流れで見るとわかりやすいでしょ)

<ハイ、そこからの〜>

高度経済成長から始まる「都市一極集中経済」、
地方は都市の文明を模倣するようになり(ナントカ銀座なんてーのが日本国中となる)
【皮肉なことに都市文明(次男)が地方(長男)を上書きした】
江戸城には”お上”があらせられますから、
サブカル世俗化『歩留まり』皇国みたいなんが日本の本質的素性に切り替わったんです
(この”大返し”は社会学上のゲマインシャフトからゲゼルシャフト以上の転換となる)

■そして現代
外国人リレーコラム 孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」が高すぎる
https://www.newsweekjapan.jp/tokyoeye/2021/03/post-60.php

(newsweekのイラン人さんのコラムから大事なところ抜粋)
 私が日本人に対して持つ印象の中でトップ3に入るものの1つが、日本人は孤独を好み、孤独に強い、ということだ。仕事の後も休日も1人で過ごす人が多いことに驚く。1人暮らしでも用事がなければ親に電話もしないし、たまに電話しても長電話するでもない。1人で外食チェーンで食べたり、1人でデスクランチをしたり、1人で映画を見たり、1人旅をしたりする。
 人生の半分近くをイランで過ごした私には、いまだに受け入れ難いことである。もちろん日本人の中にも、群れるのが好き、家に1人でいられない、という人は多い。だが、そういう人の割合は、イラン人に比べて圧倒的に少ない。イラン人も1人で静かに過ごすことを好む人はいるが、大多数の人は、いつも誰かと一緒にいたい、一緒にいられないならば電話で話をしていたい、というメンタリティーの持ち主だ。

『歩留まり』ってのは「いつかは『単独者』」って人たちですから(笑
まだまだイランの方にはにわかに理解できないでしょう。
(日本だって戦後高度経済成長以前は”出稼ぎ”がもの凄い号泣悲劇扱いでした《今や笑い話です》→交通も整備された現在、”単身赴任”にそういうペシミスティックな印象は全くありません)
●【重要なことは】
外国人の目から見たとき「それが有意な”現代日本人を代表する特徴”だってことです」
(既にそれが多数派であるという【第三者からの指摘】)
 ↓
合わせて、前段流れから言えば「世俗化『歩留まり』性とは現代日本人の(その文化・伝統の変遷の中で獲得された)潜在的本質である」ということでしょうか。




posted by kagewari at 11:54 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第4ラウンド(Make America Great Again)「例の台湾青幇の件」

浙江財閥と青幇の件で深田萌絵氏が「台湾敵視ではありません」弁解していたりするんですが、
古く自民党の話から言えば、森元首相が若い頃国民党の蒋介石に会っていたり、
そもそも旧日本陸軍特務機関は何度も蒋介石との和平交渉をまとめかけていたりします。
敗戦後の流れでも、台湾軍の設立に際し旧日本陸軍出身者が”白団”という軍事顧問団を結成しこれを主導しています。

更に李登輝氏は内省人でありながら国民党で、、という流れありますから、
自民党に連なる親台派は、現在の蔡英文総統・民主進歩党系では”無い”部分があるワケで、
関東軍特務機関が上海で活動費を調達するためアヘンを売っていた当時から(事実上軍の特務機関であった後に電通となる一部門《里見機関》はこの業務を行っておりア〇ン王とも呼ばれている、勿論そこには岸信介も関わっている)、浙江財閥とは関係があるのであって、
極端に言えば「浙江財閥と国民党(及び外省人組織)は、共産党崩壊後に大陸に”凱旋”し、政権率いたらいいだろう」という暗黙の合意では無いけれど、
旧帝国陸軍繋がりで言えば「そこから先はお好きにどうぞ」な裏世界の話もあるワケで、
 ↑
勿論このアヘン販売の元締めは英国(及びF・ルーズベルト大統領”妻の実家”だったかな)
※電通関連に興味ある方は普通に公開情報ですから「”里見甫”のwiki」など参照ください

また、アヘン貿易についても現代的視点で”悪いこと”と捉えると違ってきますから、
当時は普通に民間でも覚せい剤や麻薬が買えちゃう時代でして(日本も不良高校生が濃度間違えたヒロポン打って死んじゃうとかよくある話だったり)、米国でも「コカインとコーラの実(カフェイン)で、コカ・コーラー!」なんて普通に飲んでいた時代(勿論その後批判もされコカインは抜かれました)、ヨーロッパなどでも鎮痛剤的にコカイン常飲されていたりします。
「そんな時代の話」ですから、

■勿論、深田萌絵氏の浙江財閥ガーもわかるんですが、
「いや、わかってやっているだろう」と(その筋も、今そのトップが”岸防衛相”なんだしさ)
現在野党の国民党が(特に馬英九政権時)共産党に傾斜したってのありますが、
元々辛亥革命以来、国民党と共産党は組んでいた時代もあるってか、昔仲間だったのであり(その後裏切りと内戦)騙し合いというか単に国民党が中国共産党シンパになるって単純な話とは思えない。

かといってそこまで言えば国民党には正当性が無いなんて話に及び、
ひいては台湾独立は蔡英文総統・民主進歩党系に限った話で(実際そうなんだけど「国民党は自身を正当な中国政府とする”ひとつの中国観”を持ってる」)、
台湾支援なんて言えなくなってしまうでしょ、

→続きを読む

posted by kagewari at 02:11 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月23日

イーロンマスクが衛星ネットのプロバイダーを始めるんだってさ

Harano Times さん報じる
2/2 スターリンク計画は、Cの過剰な5G投資を財政の負担にしてしまう可能性、世界が感じていたCの5Gでの拡張の局面はこの数年で変わるかもしれない


これさ、日本のADSL回線完全終了と同じぐらいのタイミングだね、
日本での運用開始はどうなってんのかな、

古い報道発見、これか
スペースX、スターリンク通信網を年内に日本でサービス提供へ 3回目の衛星打ち上げ成功
https://news.yahoo.co.jp/byline/akiyamaayano/20200107-00157996/

 ↑
当時から計画が遅れて、今のとこ2022かな?って話のようだ。

衛星を使ったネット通信は、そら20年選手越えのモバイラとしては、
そうだね、15年16年前から思ってたことだけど、
「ようやくか」
これを補助するデカイアンテナの基地局みたいなのがあると便利なのか、
これをバックボーンとして既存のwifiに繋ぐととかもアリなのか、今後の展開はわからないが、
仮に衛星から一発で通信できると、これ自動運転に使えるかもしれない。
 ↓
だ か ら イーロンマスクがやってんだろ

(ちなみに5Gはアンテナ基地局切り替えが4Gより頻繁で、このタイムラグにより自動運転には全く使えないと言われている。←その筋では常識ね、)
最近の”敵か味方かわからない”イーロンマスクの動きの真意はここか、

→続きを読む

posted by kagewari at 16:27 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月22日

なんか、2chで某北海道の胸糞悪いイジメ事件が炎上しているらしいが

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)



思うんだけどさ、
シングルマザー専門のボディーガードっての?
刑務所の元受刑者とか、ヤクザの看板下した元団員さんとか(ほんとに食えなくてカタギのシノギを上納するに至るから廃業する方もいらっしゃるらしい)、シングルマザー一人あたり1万15人担当で飯食えるじゃん。
(その1万は母子手当かさ上げしてあげたらいい)
『荒事担当の相談役』みたいな商売初めてくれないかしら、

■元警察特殊法人なんかをトップに積極的にマネージメントして(元受刑者の社会更生に繋がるじゃん)、”高倉”みたいなんを”見守り役”につけてあげたらいんだよ。
ボランティアみたいな”正義の用心棒”ってポジションは元任侠の冥利に尽きることでもある、
(篠原さんのこと考えれば、あえて左翼対策として公安監視対象だった”元共産党用心棒”ってのもいいかもしれない)

クソみたいな左翼系モンペ系PTAとかよ、無責任極まりない日教組系学校・教師とか(こういう左翼ゴロには理屈は通用しない)、
「オドレ何しとんか、ちょっとお話聞かせてくれませんか」と伺うだけでも違ってくる。
 ↑
何それ思う方いるかもだけど、
近現代では保守系政治家のタニマチ右翼のフィクサーなんかが配下に●暴を従えていて、左翼のデモ隊に(機動隊が行く前)カチコミかけるとか普通だった、
※香港デモでもこれを”真似して”中国共産党が雇ったヤクザ者が民主化デモ隊にカチコミかけるって「いったい何が始まったんです?」ってパロディみたいなもことも起きている。


あのさ、
現代においてシングルマザーは”国の宝”だからね、
暴力的ケツ持ちがいないからって、そこに付け込んでくる奴とか、子供イジメにかかるとかよ、
(これまた状況からエスケープする方法教える行政官も足りない)
吐き気がする、

→続きを読む

posted by kagewari at 13:32 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月21日

マクロ経済とミクロ経済(少子高齢化問題にあてこんでみる)

非婚・晩婚化(不妊治療増)の流れに対してよく聞く話が
「このままいけば人口減で日本が滅びる」ってありますが、
この人口動態ってのは経済でいえば”マクロ”です、
政治家や経済評論家ならいざ知らず(個人でも政治論ならわかりますが)
個人がどうこうする部分で指標になるものではありません。

全く無いってことでは無いが、
喫茶店でも開業しようかって時に「今年度の失業率が何%だから、メニューはこうしよう」なんて話を聞いたことがありませんよね。
少子高齢化でも同じことで(何度も言いますが”国の政策を語ると時は別ですよ”)、
日本の将来がどうこうってところより、
現在社会で進行中の現象のが優位な情報になります。
(参考にすべきは「非婚・晩婚」の状況です←船にたとえれば”風向き”ですよ。現在進行形の航海に必要な情報は地球温暖化の話じゃないでしょ。)

民間世論調査だったと思いますが、
「大学生の6割に現在恋人というような友人はおらず、4割近くが恋愛経験も無い」
(確か東京では男性の4割近くに生涯未婚の可能性だったかな?←ちなみにこれは人口比に大きな問題のあった江戸時代と似たような話です《江戸時代のが結婚は絶望的だったかな?》。)
『共同演奏』崩壊プロセスの中で、社会的インセンティブによらない動機形成を模索する時代に突入しており、
すべからく「東京で暮らす」ということがサブカル上何を意味するのか、今後も派生するものが出てくるのだろうと思います。
少子化対策を否定はしませんが、本質的には”文化勝負”なのだろうと思ってます。

ま、個人レベルで「やれ日本が滅びるからなんだかんだ」なんざ論議は、
(それはフェイクニュースみたいなものだ)
「知ったことでは無いww」って話です。
※事実、海外のリアクション動画で発見しましたが『進撃の巨人』がキッカケで猛烈に日本語の勉強して今年来日予定のドイツ人青年がいましたよ


<<ちなみにですが>>
冒頭の「少子高齢化で国が滅びる」についても書いておきますが、
日本の場合は”あり得ない”です。
(これは中国のような政策上の間違いや、政治状況が絶望的過ぎるK国などとは事情が違い、日本の場合”先進国における素の自然現象”として起きてますから。)
『単独者』ネットワーク社会は、ある意味思想運動やサブカルムーブメントに類似します。
中国の諸子百家だとか、自由と最先端を求め「ウィーン→パリ→NY→TOKYO」と人が集まってくる動態のことです。
●「日本は人口減ですが、東京の人口は増えている」《終わり》
(そんなことを言ったら地方はどうなる?)
はい、そのとおり
■この話を正確に言えば「少子高齢化で地方の過疎化が促進する」って事です
(日本が人口減でどうにかなるって平均的現象ではない:都心の人口は増えてますから)
さらに、最先端都市としてTOKYOには海外からも『単独者』達が自由を求め集まってきます。
(すわ外国人と危惧される保守派もいらっしゃるでしょうが、海外の『単独者』ですからね《政府施策の職業研修生なる「奴隷かっ!」でダメ政策の話ではありません》、=自国の『共同幻想』を持ち込みませんので、日本文化への親和性での移民なので何ら問題ありません。また、某国の浸透国策の話でもありません《こういう話はビザ厳格化でいつでもストップできます》)

→続きを読む

posted by kagewari at 20:04 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第4ラウンド(Make America Great Again)「習近平もうひとつの狙い」

ネット界隈回っている人はご存じだと思います「深田萌絵氏」
この人物も何をどこまで考えているのかわからない部分もあるのですが、
”もぎせか”が紹介するほどに「台湾の浙江財閥と青幇(そしてTSMC)」をめぐる(外省人であり国民党)話を特集するほどに至る事情を説明した貢献は大きいです。

上記に出てくる”幇”とは「経済マフィア」みたいな存在で、
某4流大学出身者としては、北東アジア研究の講座だったかな(そっち方面に明るい大学だったので)講師か教授だったか忘れましたが、
「日本のビジネスマン、とりわけ商社なんかだと中国のどこそこで商売するなら”何幇に話を通さなければ進まない”とか常識なってます」などと語られる”結社”のことです。

青幇とは(もぎせかによると)港湾同労者組織に始まり、のちに上海香港におけるアヘン貿易に関与していた浙江財閥の〇暴担当みたいなものであり、
近代では共産党と戦っていたのですが、国民党蒋介石の台湾逃亡と同時に(ケツ持ちだったので)台湾経済界を牛耳る存在になります。
中国の同様組織の特徴に分家のような形で(ここがユダヤと似ている)一定勢力を本国にも潜伏させます。つまり、江沢民派の上海閥とチャンネルがあるワケです。
 ↑
そこで深田萌絵氏は台湾だからといぅて一方的に支援するのは危ないろ力説しているワケ

ただし、台湾派としては国策としてのTSMC支援には(内省人ながら国民党に入党した)李登輝さんの影響も大きく、一概にやれ浙江財閥の(中国共産党と二股だのように)支配下にあるとは言い切れないという意見もあり、
ジャーナリストの山口さん情報から考えれば
「陰謀セクターとしては、台湾では無くCA州SFでしょ(浙江財閥的にも)」という見方もある。

●「台湾警戒論をやろうってのではありません」
そんな上記を踏まえた上で以下が考えられるってこと、

香港討伐含め、”中南海”習近平の北京政府は上海閥江沢民派と対立しており、
外交的にも現在進めている強硬路線や、アリババ分割かって共産党乗っ取りの動きも
「敵である上海閥潰しです」
深田萌絵氏の考えていることは、習近平の北京政府も思ってるワケですよ。
上海閥を叩くには、外部に温存されている台湾の浙江財閥を叩かなければ決着がつかない。
 ↓
だから台湾侵攻なんです(上海閥と決着付けるため)、

あれれ?だとしたら?
”中南海”習近平は、民主進歩党現政権「蔡英文総統」を応援すればいんじゃねと思うかもなんですが、ここが複雑なんだわ、、
選挙では”中南海”習近平は国民党を応援しており(浙江財閥もろとも支配下にと考えているのかな)、民主進歩党現政権も結局青幇などに脅された傀儡と見ているんですよ。
だからワケわからなくなるんだわ、

→続きを読む

posted by kagewari at 16:12 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月20日

「面白い」とモチベーション

難題ですよ
言葉の選択として正しいのかもよくわかたらないので、試論かな、
これ、どういう説明のが妥当なんスかね、、、俺にもよくわからない。

「面白さが違う」って言葉もありますよね、
「あなた、それの一体何が面白いの?」だとか、
「いやぁ、この面白さは(ほかの人には)わからんだろうな」とか、
 ↑
これが説明できたら解決じゃないのかしら?

■「面白さが違う」って何か?
これまたクソ抽象的表現になりますが、
(「違いのわかる珈琲」とかもアレなんだよな、、)
「想像力を刺激される」ってありますね、
=それは「ははーなるほど、ここがこうなって、こうなっているワケか(キラッ」

●「なんだかわからないこと(漠然とした不安)」が一歩間違えば(ストレスやイライラがそうさせるのか)「強迫心理」形成の原因になることは何度か説明してきました。
(※切れて「〇〇に決まってる、そうに違いない」を噛ませてしまう)
その反対は、”ネタばれ”ですね、
推理小説で一番面白いのは、最後の犯人を特定するどんでん返しなどです。
「何々の面白さを再発見」なんて言葉もありますが、
これ文法的には二重表現なんだと思います。

「新しい理解や発見がある時、人は面白いと感じる」のです。
その反対に、
「なんだかわからないことに、理解が及ばない時、人は「強迫心理」にのまれる」
だとすると?
「面白い」とは(抗う)自由(拡大や進行)に関係しており、
『抗う(あらがう)』ってのは”自由の現在進行形みたいなもの”です」
=「自由を楽しんでいる様こそが”面白い”」のだと、

そのまま逆をあてこんでいくと、
「強迫心理とは(被る)抑圧(内向や退行)に関係しており、
『被る(こうむる)』ってのは”不自由な行為を強要されている様である”」
=「自由な判断を奪われ固定観念に縛られる」のだと、

●だから、面白いが多い人は(=抗うに繋がるので)
無限にモチベーションのカードを切り動機形成が可能である。
(やろうと思っていることが多過ぎて”常に忙しい”)
また、『共同幻想』インセンティブとは”面白いを金で買うようなもの”なので有限的である。
(貧乏なんだよと設定しておいて、金で釣るが正しいかな?)

→続きを読む

posted by kagewari at 12:42 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これは由々しき事態(皇室関係KomuroK問題)


このネタはブログでも躊躇せざるを得ないとこあるので、
アウトラインは篠原氏の動画で確認いただきたい



(どこかの箇所で篠原氏「詐欺にひっかかるなど」言ってちゃってます)
所謂英王室におけるメーガン妃問題と同じことが起きようとしている

動画中で新原氏は「これは止めなければ」的な話に及んでいるが、
あくまで勘ですが、
止められないだろうと思うんだよ(流れ的に)

そして(A宮的には)必殺「家として離脱する」しか手が無いのではないか、
我意を得たりで「結婚!結婚!」と騒いでいる左翼メディアの狙いもそこかな、
(定期的に行われているA宮バッシング的報道も含め「そして女系天皇に道をつけようと」←これが目的だろ)


さて、俺はそんな左翼メディアの思い描くようにならないと思う、
(女性天皇はあり得ると思う、そこからの)
旧宮家復活の皇位継承が模索されるのではないか。

個人的にお前はどうなんだと聞かれると、
俺は「自称保守リベラル・リアリスト」のつもりなので、
皇室に向ける心情は所謂右派の方とは違うんだけれど、
以下のように思っている
「皇室はまさに日本の象徴として、『共同幻想』の崩壊、晩婚からの不妊治療、様々のメンタル問題、引きこもり他、国民が今直面するあらゆる問題を自ら体現され象徴となっておられる、そこに今回の問題も含まれており、その災禍を前に避けること無く対峙され、日本人の在り方というものを行いによりお示しになっておられる」「これからの日本はいかにあるべきかを(自らお示しになると同時に)問いかけている」
 ↑
試されているのは、皇室では無く我々日本人だ、

反天皇を裏の目的とし画策する左翼メディアには厳しく批判の目を向けなければならない
(コイツ等だけは許せん)



posted by kagewari at 09:01 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0