2021年03月14日

第4ラウンド(Make America Great Again)「クアッドって大英帝国だよね」

始まりは安倍ちゃんの「太平洋セキュリティダイヤモンド構想」だが、
インド・豪州・日本・米国←これ全部英国宗主国だったり元同盟国
米国が世界の警察をもうやめると宣言したので、
これを補完するため、集団的安全保障体制による大英帝国を復活させた。
真打は勿論クアッドへの英国の参加だ、

ここんとこ同カテゴリ記事で、英王室ブチ切れ「ケジメ取るまで許さん」モードでああること説明してきたけれど、安倍ちゃんが主導してきた一連の動きはアメリカ以前の英帝国を模倣する安全保障体制だったのだろうと思う(英国登場まで日本が代理で主導しますよと)。

もうガチです
英、核兵器増強方針か 「保有上限引き上げ」と報道
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021031400003&g=int


ご存じ大EUは事実上「独逸第4帝国」だよね、
米国は「もう帝国やめる宣言」、
中華は帝国的覇権を目指しはじめ、
ロシアは「貧乏でもユーラシア帝国構想」をもっている(チャイナの一帯一路と対立)、
 ↓
この時、ちょうどよく英国のブレグジットである。
「太平洋セキュリティダイヤモンド構想」が急速に現実味を帯びたキッカケはブレグジットだったのではないかしらね。
「あーそういえばそうだね、みんなで大英帝国艦隊復活といきますか」

※同時並行で日本の5アイズ入りの観測気球が飛ばされてる意味も納得
※安倍政権は官邸にかなり高度なインテリジェンス機能を有していたと思うんだけれど、ネタ元は英国のMI6だったんじゃネーか?
※前から希望的観測としての噂みたいな話あったんだよね「日英同盟の復活」
※官邸主導でいずも軽空母とF35Bが(防衛省寝耳に水で)決まったのもさ、あーそう言えば空母クイーンエリザベスもF35Bだったねって(英国は艦載機を購入せず有事に米海兵隊からレンタルだったかな、なかそんな感じの運用するんだよね)、これで補給含めて連携しやすい。


●最初は不思議だった、
確かに香港は大事だけれど「英国は何を息巻いて空母クイーンエリザベスを派遣するんだ?」
これが新生ナンチャッテ大英帝国クアッド艦隊の旗艦なんでしょ(笑
「阿片戦争を忘れたかゴラァ!!」←、、いやいや阿片戦争は自慢にならんだろ、、

二階さんを親中派と言うなら、
麻生・安倍は親英派かもしれない、
安倍政権が造った仕組みは戦後日本の米国従属主義とは違ったからね。
(今さ、やたら英アストラゼネカのワクチンがディスられてんじゃん。誰がシナリオ書いてるのかなって、説明するまでも無いw)
あーあーあー、だから慌てて独逸とフランスも軍艦押し出してきたワケだ、←何しにきてんだと更に不思議だったんだけど、クアッドを大英帝国復活と考えりゃなーんとなくわかるわ。
(みなさん日清戦争前夜と勘違いしてないか?)

→続きを読む

posted by kagewari at 17:17 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0