2021年02月24日

逆もまた真なり”インセンティブ論”「なびくと何故か『共同幻想』化する心理」


「金によって人生狂わされた」な〜んて台詞がありますね
 ↑
さてこの現象を説明してみよってワケです(ある意味「現代の堕ちた左翼論」になると思う)
●プリン10倍返し法則の項で詳しく書きましたが
合理性を超える欲求ネタで『興奮』獲得し出すと(もう『興奮』のための『興奮』であり)動機の合理性も快感なのか不快感なのかの区別も「どうでもよくなる」のが人類ヒト科の心理です(度が過ぎると脳内麻薬の『興奮』中毒になる)。

なんか見えてきませんか?
昭和まで保守系に存在していた談合利権体質、
いかにも体育会系『共同幻想』に見えますが、
「これは『共同幻想』が最初だったのでしょうか?インセンティブが最初だったのだろうか?」
素朴に考えると、これがよくわからない。

こんな台詞にも覚えありませんか?(真面目な役人で賄賂を断る人物を取り込む台詞)
「行きつけの飲み屋にお気に入りの女の娘がいるらしいじゃないか」(金がダメなら、、)
更に?
「タダより高くつくものはない」だとか、
米国警察不正モノ定番「賄賂をもらったその瞬間から”悪者軍団を守る側”となる」
 ↑
インセンティブ効いちゃうと(利益誘導に転んじゃうと)→自動的に『共同幻想』構成員にされ
自らもその『共同幻想』を進んで守る側の人間に堕とされてしまう。


●世の中には「飴と鞭の法則」なんて言葉もありますが、
あーたね、存外に鞭より飴の方が怖いんだわww
 ↓
そして一番恐ろしいのは”インセンティブ”だから「実需超えてるから(本当にそれ必用かって余剰利益で釣ってるから)」→過剰 だ か ら 効く(中毒性を誘発できる)んだよ
(「なあ実はあんたも”プリン10倍”、反応しちゃう口なんだろ?」)
 ↑
思いついた方いるでしょ→「中国共産党の工作員仲間作り」
カネの配り方がえげつないと、いーっぱい仲間ができるんです(笑
そして
「警察官と賄賂」みたいな構造が、左翼インテリ界隈に蔓延しており、
(昭和の頃には”そんな人じゃなかった筈だ”な左翼陣営が)
『共同幻想』崩壊時代に歩調を合わせ、イデオロギー崩壊世俗化するかと思いきや?
 ↓
組織犯罪異能集団みたいな、ド・『共同幻想』へ逆回転(『退行化』)カルト化しとんです。


 「なんじゃこりゃ」と、

→続きを読む

posted by kagewari at 19:28 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0