2021年02月20日

ネタバレ崩壊とノスタルジー聖域のナンチャラを復習しておきますか、

ネタバレ崩壊したほうがよさそうのは「黒歴史」
ノスタルジー聖域もいいかなってのは「珍しく登場した『自意識』マターの記憶」
【というか後者は”確信犯的記憶”なのでネタバレする余地がない:崩壊しない】
 ↑
ざっとこんな分類だよ、
前者ってのはさ”いわば俺じゃないから”的言い逃れしたい気持ち120%でしょ
(あの時は誤解してたんだってみたいな、あれは勘違いなんだからねみたいな、ホルモンの関係で自己愛が変なことになっていたなどなど)

後者ってのは「その時から存在していた”中の人”『自意識』マターの歴史」
こいつは(確信犯的保守論じゃないけれど)自分史というか”今に至る経緯”であり、”考え方の変遷”だから大事でしょ。→そもそもあーた「ノスタルジー聖域」=保守ってことだから、
だって、これ忘れるとさ、
「いやいや、新しい考えとかお前、同じ事10年前ににも言ってたぞ」←これ頻発するじゃんww
てか、確信犯的記憶なので、ネタバレも何もバレバレなのでネタバレ崩壊もしないのだよ。


●子供時代の『自意識』マターを定義するのは難しい一面あると思うけど
そもそも恒常的に強迫的心理状態(”社会的子供差別R指定”や”家幻想”などの枷のこと)にある子供でも、ふとしたきっかけで「うっかりそれが外れ(空気などもまったく読む必要も無く・同調圧力も意識せず)自由に本音を言ってしまった場面」のような解釈でいいかな。


<これまたお叱り受けそうな表現になるけども>

映画には『刑務所脱獄もの』ってジャンルがあるじゃんか、
だいたいそんな映画にも(主人公は日常的にひどい目にあっているのだが)あらゆる監視から偶然逃れるふとした休み時間のようなスポットで、主人公が素顔を見せる一瞬のシーンとかあるでしょ。
 ↑
こういうのは「保守するのがベターなエピソード」ではなかろうかと、
(子供の事例で言えば「その時は一瞬自分が子供であることも忘れていた」的な、)


すべからく、
何らかの圧力でえらいことになって、ワケのわからない騒動がどうとか、
そういうネタ【主として未確定事項】は反対に「ネタバレすべき事項」となる。
 ↑
なんかネタバレすると忘れることみたいに勘違いしてる人いるかもだが、
チゲーからな(エピソード記憶を解除するだけだから)
ネタバレ崩壊とは、「またやらかしたな」という上書きアップデート処理するってことなんで
類似する上書きアップデート処理が何度も重複していけば(フォルダ構成も変わり)、
個別のエピソード記憶では無いが、「教訓としての(概念それ自体の)エピソード記憶」になるからね。
(「俺はそういうことをよくやらかんすんだわ」と、)
ネタバレ処理後、エピソード記憶ほど速攻再現できる領域には無いが、教訓ネタフラグ(よくやらかす失敗)を一段踏むことで(連想)その下のツリーに並んでるから、
処理後も記憶を呼び出すことはできる。

→続きを読む

posted by kagewari at 17:28 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0