2021年02月19日

「エピソード記憶」と連想の仕組みがイマイチな方へ

わかりやすく言えば、
・セブンの総菜コーナーで廉価なケーキを買って
「けっこう美味しかったね」←商品名すら記憶できない(これはフラッシュメモリー)

・子供時代の何回目だかの誕生日、母の説得を無視して意地を張ってとっちめてやろうと起きていたのだが、間に合わず深夜(翌日)に帰宅した父がすまなさそうに手渡してくれた「〇×▽◇のこじんまりした〇〇ケーキ」が衝撃的に美味しくて、
「私は二度と忘れることは無いだろう」と思った←これが「エピソード記憶」

前者は(1週間は記憶維持されるので)
「数日後、セブンで”これ美味しかったね”と思い出し、また購入した」←ぐらいだが、

後者は(なかば永久に記憶保持されるので)
こういうシーンとして表面化する(はい上記人物が今大人になり子供もいるとする)
ある日今日の食材の帰り道で、改装中だったダメパン屋が「〇×▽◇のケーキ屋さんになっていた」
何事か言いながら手を引く子供が泣き叫んでいるようだったが、まったく耳に入らず、
私はその新装ケーキ屋さんの前に立ち止まっていた。←これがエピソード記憶”まずベタ連想な”


<<<勿論心理学的テーマになるのは後者現象の派生やバリエーションとなる>>>

・OLになって間もないころ、女子会友人の〇子が彼氏から「〇×▽◇のケーキ」を貰ったというのだが、何があったの知らないが〇子はそれを酷評しており、→その日私は〇子と絶交することを決めた

・いつの話だっただろうか、よく覚えてないが、関係悪化がすこぶる捗っている〇〇部長がある日「昨日は言い過ぎたすまなかったね、これ取引先の〇〇さんからだって」と渡されたスイーツの味が、僅かに「〇×▽◇のケーキ」と似た味がした。今私が〇〇部長の愛人になったのはアレがきっかけだったのかもしれない。


●などなどですね、「エピソード記憶」とは、その後の「快感代謝」や『興奮』に関連する<ひな形>みたいな機能をするワケ(超ダイレクトな事例としては”パブロフのイヌ”で想像してくれたまへ)
 ↑
連想ってのは「関連フラグ」がそのトリガーを引く仕組みだよね、
過去の記憶から「ナントカ・カード」を召喚して、当時と相似する『興奮』体験が再現されるモデルです。

同様にこの現象と、「PTSDとフラッシュバック」を重ねて考えれば、
よく似ていることが、そう難しく考える事も無く誰にでもわかると思う。
(なんかね、あんまり言いたが無いが、ユングはこの現象をやれ原型だ宗教的象徴だみたいなオカルトに流れちゃって《曼荼羅まで登場する始末》「お前は何をやってんのバカなの」状態に陥っていく、、)


<<<ネタバレの仕組み(これあくまでお話だからね)>>>>

以下は極端などんでん返しで話をわかりやすくしているが、
「子供の見た公園は実物より広く認知される法則(大人で行ってみたら狭くてビックリ法則)」
上記に代表されるように、
子供時代の記憶は普遍的に・確実に「盛られて偏向している」
ネタバレされない子供時代の記憶は無いと思っていただいても構わない。
(自らノスタルジー聖域として保護対象とする場合を例外に)
しつこく繰り返しますが、ガキってのはさ、
「サンタクロース信じてたり、着ぐるみ戦隊モノで大興奮するほどリアリティーの無い人達」です

と、そんなことはともかく
「そのネタバレ現象とはいかなるものか言うと、」

→続きを読む

posted by kagewari at 16:47 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0