2021年02月13日

「エピソード記憶を疑え」(それは本当の過去だろうか)ノスタルジア(3)

どっかの映画のタイトルっぽいのでカッコつけて「ノスタルジア」としてみましたが
ここんとこの原稿文中に登場した「ノスタルジー聖域」のことです。
曰く「大事な思い出」などと呼ばれるネタバレを禁じて聖域化されたエピソード記憶のことです。
(通常これは「いい思い出」だから聖域化される←「強迫心理」系の場合はその逆なんだが、、)

これってね、「賢者モード」と関係あると俺は思っていて、
基本子供は無知でバカなんだけれど、子供時代ってのは「実はサブカル拡張も凄く捗る時期」でもあるんだわ(代表的に語られるのが「秘密基地」)、
『単独者』的いな【意味では無く】→生理的物理的にバカなんだけれど、
子供にとってのそのバカは=まだ『共同幻想』の常識に獲りこまれる前だろ?

どこかに、ふとしたところに、
その後抑圧されるだろう『自意識』の自由な姿が現れる瞬間があるってのかな、
「あーこの時に俺はガチ『自意識』マター全開だったんだよ」って、
●『単独者』の場合、常時『自意識』は自由なのでその子供時代を特別視することは無いんだけれど、所謂その後常識人として『自意識』を抑圧し、『共同幻想』に獲りこまれて社会適応系の大人になる個人にとっては、「自分がまだ抑圧される前の大事な思い出」になるのだよ。
ド・パーソナルなエピソード記憶として(自分がまだ自我の全面に自由に出入りできた時代の記憶) 

冒頭記載のとおりで、
これって通常「いい思い出」だから大事に聖域化されんだけどさ、
(前述の「この世界にまだ僕がいた時代の話」的に)
エピソード記憶となれた理由は『興奮』と結合しているからだよね。
(もちのろんで、エピソード記憶には「悪い物食べてお腹壊した的な」教訓記憶もある)
凄く不快だったり大きな不安を伴う『興奮』と結合した記憶もエピソード化される。
(エピソード化まではいかなくても、1週間程度だけのフラッシュ直観像程度なら映画『エスクソシスト』観てこわーいとか、これ誰でも経験あると思う。)
通常これは、「子供のころはかくかくしかじかが怖かったっけ」などのように(戦争の記憶みたいに社会的意味のあるものは解体では無くアーカイブ化《解釈の後に固定観念化》だけどさ)思春期『反抗期』前後にだいたいはネタバレ崩壊する。←大人としての(インセンティブ動機形成)行動にとって邪魔だからだ、 ↓
ベタな事例で言えば「子供時代にはお化けが出るとかで怖かった、なんとかトンネルを大人になっても怖いとか言ってたらタクシー運転手なんてできないからよ」みたいなね。


■説明しなくてもわかると思うけど
直前原稿と被っちゃうんだが、「強迫心理」の元ネタとなる不快エピソード記憶は、好き好んでノスタルジアとして温存されるのでは無くして、エディプスのハードルによって思春期『反抗期』ではロールオーバーできずに、残っちまってるものなんだわ。
(大人の僕でも超えられなかった壁みたいなもんってこと)
 ↑
これがまた文字面は「不快エピソード」なんて書いているけど(そこはわかりやすくする意味で)
漠然と『興奮』とは快か不快かってさ、
快とも不快とも明快に区切れないから(割り切れないから)『興奮』って言葉があるワケで、
時にルサンチマンなんて言葉もあるけれど、『〇×▽◇!!』とか本人も表現に困るない交ぜの”何か”であることのが多いのではないかと思う。
 ↓
なんとわなしにノスタルジアと同じフォルダに入って大事にされてしまうことがある
(これも一種のフェイクじゃないのかしら)

心理分析的には、そんなところではないかと思っているんだけどね。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 15:05 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第4ラウンド(Make America Great Again)「コロナ戦」

ジャーナリスト山口敬之氏が面白い事を言っていた、
「ファイザーですか?95%の効果があるってワクチンを仮に全米で接種完了したらどうなか。現在の日本の水準になるだけなんですw」←これどうするのって、
ええ、入国規制ってささ、、、
そもそも日本の新型コロナ感染なんて例年のインフル以下だったという落ちなんだが、


●民主党のバイデン選対が力入れてたのが「トランプのコロナ対応叩き」だったが
就任直後の「俺には何もできない」ぶっ飛び発言に続き(この段階で公約違反)、
「バイデンのマスク配布」という噂も耳にするなかで、
保守派を中心にワクチン接種を忌避する世論が広がっている。
うーん、このままいくと、本当に何もできないのかもしれない。

前記事で書いた「NY州知事選にトランプJr.出馬の可能性」ってのもさ、
現知事のクオモが特にNY市で感染被害を拡大させ被害出しまくっているからなんだが、
(一部にはワザとじゃね?って見方もある→トランプのせいにして郵便投票を増やすため)
完全にブーメランになるよね、
対立候補は「民主党こそ被害を拡大させた」の主張するだろうから、
同時に「根拠の無いロックダウン」も演説の要点になるだろう。
(ロックダウンは目先の抑制に効果はあるが、集団免疫に反するためリバウンドがデカい)

ま〜左翼メディア的には、「ワクチン信じない国民が悪い」と言うしかないのだろうけれど、
(困ったことに、日本でもそうであるように意識高い系左派って元々いろんなワクチンに反対する運動してきた経緯があるので、これどうなんだろう、、)


●「そこで思うんだわ」
民主党のことだから、中国と口裏合わせてWHOを動かして、
「国としての、陽性者や死者の100万人当たりの数値で、”感染が抑制されている基準”が発表されるのではないかと」思うんですよ、
ええ、米国民主党の都合に合わせた”甘めの数値”で、
 ↑
これ発表されると、日本は「一度も流行したことすらない国」になるのでは?

→続きを読む

posted by kagewari at 00:20 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0