2021年02月11日

「エピソード記憶を疑え」(それは本当の過去だろうか)トラウマ論(1)

『話を盛る心理』シリーズ読んだ方なら思いつくことだと思う。
所詮子供時代の”盛られた”記憶であること(子供時代に遊んだ公園が大人になって訪れると驚くほど狭かったりするあのギャップ)、
しかも子供特有の普遍的エディプスコンプレック下の記憶であること、
(ヒーロー戦隊ものをマジに《子供達がそれを事実だと認識しているとは思わないが》存在すると思ってしまうほどの現実リテラシーな人達ですよ?サンタクロース信じてる話もしかり、)

■サイドバー推薦図書のサリンジャーのライ麦しかりだが(さしずめ米国の太宰「人間失格」)
この辺の物語って、実は全ての人類で多かれ少なかれ可能なんだと思うんですよ(ディテールまで覚えているか否か程度の差=エピソード化の差)。
子供時代の記憶を振り返り、大人の自分がネタバレ回顧するってそういうことだからだ。
「人類すべての人に黒歴史アリ」

●感受性の高い子供をどう人格分析するのかって(俺は児童心理専門じゃないので推論だが)
「”盛る能力の高さ”=自由=潜在的『共同幻想』非適応個性派」
となる、
事象に対する『興奮』レベルの高さが、多数のエピソード記憶を内包することになる。
そんな人物なら、「俺のライ麦畑、俺の人間失格」書けると思うのですよ。

子供時代のエピソード記憶とはかなりの部分が”フェイクニュース”である

(※通常これは思春期『反抗期』により《ノスタルジー聖域事項以外は》上書きアップデートされる《単純に言えばスーパーマンイメージだった父親が”どこにでもいるオッサン”に還元されるなど》。しかしエディプス・コンプレックスなどで上書きする対象のハードルがレバレッジで上昇しており、思春期のパワーでは不足して《ロールオーバーできず》上書きされずに残存した時、それは『退行化』フラグになる。)


<<<ちょっと考え方を整理してみる>>>

PTSDにおけるトラウマ論だ
本人がトラウマとして苦しんでいる事実は事実だ、
問題は事実認定をめぐる”印象”など操作可能なイメージだよ。
(特にPTSDなどの場合ショッキング性《=興奮値》により認定事象が”イメージとして盛られる”ことが避けられない→「衝撃の体験」とは、仮に事前に起こり得るおとを知っていた場合認識は変わるのだから。←後から振り返り追認する時には《ネタバレしているのだから》事象のイメージは自ずと変化する。)
 ↓
PTSDめぐる問題解決としても、その時に立ち戻り(それはもう終わった過去であり、何があったのかを具体的に振り返り)「事実を事実の枠内に還元すること」に尽きるわけで、
(故に当時のことが《衝撃が強すぎるなどの事情で》”話せないという状況”がリスクとなる。→「淡々と話せる=ネタバレ崩壊」だからだ。)
口にできないという状況は、
「無意識下でその記憶が”盛られる形で”(あたかも現在進行形のように)炎上し続けている」
ことを意味する(フラッシュバックが起きる原理も理解いただけるだろう)。

これは、「強迫心理」下におけるネタ元となるエピソード記憶と、カウンセリングなどによる寛解(かんかい)にも符合する。
 ↑
●よくある誤解があると思うのはココかな
特に臨床系などが鬱病の診断で何かか勘違いしていると思う。
発端となった直近の事象を原因だと思い込んでしまうことだ(それはPTSDに限った話)。
前回記事で書いたように、関連フラグを踏むことで『退行化』が呼び起され、関連エピソード記憶をトラウマ要因とするような心象風景が再現されるのであって、直近で発生したトリガーとなる事象は”本体では無い”(このブログで再三”個別具体例にはあまり意味は無い”と論じていることでもあるんだが)。

→続きを読む

タグ:強迫心理
posted by kagewari at 11:42 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第4ラウンド(Make America Great Again)「バイデン1号2号説」

こうなるともうどうにもわからない。
(いや、複数いても驚かない)
・彼が高齢の認知症であることは”周知の事実”であり代役で済むことは任せるだろう
・これ下手すると国家反逆罪級のヤバい話らしいんだけど”セキュリティ上の理由”とでも言えばなんともでもなるだろう
・1月6日前後、確か年末近くにあった骨折の話はあれどうなったんだ?
(てか本当に骨折だったのだろうか)
・大統領令乱発の異常さの背景に”裏でそれを指導しているのがいる”って話も出ちゃっているけれども(事の真偽はどうでもいいことで)、代役が存在しなかったとしても本人がもう当事者なのか能力的に疑われちゃってる。

■ある意味政治も信用なので(病気がトップシークレットだったりね)
バイデンじいちゃんに全く信用が無いのは動かしようの無い事実だ、
故に、前述記載のとおりで代役が存在したとしても、それがデマでもどうでもいいってか、
「現在の米国政権には当事者能力が無い」って話です。
(私が黒幕デスって、見栄切って責任取るような奴も登場しそうにない。)

DSとも呼ばれる官僚組織が存在するので大きなヘマはしないのではないかと思いますが、
そもそも選挙期間中「大統領令なんて何発も出すものではない(それじゃ独裁と同じだ)」と断言していたその人が、就任直後から「この紙は何?俺は誰?」とか言いながら40本超える大統領令を乱発しちゃったのだから、その反対に「瞬間思い出して我に返る時があったら」と思うとぞっとする。
(これを俺にやらせたのは誰だって騒ぎ出しでもおかしくない)

実際対中政策も『戦略的忍耐(オバマ政権時代の”何もしないの意味”)』言っちゃったり、
いえいえ「中国とは厳しい競争になる」と対決姿勢を強調してみたり、
なにいってんのかよくわからない状況にあり、
メディアの方も(特別意味も無いのだろうと)
「いちいちリアクションしないどこか」って雰囲気も感じる。

「お前に『戦略的忍耐』だわ」って状況が2年ばかり続くってことなのだろう、
何故2年って、、4年もたないと思うんだが、、
(これは保守派にとっても「いうほど怖くないな」って点で朗報なんじゃなかろうか。仮に陰謀論的に後ろから操るにも本人まるで理解してないってのは”やっぱ限界あるし”、副大統領は別の意味で信用ならないからな、、)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 00:09 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0