2021年01月25日

第4ラウンド(Make America Great Again)SF「思ったとおりだった」

先日紹介の山口敬之氏動画で紹介されていた
中国共産党工作(慰安婦・BLM・アンチトランプ)或いは民主党左派共同戦線拠点
「カリフォルニア・コネクション」の中心はサンフランシスコであり、
鍵となるのは(20年も中国のスパイ《ラッセル・ロウ》を秘書にしていた)
■ダイアン・ファインスタイン上院議員
(民主党所属のネオコン系ユダヤ人議員←ヒラリーが目指したモデルのひとりだろね)


wiki見てみると面白い話がざくざくとまあ
各種不正の数々及び、サウジ軍事援助がらみの利権かな、
他に「アメリカ郵政公社との間の疑わしい関係」だと←出た大統領選不正ど真ん中
元秘書のラッセル・ロウは現在反日慰安婦団体の事務局長。
(ちょっと聞き漏らしていたけどBLMの母体となる団体にもなしがしか関与していた筈)
※大事なことだけど、この辺の話って理想やらイデオロギーやらって話では無くて、汚職がらみの利権ネタであってさ(左翼の顔はそのための営業ツールのようなもの)、結局”動機は金目”だってとこがポイント。


はい、そして俺の思ったとおりでした
そのダイアン・ファインスタイン上院議員は、
●「1978年から1988年までサンフランシスコ市長」
SF市にGun・コントロール条例ハメたのもこいつだわ、

山口さん的にはダイアン・ファインスタインはもう87歳なので、
この利権が隣の区選出の上院議員だったカマラ・ハリス現副大統領に移されるんじゃねーのって話じゃなかったかな。
思うんだけども、バイデンが「なんで俺?」みたいなんが本音じゃないかだとか(それこそ本当に認知症でそれがわからないのじゃないかとか)、「これが大統領選に勝ったってことなんだろうか」みたいな話が自陣営からささやかれるのも(ビビりまくって州兵だらけ)、このなんとも筋悪の背景によるのだろう。


<<<話を”Gun・コントロールとか”に戻すけれど>>>
米政治を見てるとよくわかる
「武装する権利=草の根民主主義」VS「銃規制や環境保護系”自称意識高い系”に隠れた左翼(アンティファ・BLMや反日慰安婦活動でお馴染み)=全体主義」
この構図がそのまま→「ナショナリストVSグローバリスト」となってる

ナショナリズム論は別途過去記事で書いたけど、
現代におけるナショナリズムの意味は(ここ勘違いすると大変なことになる)「愛国保守」みたいな意味では【無く】、合理性からネタバレに意味が無い『共同幻想』であることと同時に、国柄として見た時の”個性の尊重”だからで(=自由の尊重であり、自然権であるという考え)、
これに対するクローバリズム(覇権主義・帝国主義)とは、(個性を認めない)全体主義を意味している。←経済学的に言葉の使い方が正しいのか間違いなのかともかく「新自由主義」として批判されているのがこちら。

(※ぶっちゃけ経済学における新自由主義は各人言う事違っていたり、あまりそこつっこんで論議しても意味が無い。代表的なとこで言えば”自由主義を強調するあまり”関税自主権の否定みたいなところから、EU帝国に代表されるような国家の関与を否定する考え。)

(※これがまた同じ経済学でも当初の新自由主義の意味は”アンチ全体主義”であったため《多国間ではなく国内企業の民営化で考えればそうなるでしょ》、言葉の意味に混乱があるのね。これがグローバリズムを前提とするなら《官僚主導で》国の権限を越えた自由市場合意というルールが布告されることになるので、今度は”それ以上の全体主義”になっちゃうワケだわ、)

ことほど左様にしようする人によって言葉の意味が違っていたりするので、
「ナショナリズム・ネオリベラリズム・新自由主義」←この辺の言葉は意識的に使わない方がいいのかもしれないww
めんどくさい話だよね、



posted by kagewari at 06:10 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0