2021年01月23日

全ての人類に共通する『話を”盛る”心理』(『興奮』拡大傾向)3

「さあ、いよいよ話が”盛り上がって”まいりました」←《終わり》
そういうことなんだわ、
(どういうことなんだよっ!!)

何故「サブカル・オルタナ」なのか?(言い換えるとズルとか卑怯な手でもいいよww)
何故野村監督はサイン盗みをしたのか?
「(長嶋や王に)勝てっこ無い、この(コンプレックスによりカチ上げられた)ハードルは超えられない。そうやって動機形成企図の腰を折られる現象そのものを”ぶち壊す”」ためさ、

●若い人知らないと思うけど、
日本でイチローが全盛期「オリックスVSヤクルト」の日本シリーズにおいて野村が取った戦法は
記者会見で「強打者の攻略法は(特にイチローのように天才で全く穴が無い場合こそ)内角攻めしかない」と吹きまくった、「速球でのけぞらせる(デッドボールでも仕方がない)」と、
(野村を知る人は全員これが嘘だとわかっていた)
イチローの打撃特徴は「テニスプレイヤーのバックハンド打ちのような面を立てた打撃にある」
(これは阪神タイガースのバースも同じだった)
この特徴はタイミングを合わて、一般的なプロ野球投手の決め球「外角低めの変化球にいつでも合わせられる(得意とさえいえる)」傾向を持つ。
インサイドは持ち前の反応速度の速さで対応可能、
(バットが届けばどこでも当てられる=実はインハイすら苦手では無い、イチローはこれを狙ってホームランにすることも頻繁だった)
しかも、目付は(狙いは)「甘い球では無く、投手のベストショット決め球」だ、
=外角低めの変化球
 ↓
投手にとってこれは決め球なのだから(キャンプから一番練習する)投球頻度も高い、
球種を読まなくても”待っていれば必ず投げてくる”
(それを打つのが得意なのだから必ず高打率となる)
(意識して決め球を狙いにいくのは、落合も同じだった)
【外角低めの変化球の球筋は?外角高めから落ちてくる】
記者会見で内角を速球で攻めてのけぞらせるという挑発は?
→若干フォームが開くか、のけぞる(外角高めが見え難くなる)

実はヤクルトがイチロー対策として選んだ決め球は
→「外角高めの速球(しかもクソボール)」だった
(本来は”そこから落ちてくる筈の高さのボール球”)

当時では速球派の部類だったノーコン外国人投手ブロスや、石井一久の外角高め速球で、
「イチローはクルクル回って三振した。」
※勿論各投手は(バレないように)力んで高めに浮いた(投げ損なった)フリをしたww
(イチローは「野村監督が本などで常に言及している”原点”→古田のサインは外角低め速球」と思っていたのだと思う。→余計に目付は外角低めに、高めに浮いても投げ損ないだ「キレがないので打てる」←違ったのだよ、、ヤクルトの投手は投げそこなっておらず、狙って外角高めクソボールを全力投球していたってオチ。内角を意識するあまり、外角高めのクソボールに”全力投球で凄くいい球が来てる”ことに気が付かなかったのだろうね。)
(日本シリーズでイチローを完全に抑え込んだヤクルトは勿論優勝:隠れMVPはブロス)

このイチローの弱点はメジャーに行っても同じだったけど(内角意識した時の外角高めクソボール)、
どこまで知られていたのかわからない。
(多分メジャーの右腕なら膝元にカットボール突っ込んでファールさせた後、外角高めに意識して速球を”投げ損なえばw、”高確率で三振が取れていた筈だ:その反対に外角に決め球のチェンジアップやシンカーなどを投じると”待ってました”と打たれる)

→続きを読む

posted by kagewari at 00:29 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第4ラウンド(Make America Great Again)「中間選挙に向けて」

山口さん単独の動画出た(やっぱりCAの拠点はサンフランシスコだったわ


(続きがあるようなので、次の動画が楽しみ)


■さて「第4ラウンドの開始」ってことですが、
2年後ってか選挙期間を含めれば1年半ぐらいの話になるのかしら
いきなりカナダ人ニュースさんの伝えるところで(選対幹部の話かな)
トランプがフロリダから下院議員出馬からの返り咲き作戦が紹介されてましたが、
「めんどくさすぎてそれはないと思う(選対幹部発の”ブラフ”でしょう)」
(加えてこの作戦では、当選後にテッド・クルーズの協力が前提になっているけれど、俺は勘レベルでこの上院議員を信用できないのである。)

篠原情報だと、やっぱり「もう今からバイデン影武者出演ネタ」も登場する始末、

●中間選挙に向けて重要なのは、
(不正投票が可能なのはドミニオン導入している一部州だろうし、コロナも収まり郵便投票連発もできないだろう)
大統領選と同時に行われた上・下院選挙で
「比較多数派なんとか維持したが民主党が大負けしたことだ」
wikiによると各州知事選挙も同時になってることも多いとの話、
(引用:人口上位8位までの州を含む36州で州知事選挙を中間選挙の年に行う)

話を不正投票に戻すけれど、
先日の補欠選挙は例外として(あそこはダメ州でトランプ弾劾も見据えていたから”バイデン・ジャンプ”も発動させたんだろう)
通常の議員選挙で大規模なことはできない、
(トランプでできたのは彼が無所属に近い存在であり議員でもなければ共和党主流派では無いからだ)上・下院選挙でまで大規模な不正を行えば流石の州議会も黙っていない、
全米で最高裁まで戦うなんてことになるばかりか、「民主VS共和」主流派同士の激突になってしまう。

ということで”あったとしてもソフトな不正”レベルで先日議会選が行われたことになる。
で、結論「僅差で多数は維持したが、事前の目論見からすると民主党は大負けした」
アンティファやBLMでやり過ぎたって事、
コロナ被害が大きいのもおしなべてブルーステイツだってのも関係しているだろう。
(陰謀論的には郵便投票増やすためにワザと拡大させた可能性もあるけどね:特にNYのクオモ《CAのニューサムは違うと思う←ちゃんとトランプと相談してたからね》)

→続きを読む

posted by kagewari at 00:24 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0