2020年12月31日

リクエスト関連(大晦日に猫好きさんが”50円”て、、)

猫好きさん
>3通続けて送ったけど、時間差で何通も送ってません。貴方が見つけるのが遅くて私に逆ギレしてるだけです。動画も最後まで見ずに非難しないでください。貴方のような猫愛誤の人や生態系に無関心な層が多いからなかなかこの手の動画を見ない人が多いだけ。みんな猫を殺したいわけではなく、やむ得えない場合だと言ってますよね。私達が猫嫌い?よく言うわ。貴方ような(他の希少種や生態系の問題を指摘してる人を非難してる)猫カルト信者に言われる覚えはない。そんな人の屁理屈な質問?に答える義務はありません。

 ↑
何を言ってんでしょうか

規約には
「15円30円の投稿は偽計業務妨害に相当する準違法行為」と注記しているが、
50円で人の家の敷地(当事務所ブログ)に入って、
暴言撒き散らかして帰る←何の意味があるの?(末尾参照)


●私はいっとう最初の返信でしっかり趣旨にには答えており、
(私の信念は変わらないのだから)
違う意見をお持ちなんですねと、退散しとけばそれでwin-winでしょ、
あなたの意見を、
更新15年だか16年のそれなりにアクセスあるブログがトップページで掲示したんだから。
私はやれお正月がどうとか何とも思わない人間ですが、
今回、あなたのクレームが堂々1月1日のトップページを飾ります
(日付は31ですけどね)



くだくだ意味のわからない反論を続けても、
論駁されるだけだから(意見が違うんだから当たり前)、
>猫カルト信者に言われる覚えはない。
って、(現実認知は)大丈夫ですか?
私からはあなたに一切何も言ってませんよ。
あなたの抗議にお応え(レスポンス)してんの、
「あなたが言わせてんです(そしてこっちは迷惑してる)」

>希少種や生態系の問題を指摘してる人
だからなんでそれをあなたが決めてんの?
人間も生物なんですよ?人の営みも生態系の一部ですよ?
あなたの考える「特定バランスの環境」ってのは単にあなたやあなたの傾倒してる特定学派の主観による特定原生林地域などの理想像であって、
【(そこに人の文明活動も含まれる)普遍的な自然環境のことでは無い】からね
(そこにもCWニコルみたいな里山思考的考え方から、人の立ち入りそのものを禁止する国定公園のような手法から、先住民族に無理な接触をしないやり方から《これも逆差別一歩手前だよね》、様々あんの。それぞれ違うワケ、→その時何を選択するのかって結局民主主義《それぞれ考え方が違う》以外の合理的手段を現代社会は持ち合わせていないの。)
 ↑↓
若干たとえは違うが、
人体における腸内フローラの微生物のバランスに普遍的な組み合わせが無いのと同じ
(このケースも「理想的バランス志向」の意見もあるけど、各派考えは違うワケだ)
※私が先日ウイルスの件はどうなるのかって書きましたが、存外屁理屈ではありません。生態系にはそこに生きる動物の体内や植物などと共棲する「微生物も含まれる」からです。
(腐葉土内の微生物抜きに森林保護が語れますか?)


「外ネコガー」と主張すると環境保護派だとか、そういう定説どこにも無いから。
桶屋が儲かるとかのネタじゃないんだから、、
(いちおうマヌケな四流大学の一般教養だが生物学も履修してます《実はこれは心理学の解釈に随分役に立った》、ローベル賞の動物行動学者コンラート・ローレンツの書籍も複数読んでます。)

しかしあなたが自分のブログなどで「外ネコ批判」の主張を続け、
それで多数の世論を形成できれば、(定説では無くても)それがその時の社会の選択になる。
違う主張のブログに対する表現の自由を規制する(PC《ポリティカルコレクトネス規制》と同じ)批判を書き連ねる事ではありません。
【だって意味が無いんだもの】
 ↓
私がお人よしだから、常に全文掲載してトップページにあげてるけど、
私が無視したらどうするの?(規約上無視も可能)
あなたの「外ネコ批判」の主張は誰にも届かない、
(●ちなみに私が主張を変えないことは初回で論証された確定事項)
単に「気に入らないサイトにクレーム入れたが無視された」ってだけに終わるんですよ?


基本このサイトは転載自由としてるので、
あなたの開設したブログで私の記事URLでもスクショでも張って堂々と批判されたらいい、
或いはSNSなどのアカウントで批判投稿されればいんじゃないですか?
はたまたナントカ質問箱みたいなとこで問題提起するとか、
(どうぞどうぞご自由に、私は何も文句言いませんから)





タグ:反動形成
posted by kagewari at 21:49 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人間心理最大のリスク『退行化』を止める方法(は、あるのか?)

ここんとこ連載しているテキスト読んでる方なら
「おや待てよ、てことは『退行化』さえ抑制できれば大半のメンタルリスクを回避できるのではないか」
気が付いていると思います。
『退行化』アイデアの原則ってのは実に簡単なもので、
「新しいルートを探そうなんて思ったので、道に迷ってしまった。元のルートに戻そう」という一種の保守的判断のことです。
 ↓
心理学的にそれが『退行化』として問題になるのは、
(これも「程度」の問題なんですが)
世界や自分の人生をどう考えるのか?みたいな概念レベルでの退行です。
故に、一般には会社倒産や離婚、退職などの大きな現状変化がトリガーになることがある。
(思春期からヤバくなるケースは性のめざめによる大きなフェーズ変化「思春期そのものが」ひとつの退行トリガーとなっていると考えればよい)

■人類普遍のトラウマと言ってもいいのだと思いますが、
この世の人類の全ては「ゲッ速攻歩こうと思ったら立つこともできないじゃん」とですね、生まれた瞬間から衝撃を受けます(出産直後の赤ん坊には原始歩行などの本能が起動するもヤバい歩けないという挫折を体験している)、これは人類の直立歩行進化が(突然の気候変動などを発端と思われる)想定外緊急事態で起きたためと類推されてます(直立歩行=骨盤変化=産道狭小化=未熟児出産=成長速度まで鈍化)、
これに本能定着が追いつかず(本能レベルでは出産直後から歩けるものだと思っている)、それが原始歩行などの様子で観察されているのだろうと。

結果人類の幼児は”全員が圧倒的劣等生”であり(歩けもしないときている)、
生死の境を彷徨います、
保護者という絶対庇護者の存在を確認し(これが神のイメージとも言われている)、
この関係に依存する事が生存をかけた戦いとなる。


●この時代の記憶が原罪とでもいうような「エディプス・コンプレックス」です
言いかた変えりゃ「人類普遍の幼児期トラウマ」
自己完結での生存行動がとれないため(親の後をくっついて自力で木の実を食べるなど)、
何から何まで保護者に依存せざるをえず、これを約束するのは”関係性”だけです。
 ↓
極論すれば「関係性の失敗は死を意味する」
同時に、幼児は言語を十分に取得できないため「軽妙な大人の会話で個人的信頼関係を構築」とかもできません、可能な手法は「夜泣きや、排せつをめぐるパニックなど、とにかくエキセントリックな言動により(そら当人その都度死にかけてますから必死です)”保護者のわかりやすい反応”を引き出そうとします(少しでも保護者の行動にわかり難いところがあれば死の不安が再燃する)」
※保護者の「育児言葉、赤ちゃん言葉」ってんですか?あの気持ちの悪い話法を発明したのは、ちょっとしたことでパニックとなる赤子に「いかにわかりやすさを演出するか」を世代を超えた体験的に獲得したもの。
 ↑
ちょっと話逸れますが、私は赤ちゃん言葉は不要だと思ってます(条件はある)
話し手が仲代達也並の説得力あるセリフ回しができる時、
大人台詞の普段通りの会話でも赤子に通じます、
(赤子の視聴する幼児番組コンテンツなどは登場人物全員が赤ちゃん言葉とかあり得ない)
この確証は、ネコとかにも「普通の会話で一定の意味が通じる」経験からもくるもので、
例えばですよ?
●全く言葉の通じない外国人が母国語で話しかけてきたとします。
この時意味を介さない事に苛立つなどあるからめんどくさくなるのであって、
先方が「一定の意味が通じている」と疑いなく自信満々で、話し終わってから”頼むよ”とポンと背中叩かれるなどすると、
(意味がどこまで通じたのかはともかく)”コミュニケーションは成立する”んです。


(特に今回の赤子特有の不安ってのは”わかり難さ”に起因するもので、具体的にどれだけ意味が通じたかでは”無い”からです。)
赤ちゃん言葉発明の背景には、どうせ意味が通じないと思っている保護者側の差別意識や、
意味が通らない苛立ちから生み出されたものの疑いもある。
 ↓
実際どうですか?「大人相手に意図的に赤ちゃん言葉を使うのはどんな時?」
”相手を小バカにする時ですよね?”

→続きを読む

posted by kagewari at 07:26 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0