2020年12月20日

一番わかりやすい「承認欲求」はエゴサーチ(←これも変な言葉だな)だけれど

端的に言えば「自分が人にどう思われているか」って話
いやいや市井の人類ヒト科全ての個人に殊更興味がある状況とかどこにもありません。
(その人物が皇室だとかジーザス・キリストだとかな状況を例外に)
基本は「(誰も俺に関心が無いように)誰もお前に関心無いから」《終わり》

特に生物における他個体への関心は「縄張り争いと種族保存競争」などの場面で、
草食動物などにおける個体を守る集団安全保障も「守るべき概念があるから」であって、個体への関心では無い(平和時は無関心)、
<例外事項に母性本能発現時の母子関係がある:”小さくて丸い物”を保護したいと思う本能←それが広義に《男女全般に》拡大した人類ヒト科の場合ペット寵愛心理みたいな理解になるかな、>


■つまり「承認欲求」とは権威性認知がある場合特有の「強迫心理」である
権威性認知と言えば『共同幻想』や「強迫心理」の影響下にある自我の事
(『単独者』の場合”実存欲求”ってのも変な呼び名だが、そっち系の発想になる→「今日の珈琲への砂糖の入れ方にも”あれかなこれかな”」自分が《承認では無く》その都度選択する自由を確認=故に『単独者』は、『共同幻想』阿吽の呼吸「だよね、そうだよね音頭」のアンチとなる。)

ことほどさように「自分が人にどう思われているか」って話は
『共同幻想』や「強迫心理」の影響下にある自我の専売特許なワケだが、
目に見えて確認できる違いとしては、
「ファッションの統一性VSおしゃれ《と言えるかは別として》個性」
「これ変じゃない?VSこれのが面白そうだ(むしろ変わっているねは誉め言葉)」
「”ナントカ”ってみりん入っているよねVS”この料理”には隠し味でナントカを入れてみるか」
 ↑
上記のような対比で明確に観察できる


■意図して「承認欲求」なる言葉が使用される場面というのは、
かなりそれが極端な場合を指しており(高い強迫性がある)
「みにくいアヒルの子妄想」みたいな状況のこと、
(シマウマの群れなのに、仮に自分がイノシシだったら「その安全保障上」ヤバいだろ)
同じ安全保障の概念で敵味方識別信号として確認されているかって考えると、
定期的に通信を行い「ナントカ信号ブルー、お仲間です」で完結する
 ↓
「ナニナニナントカ確認、送る」→「だよね、そうだよね、繰り返す、だよね、そうだよね、送る」
→「IFF確認了解、こちら管制塔”そのまま進んでください”」
 ↓(本来上記でなにげなく完了するものが過剰化すると)
「ナニナニナントカ確認、送る」→「いいのかな、これでいいと思う、ダメかな、どう思う?」
→「・・・・・ナニナニナントカ確認、送る」→「これでいいと思う?」
→「・・・・・ナニナニナントカ確認、送る」→「どうしたらいいと思う?」
→「IFF確認できず、敵機と判定、周辺空域展開中のファイタ=は同機を排除セヨ」
(「承認欲求」とは上記のような悪循環のことで)
 ↑
【極論すると】真面目に承認を求めているのでは”無い”

だ と し た ら
 ↓
■全てがそうだと言い切れるワケでは無いが、この現象を要約すると
「強迫性=退行性=幼児性」
(上記の反対は?→「自立性=現在時刻への実存性=世俗化・大人化」)
では、
幼児の使用する言葉としての「これでいい?」が使用される場面は?
(褒められたいが混ざっているというか、快感代謝案件も微妙に含まれているよね)
期待感として「あらよくできたわね〜」←これですよ、
(裏コード「なにをやってるのよ!」「アーん」も含まれる)

で?

幼児の快感代謝は(言語を理解する前段階の)小児性サディズム・マゾヒズムに近接するところにある(小児性サディズム・マゾヒズムってのは、夜泣きのギャーとか地下鉄でギャーとか、叱られてワ―とか、失敗してアーんとかなる状況の事)
無意識に「ギャー、ギャー、ワ―、アーん」の興奮獲得が意図されており(代謝確認のお約束)
(こんな事言うと叱られると思うけどさ)
「それは親子関係などという変態プレイだから許されている言動で」
(一般社会の用語《シナリオ》にそんな台詞は無いのだから)
「えーーー、何、何、どういうこと?」な展開にしかならない。
「わかってるから!みんなで私の事を嫌っているんでしょ!」、、、周囲は口ポッカンみたいな、、
(周囲みんながあなたに《夢中なワケないので》言うほど関心も無いから、、そんな暇無いし)

小児性サディズム・マゾヒズムを語る場合、こういうのもあるよね?
 ↓
男の子が母親や関心のある女児に対して
「(なんかキテレツな虫でも捕まえて)ホラホラ〜」みたいな奴(そのままホラー)
これもサディズムかな(相手のヤメテーキャー!って嬌声もシナリオに織り込み済み)、
 ↑
(これ言うとまた激しく怒られるんんだろうけど、、、)
「背中のイレズミ見せて、スゲーだろ」みたいなのはその派生かな、、
「ITベンチャーガー」もその派生かもしんない

→続きを読む

posted by kagewari at 18:04 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0