2020年12月03日

『被(こうむる)』と『抗(あらがう)』の確率論

ここんとこ続いてるシリーズを引き続き、

強迫系というのが「過去用例の再現」にあるというのはご理解いただけているかと、
(その典型がエピソード記憶であり、トラウマ論である、PTSDにおけるフラッシュバックであり)
その確率的根拠は「二度あることは三度ある」って心理です
(文法で言えば過去形:英語の場合主張のニュアンスが”推定調”で弱くなる←政治家の演説では《へなちょこな印象になるため》用いられない)

これに対し”自由意志”と実存系となる『抗(あらがう)』の場合、
(文法で言えば、現在形、現在進行形、未来形→或いはポジティブ断定言い切り)
”そのまんまギャンブル”なので、
一見すると、過去用例の二度ある三度ある心理に”確率論的に負けます”
しかし、パスカルの賭け的な証明により「結果論には意味は無く、自由選択の真骨頂はプロセスです」←動機形成と戦略や戦術そのものに意味があり、
結果の勝ち負けは【極論等価値である=”どうでもいい”】
「結果を問わず”やるかやらないかの話”であり、実は確率上のリスクは皆無に等しい」

■ところが

脳の快感原則は『興奮』獲得期待値で決まります、
そして、
『被(こうむる)』のが『抗(あらがう)』より”思考の仕事量は楽”なんです。
(ぶっちゃけ低コストで誰でもいつでもできる)

しかし、
困ったことに”快感代謝”(快感獲得の確認メッセージ)としては、仕事量も多く”やった感””疲労感”がある方が優れており、実はこの点で脳は矛盾する選択をしているとも言えます。

●さて上記をぼーっと眺めていると「鬱構造の道理」に気が付きませんか?
 ↓
ベタな事例としてパチンコで考えてみましょうか

<<まず大前提を確認しておきますゲームのルールみたいなものです>>
1)結果論には意味が無く、快でも不快でも、勝ちでも負けでも脳が『興奮』を獲得できればよい
2)快感代謝の証明(やった感、達成感、疲労感)が無いと、欲求不満は解消できない

<『被(こうむる)』パターンのシナリオ>
「昔この台で連チャンしたので、またきっと大当たりするかもしれない」
(戦術も戦略も無く、その『興奮』期待値だけで選択:実に簡単)
打てども打てども当たらず、大負けしたとする、
しかし、この選択には戦略も戦術も無いのですから、反省も修正の余地もありません
 ↓
そして再び
「昔この台で連チャンしたので、またきっと大当たりするかもしれない」を繰り返す


<『抗(あらがう)』パターンのシナリオ>
「パチンコ台は概ね200分の1程度の確率で設計されている、回転数から確率の収束を意識するべきか、ホールの出玉設定を読むかの選択になる」
(手帳を取り出して小一時間の作戦会議の後)
「よし、今日はどこそこシマの〇番台で行く、1クールはいつもの6000円」
まずは打てども打てども当たらず止まり、だったとする、
(手帳を取り出して再び小一時間の作戦会議の後)
「いや待てよ、回転数からこの台の収束は明日でもできそうなので、新台を試してみるか」
結局こちらも最後は大負けしたとする、
手帳を取り出し何やら再び小一時間
「うーん明日は、〇番台の確率回収からだな」

→続きを読む

posted by kagewari at 19:44 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月02日

米大統領選トランプ陣営で語られている俄かに信じ難い話の件

日本においては篠原氏が飛ばしてますが、
(某右派宗教系のニュースでも紹介され始めている)
かなり突拍子も無いネタも出ています、

その意図ですが、
半分はブラフだと思うんですよ、
相手方にもこれという司令塔があるワケでも無い、
そんな彼等もそのニュースを目にする
ビビって寝返る奴が出てくるだろうと、

そりゃ言うほどトランプ陣営が余裕こいてるとか無いでしょう、
(メディアは完全に向こうに牛耳られているし)

■時にこんな不正がまかりとおるんなら米国民主主義派終わりだって意見もありますが
そうでもありませんぜ、
(一部の陰謀論に、本当にヤバくなったらインターネットを止めるんじゃないか論もあるけど)

アルゴリズムやら郵便投票でごまかすにしても限度がある、
実際今回不正がある明快な根拠ってのは、
トランプ大統領がオバマ越えの7千ナントカ万票も取ったため、
どっから見ても積極的人気の無かったバイデン氏が8千満票近くだか取ったのかな。
その結果地域によっては「投票率が100%超えた」って(笑

つまり、支持率7割とか8割って押しもおされぬ支持を取り付けた候補がいれば、
どれだけ不正やっても勝てない
(絶対無理とかではないけれど、投票の半分以上を操作したらバレる以前の問題かと←今回の不正も多数の協力者《アンチトランプ》あっての話になる。敵対候補が圧倒的支持を集めている場合その協力者を見つけるのも難しくなるからね。)

その意味で今回トランプ大統領の頑張りは”それに近い得票”を叩き出し、
結果としてこんなことになっているワケで、
但し、一発で敵方を葬ることはできなかった。
(依然としてまだどうなるのかわからない状態)

CIAのサーバを抑えたのは本当なのか?
 ↑
どうだろ、わからないね。
但し、この情報を吹かしているのは「ビビって寝返る奴を待ってる」んだと思うよね、
私はむしろトンデモ情報の方では無くして、
 ↓
ビビったバイデンがパニックになっている情報のが”ありそう”だと思う。
1彼は首謀者では無い
2彼は工作の全体像を知らない
3トランプ陣営は「国家反逆罪」をちらつかせている
4そもそも不正は事実である(笑
 ↑
みなさんバイデンの立場で考えてみましょう、

「 ヤ ッ べ ー 」と思うよね、

→続きを読む

posted by kagewari at 22:55 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■再度挑戦「”快感代謝”総生産のシェア争い」

なんかまた呼び名が変わったな(笑

この話には確率論も大きく関係していると思う、
「確率と心理」ってテーマです
東京都宝くじ、当選確率が何々%とかありますよね?
この宝くじをA氏とB氏が同数購入する場合、当然確率は同じ。
ところが、「当たるかも知れない」と思う心理は激しく個体差があり、
=つまり、人類ヒト科の心理は”確率”に比例しない

何からの背景事情で、確率を踏破して(無視して)なんぼでもあーでもないこーでも無いになるんです。
(あまりご存じ無い方いるかもですが、法的に宝くじは明確な”ギャンブル”です)
「あなた、また宝くじ何枚買ったの!もういい加減にして」
「いやいや、お前わからないだろ、当たるかも知れない」
(ちなみにギャンブルとして見た時の返金率は、競馬やパチンコのが遥かに良心的とも言われる)
 ↑
合理的に考えれば(普遍的論議では無く、他のギャンブル比較の相対論として)
●「宝くじは滅多にあたらないというの判断が合理的」


前述のやりとりとしては、以下のような投げかけになると状況が変わります
「あなた、また宝くじを買ったの?もう勘弁して確率が悪いんだから、パチンコや競馬にしてよ!」
「ええ、、、そうなのか?、、、」

※確率論を無視したポジティブ解釈は躁状態に過ぎず、ポジティブ・シンキングとならない
(根拠の無い楽観論は『抗(あらがう)』では無く、「承認欲求自己陶酔」に過ぎない)
合理的なオルタナティブを提示すると”曲げられる”


■その反対もありますね、
「気分転換で今日は何々をしてみましょうか?」
「何もいいことなんかある筈無いんで興味ないです」
 ↑
あくまでも前者の投げかけは(前例の無い方向の動機形成提案なので)
十分に根拠のあるものです(不明の確率可能性)
→提案には「ダメが出ているとか無いだろ」程度の根拠はある
ところが、その可能性を予知能力でもあるまいし全否定できるのは(いわば鬱状態)、これまた確率論の無視です(お前は自然科学も踏破した超自然の存在なのかと)。


<<<さてみなさん、躁状態・鬱状態これら判断の出所は何か?>>>

『エピソード記憶』です(二度あることは三度ある効果)
マクロ経済学とミクロ経済学の話にもなるんですが、
「今日仕入れたホウレンソウが売れるのか?」と、
「現在日本におけるホウレンソウの流通」は概念として違いますわね、
(かといって今日仕入れたホウレンソウの販売に全国統計が全く無関係と言うことも無い)

つまり?ネガティブ(後ろ向き)とポジティブ(確実な間違いの無い)論で言うならば、
個別に(社会性をすっ飛ばして)自己中心的に考えるド・ミクロ論と、
自分を社会のひとりとして見る場合と(実は『単独者』ってのはネットワーク型社会性に拠る存在なのでマクロ的なんだわ)、
そこに分岐ポイントがあるだろうと考える。

一見すると『共同幻想』社会適応こそ社会人に見えると思うけれど、
これは全くの間違いで、『共同幻想』社会は”排他閉鎖系イントラネット”だからね(故にピラミッド型の上限関係がある)。
これに対して『単独者』社会ってのは、”開放系インターネット”となる(故に関係性に上下が無い)。

■躁鬱を考える場合『共同幻想』専用語である「孤立」が関係してくる、
そもそもイントラネットで実はマクロ的着眼に乏しい『共同幻想』社会で(『共同幻想』に見切をつけるでも無く)「ただ孤立する場合」イントラネットの中で更に退行(内向→自己中心方向)するため、認知がド・ミクロ志向になってしまう。


●『共同幻想』系において(せいぜい産業別ミクロ経済的発想のこと)「俺だけは」と言えば孤立した個人を意味し、もうこの段階でネガティブなんだわ(確率論から離れてその日の気分で躁になったり鬱になったりを繰り返す)。→そうならないため『共同幻想』社会適応人格の場合、現実との関係を維持する方法が「無限に上昇志向であること」となってしまう(『共同幻想』専用語の「前向きに」って奴)。

●これに対し『単独者』社会は、そもそもがネットワーク型の社会性を持つので(マクロ的確率論の延長上で事象を認知する)「自己都合含む個別各論に左右されない」、現実から乖離しようがない概念になる。
存在の在り方がポジティブと言えばポジティブであって、
(エンタメとして悲観論などが消えるワケじゃないけれど)

俺は思うんだけど、
だから『共同幻想』社会には”奇跡や神話や終末論まで”あり得るのだろうと(現実との乖離も上等だから)。一見常識的に見える『共同幻想』社会は(常識って言葉も『共同幻想』専用語なんだけどさ)、非現実的なのですよ(笑

『単独者』における常識はその語彙が違っていて、(内輪の論理では無く)確率論から見た現実性のことだから。
現代社会でも、左翼リベラル界隈『共同幻想』社会において、保守系『共同幻想』を批判する時に「欧米ガー」ってのあったでしょ。彼らは人類全体の確率論や合理性で語るのではなく、勢力争い的論争になりがちなんだわ。

→続きを読む

posted by kagewari at 15:23 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(記事化、すみませんさん”面白いからここだけ”)

<面白い速報あったのでまた末尾に追記>

記事化、すみませんさん(記事無しでOKとのことですが個人的に面白いので”ここだけ”)
>日本はどっちなの?(菅さん真っ先にBデンさんに祝辞送ってた気が…)

大変面白いネタなので(えー昭和の頃は政治オタクだった僕的には)
日本について

■どこそこでも書いてますが、菅ちゃん個人は”右派ではありません”
29日に書いた記事(米大統領選を面白がる)
そこで紹介した対立軸で言えば彼は”改革派”なので間違いなく後者です。
後者「保守リベラル(改革派)」ってのは、思想的に右派も含まれますが「それは各人の再選択などによる自由意志」ってことで、多数派の形成や組織票化をすることが”馴染まない”のです。
(それやったら時代に退行してしまう)

●つまり安倍政権ってのは、とっても現代的な政権だったのです、
再選択者右派の安倍首相と、右派では無いが急進改革派の菅ちゃん、
この二人は、拉致被害者議連で出会い意気投合します、
(本来は清和会と元竹下派ですから水と油なのに)
一議員として勉強中ながら失意の安倍ちゃんを首相選のギャンブルで担いだのは菅氏で、
そんな菅氏がいなければ「安倍政権はなかった」

そんな菅氏は大阪維新の橋下擁立にも関係しているとも言われ(この当時の維新はもし安倍ちゃんが首相選に立候補もできない状態なら維新国会議員政党の党首に迎える腹でした→それがコケて石原氏とかになった)、
菅氏を言い表すなら「左派国防族改革派」みたいな人ですよ(笑
だから大阪維新も裏から応援していた、

さて、するとこれがまた大変なんですが、
二階派(実体は菅派とも言われる)→二階幹事長は選挙区関連で大阪維新と激しく対立しており、本来その背後にいる菅氏とは合わない筈なんですよ〜、ところが現在この両者に対立は無い。
加えて二階幹事長は(田中派由来の)利権としての親中派であり、勿論左派ではありません。
この関係をどうやって調整してんのか?謎中の謎

更に菅氏の個人的趣味趣向は「政治の若返り」にあり、
他派閥なのに、勝つ見込みの無い「河野太郎の立候補の時に20人集めたのも菅氏」です。
(そういうやり方の元祖は、経世会にたてついて立候補した梶山静六を応援した時から←これによって自らも経世会を離脱し、フラフラする→自民左派宏池会古賀氏の世話になったこともあります)
菅氏が、河野太郎や小泉の倅を買っているのは、政策ではありません「若いから」です、
思うに政治オタク的ナイーブな大学生とかでは無かった菅氏にとって(左派とも案件では自由に連携する地方議員あがり)個人の政策では無く「その世代で政策論争して頑張れ」みたいな世界観なのだと思います。


■さて菅政管の政府スタッフには多数の左派人材が入っています
あからさまなアンチトランプな国際政治のシンクタンクの人もいますし(元外務省)
菅氏のスパイだったのかって、共同のジャーナリストまで多彩です(こちらはメディアに対する脅し)、
 ↑
思うに、各人喧々囂々会議で盛り上がっていただいて
その様子から、後は持ち前の情報も勘案して考えるって事でしょう。

「安倍政権、菅機関」並みの情報収集能力だったのですよ(ひとりCIAみたいな)、
そんな菅首相が全体像を見ていない筈も無く、
(即時解散しなかったのも、当時のコロナ”たいしたことない派”の読みでは11月に収束だったもので、、、←えーそこはちょっとハズレちゃいましてww12月収束になるのかな、、、つまり彼は裏情報もしっかり勘案している政治家だってことです。GOTOを当初止めなかったのもそれが理由)

バイデンへの祝電は「それは送る」と思います(それも随分考えた形跡アリ)
いちおうそこは外務省も立てているのだろうと(日本の外務省は”ナントカ新聞”にも劣るダメ省庁で、、)、但し、菅人脈と言えば(例の広島選挙区でやられた)河井克行元法務大臣がいます。
彼は(事実上の菅機関要員として)トランプ政権内においてスティーブン・バノンとツーカーの関係で(しょっちゅう情報交換していた)、広島選挙区の不手際であんな事になってちゃっているとは言え、そういう情報は安倍政権官房長官時代から菅氏はリアルタイムで取得してます。
 ↓
当然現在の情勢も菅首相は「わかっている」でしょう

→続きを読む

posted by kagewari at 14:53 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0