2020年12月23日

第2ラウンドの攻防が見えてきた米大統領選


まあ双方冷静にって話かな

陰謀論によく聞くディープステートがどうこうなんてそんな凄い秘密でも何でもなくて、
日本の政界で考えれば”なんてことは無い”「政府VS霞が関」って話で、
米国の陰謀論の何倍も日本の官僚組織の存在感は大きい(議員内閣制ってこともあるけどね)。日本の財務省の権力と言えば普通に1内閣すっ飛ばすこともできるスケールです。
(※その反対もあって覚えめでたい働きすると地銀などからドーンと政治資金が入るなど合法的に贈収賄の何倍もの便宜供与もできる。)
文科省の日教組との野合や、件の学術会議共産党問題など枚挙に暇が無い(経産省・原発・電力・電力労連・地元交渉・謎の自称同〇団体地方政治家←このような流れもあります)、

今回米国が困ったことになっている背景には「日本のようにハイ総辞職とかもできない大統領制だから」って部分もあるのでしょう(やっぱ日本で時々起きる首相公選論はダメだな)。
米国の官僚当事者としては(或いはそのスポンサーでもあるバックの業界)「俺達国家反逆罪みたいな言われようだが、素朴に日本の官僚制度の方が凄くないか?」と思っているかも知れない。

彼らが全体主義的に見えるのも(見えるも何もさ)”公務員の労働組合と一緒”だから、
そら存在そのものが左翼モデルそのままなんで、悪気は無いって表現はあれだけど、全体主義的傾向を持つのは自然の法則です(似た現象は戦前の日本軍部にもありました、軍部の影響力が強い=公務員の労働組合が凄いと意味同じですから)。

●日本において近年盛んに言われている「政治主導」というのは、
米国陰謀論に置き換えれば「ディープステートとの戦い」そのままです、
(米国との違いはバックの業界では無く、天下り先として結託している産業界となるだけ)

前後して日本の政界や官僚組織内、はたまた経団連の親中派はあからさまな問題にもなっており、日本においては陰謀もクソも堂々と「親中派ですが何か」状態で、
上記のような論議をしていた時に
「いやいやトランプ政権になって米国は目覚めた、国を挙げて反中で一丸だ」なんて言ってましたが、
「なんだ日本と同じじゃん」って落ちがついただけの話です。


<<<さて、混乱を極めている米国大統領選第2ラウンドですが>>>

1月6日までは大きな動きは無いかもしれない雲行きです、
トランプ大統領も思うように対抗策も繰り出せない状況、
自ら6日にDCで大規模デモを呼び掛けている状況は、万策尽きたわけではありませんが「穏便に合法的手段でという戦術が手詰まり」であることを示唆しているでしょう。

やおら「緊急事態だマーシャルロー(戒厳令)だ」って話が表に出てますが、
出てますガー(現段階ではトランプ大統領自ら否定)、
そのカードは最後の手段でしょうから”第3ラウンド”の話
(第3ラウンドは1/7〜1/20の大統領就任式までの期間)

●個人的意見ですが
トランプ大統領って人は(ブラフは仕掛けても)そこまで無理しないと思います、
あくまで勘ですが、
第3ラウンドまでの目的は
・今回の選挙が不正選挙であったことを証拠に基づいて証明
・大手メディアや高級官僚の一部は星条旗のために働いていないどころか外国と結託する一部業界のロビィストのようなものである
・民主党は自分の票が欲しいだけで移民や少数派のために働いていない(警察予算を減らすだけ)
・仮に不正のシステムを解決できなくても(そのシステム上)圧倒的な差を付ければ勝てる
・民主主義の敵は(ロシアでは無く)中国である
 ↑
この辺の構造を大規模に周知させることだと思います
(民主党の《『歩留まり』》穏健中間派に「それでいいのか」を伝える←存外にトランプ大統領の本音はここじゃないのかな?)

→続きを読む

posted by kagewari at 18:02 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月22日

茂木せかでなかなか面白い討論をやっていた(ナショナリズム)

動画自体は思想家の方との視聴者質問を交えた討論なので、割愛しますが、
その論点に”ナショナリズム”があったので心理学的にどうなるのか考えてみたい。
「グローバリズムVSナショナリズム」なる大枠は茂木氏に同感です。
(そこは大枠として)
結局フランス革命交えて論議されてましたが、
「共同体としての国家(英: Nation-state 、 独: Nationalstaat )」に由来するもので、
まあめんどくさい話はともあれだ、
現在時刻の日本の場合「日本語話す日本人の住む国」でいいでしょ。
 ↑
勿論『共同幻想』だが、あまりに(幻想性に反して)合理性が高いので、
概念としては普遍”的(それっぽい)”概念であり、
「ネタバレしない『共同幻想』」と言ってもいい、

将来日本の公用語が英語になってしまう可能性は無いでは無いので、
絶対というものでは無く「普遍的イメージがあるよ」って話
故に、それを保守する意思が無い限り消えてなくなるかもしれないんだと。
それを守ろうぜってのが”ナショナリズム”です。
●まあむりくり心理学的に言えば
「ネタバレしない『共同幻想』を無理して壊そうとか意味がわからん」ってことかな

討論に出てきた夢ラジオさんなる思想家の方は
ナショナリズムに危険性もあると注意喚起もしていたけれど、
こういうこっちゃないかと思う
 ↓
「ナショナリズムを『全体主義』の概念みたいに使うのは馴染まない」
(そもそもナショナリズムは全体主義的なことと何ら関係が無いから)
つまり、
大枠だよね、大枠、
言語や歴史や地域って社会環境が国家として認識されれてる(いちいちネタバレに奔走することに意味が無いもの)「スポーツで言えばその名称が表す競技やルールみたいなこと」なのだから(時代時代で変わるルールはあってもその人は野球ってスポーツを消滅させようロしているのでは無い)、
「柔道(日本)を愛する柔道家(日本人)」←これがナショナリズムですよ、
そらあれですよ、
「異星人を自称する人もいたっていい(お前それを日本語で言うかって話だけど)」

●さてこの時
「野球とはこういうものだから、協会なりどこぞの上部組織でもいいけれど、野球に関しては何でも上の言う事絶対服従で」←この状況は”野球と関係が無い”よね(笑
野球って概念をダシに使った単なるパワハラでしょ。

確かに夢ラジオさんの言う危険性ってのは、同質性の高い組織においては強固な『共同幻想』が成立してしまい(頭のあがらない恩師やら先輩)『共同幻想』故の悪癖(パワハラ体質)が出やすいって話なんだろうけれど、
いやいや、それは『共同幻想』の性質で(笑
ナショナリズムの概念それ自体に直接の関係は無いから。
 ↓
言い換えると「野球部はハードコアが多いからスパルタ体質のとこも多いよね」←こういう心配です
もう一回いいますが、心理学的には違うんだわ(実際確かにそういう側面がありつつも)
「野球部にスパルタ体質があるのでは無くて、野球をネタにした部活という『共同幻想』にそういう暴走側面がある」のです。

ナショナリズムに限らず、世界の全ての『共同幻想』には全体主義の危険がある《終わり》
(なんせ権威性認知だもの)

→続きを読む

posted by kagewari at 02:31 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月21日

リクエスト関連(猫好きさん”しつこいから”)

猫好きさん
>続き)奄美大島の野猫は引き取り手を探して殺処分は免れてますが、マングースは殺処分されてます。猫は全体的に優遇されてます。あと例の動画主の方は猫に悪意はなく、生態系など全体を考慮しての発言です(貴方様も猫を贔屓しての発言では)。殺処分もやむを得ない場合(できるなら殺処分は避けたい)と言ってます。詳しいことはこちらにあります。https ://youtu.be/JPDQlLlwcZo
動画主も彼を支持してる猫好きさん(猫を保護して引き取り手を見つけてる)も猫を思ってるからこそ言ってます。


だからURL貼ると崩れるんだってば
(なんでくっだらない動画を俺が修正して上げておかなけりゃいけないんだ?)
https://www.youtube.com/watch?v=JPDQlLlwcZo
誰も見てない級の再生回数で察しろよ、こんなクソ論誰も興味ネーから
早速低い評価入れておいた(勿論冒頭10秒で速攻消した)
 ↑
■こいつの言ってることは、
「繁華街からガキを一掃させれば不良は根絶するんです」と同じ級のバカだ
しかもネコに対して”野放しだ?”
オイオイ何様なんだよこの言葉使いは
(俺はこういう輩を単なるネコ嫌いって呼んでんの!)

>貴方様も猫を贔屓しての発言では

「当たり前だろ、バカなの?」

ネコ飼いが猫を贔屓しないでどうすんだ(何一つご飯あげられないだろ)
「ナチュラリストとしては、ネコの自力で獲物とってこいって事か?」←おいおい外ネコ否定とガチ矛盾するんだけど。
(オイオイまさか家畜や養殖魚はあんたの脳内だと生物じゃないの?)
猛禽類ファンが冷凍マウスに平等に感情移入してどうすんの、
猛禽類飼える奴は、マウスの命より猛禽類の命を贔屓してるから猛禽類を飼う。
てか、お前よ、
少なくともベジタリアンなんだろね?にしても植物食ってるよな
(まさか美味しいとか抜かして肉食ってるとか言わせんよ)
自分の命を植物より贔屓してんじゃネーぞコラ、この似非平等主義者が
(そして空気も吸うな、無意識に吸引する空気に微生物やウイルスがいる《家畜でも養殖魚でも無いぜ》。こいつらあんたの免疫系で絶賛死んでる。しかもあんたも《他の日本人同様》先祖が勝手に大陸から移動してきた外来生物なんだぜ、)

あのな、「野放しのネコ」なんて表現はな、
阿佐ヶ谷の某地域で尊敬集めた”ネコ山君”への冒涜なんだよ!
(それお前さ、あれだよナザレで説教していたイエスを「野放しのルンペン」と呼ぶのと同じだ
どこをどうでんぐり返しすると、
「どこぞの島の生態系が、どうして平和湯のネコ山君の責任になるのかね」
お前さ、論理が倒錯してんぞ?

それからお前の大好きなエボラウイルスの保護はどうしたんだよ?
モンゴルの遊牧民のイエネコNGの件は?
都合の悪い事はノーコメントで誰も見てないアホ動画ばかり貼って
何が言いたい?
俺が猫ならあんたみたいな人間は願い下げだ、
関わらないで欲しいね
とんだ二枚舌(ダブルスタンダード)野郎じゃネーか、

●行政が(民主的に)判断すればなんぼでもネコの保護はできる
その判断が真逆の殺処分の場合もあるだろう、
それは避けようがない(人類ヒト科が自分の縄張りをご都合主義で判断するのが良くも悪くも文明社会なんだからな)、それは鹿かも知れない、隈かもしれない、オーストラリアのウサギかも知れない、悪性ウイルスや殺人細菌かもしれない、はたまたそれを媒介する蚊かもしれない(毎年タイでやっている奴だ)、
「外ネコを批判すると、生態系が守られる」←は?論議の背景が全然違うだろ、
(しかもどの生態系が正当な生態系なのかはサメ博士が決めるんかい?さっぱり動画も視聴されてないどこの馬の骨とも知らないお笑い芸人みたいな奴がか?)

オーストラリアではサメの保護やり過ぎて絶賛人が食われているけどな、

てか迷惑なんだが、チープな論旨でからんできやがってよ、
あんたの迷惑行為が外ネコ被害以上なんだけど←この点どう考えてんの?
(これ以上やると、記事化しない判断もあるぜ「ガッツり必ず答えるとか言って無いから」注記してるから)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論で15円30円の投稿は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方は安易にこのシステムを利用しないでください
・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すれば送れるわけで(問い合わせメールなら着信拒否なども即座に対応可能であるため業務妨害とは言い難い)そこんとこ考えて利用してくれ


必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 12:14 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(猫好きさんの”続きだってさ”)

猫好きさん
>ちなみに私も猫の保護活動をしてるからこそ思いますが。
>あなたは何故猫の声を聞かないのですか? 猫のためだけに他の動物や生態系の問題は無視ですか?またそれによって被害を受けてる人もいます。猫を外に放ってる時点で迷惑かけないなんてことはないんです。


■「だからどの生態系が自然だの抜かしてるのはお前の主観だろ!」と言ってんの
ニンゲンもサルなんだぞ?
夜の摩天楼もアリ塚も同じ自然だ、
お前さ、人類ヒト科も生態系の一部なんだけど?
ニンゲンが拡散した行為は自然現象だ(火山の爆発で環境が変化するのも人間の経済活動で環境が変化するのも同じ自然現象だっての)、
だったらアユの放流しているような”人為的操作”している組織に批判の電凸でもやってくれ
自然保護の名目で、野生化したネコを駆除すべきなんざ論議も人為的介入じゃないのかね?
誰の承認でその決定権を貰ったと証明できるんだ?

「それも人為的な関与」だろが、←たとえば民主主義とリバタリアンの関係で論じるなら”人為的な関与は少なければ少ないほど良い”となる(リバタリアンの国家の関与は少なければ少ないほどよい)、ネコを自然界に広めてしまう人為的操作は悪で、広まったネコの駆除は正義だって話は「どこそこ増税はいいがどこそこ増税は悪」みたいな論議になる。←これはご都合主義であって、
仮にあなたがナチュラリストを自認するなら矛盾してると言ってんの。
(下段に記載しているように”ご都合主義”でも民主的な合意があるなら”その考えは否定しない”と俺は言ってんの。→この場合そんな自分をご都合主義と自認していることがポイントで、何やら正しいことを言ってますみたいな態度を他者に関与する形で主張するのは”単なる傲慢”だろ。←●勿論あなたが自分のサイトでどんな主張をしようが自由だし関与するつもりもありません”見もしないから”。)

経済学で言うところの政策的関与を可とするのか、全て市場に任せるのかって古典派的考えになるのかって論議も同じ、インフレ対策やデフレ対策に「善悪持ち込んでどうすんの」って、
”自然自然”抜かすなら「神の見えざる手」に任せることこと自然なんじゃネーのか?
それを”自然放任”ってんだから、
(俺は社会の合理性で様々の”理不尽”な政策なりが論議することはあってもいいと思っている。それが民主主義だから。しかしだ、やれ何が悪だ何が正しいだの抜かす話には同意できんと言ってんの。)
 ↑
里山のご都合主義で猟友会のみなさんが鹿の間引き猟するのも”そういうこともあるだろう”と、否定はしない。
あなたの意見も同じさ(あなた好みのバランスを勝手に”これが自然だ”と定義しているに過ぎない)、
「特定一派の自称自然愛好家が、そいつの主観で”なにかにを保護すべきだ”」と抜かしてるだけに過ぎない(そしてそれを俺は否定していない)、それが多数を形成すれば政策的動きにもなるだろうが、
「それが正しい行いだ」みたいは発想は(宗教じゃあるまいし)どうかしてるぜって言ってんのさ。
(それがその土地の習俗なら『共同幻想』だから「ここではこれが正義」って台詞でいんだけどさ)

■ヒトが介在する行為にイチイチ善悪の点数付けるってのは、奢り以外の何物でも無い。
(神様気取りか?)
合理性は論議できる(意味の無いことを止めることには自然現象としての指向性があるから)
しかし、いい悪いにからめて論議すれば「それは宗教だ」、
(しかも「表現の自由」を規制するような話を善人面してよく言えるもんだっての)

→続きを読む

posted by kagewari at 07:39 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(猫好きさん”続くんかいっ”)

猫好きさん
>アドレスなおして頂いてありがとうございます(リンク先をスペースなしで入れるとエラーになるもので)。私もTNRや地域猫(全ての猫を去勢避妊することが条件)の効果を全て否定はしません。ただそれは猫を引き取るのに限界がある場合の苦肉の策であり、全ての地元住民が全て合意、納得してもらう上で、地元住民主導の元でやることが条件です。またそれに甘えて猫を捨てにくる人がいるので常に監視の必要もあります。あと奄美大島の野猫問題はTNRしてたら希少種絶滅にもなります(続く)。

■だからね(全文掲載してんだから十分でしょ)
私 を あ な た は 構 造 的 に 説得 で き な い んだってば
(あなたの論旨は誰でも思いつくことで、私も十分承知した上で「そういう人もいるよね《そういう人もいていい》」と決着がついてんの=私の考えもあなたにとっての「そういう人もいる」なんだってばよ)

オーストラリアのウサギの話知ってるか?
(最近評価ダダ下がりの上念が言ってた話だったかなw)
オーストラリアには本来サモア・ポリネシア系の原住民(アボリジニでいいのかな)がいた、
そこに英国が主として刑務所の罪人を北海道の屯田兵よろしく半ば強制移民させる。
その時、食料になるだろってウサギを持ち込み、これが大規模に逃げて野生化、
有袋類の相当数を絶滅することとなり、
慌てた英国は野生のウサギを根絶しようと「生物化学兵器」を持ち込んだ、
ウサギだけを殺すウイルスだ、
当初大規模な成果をあげた殺人ウイルスだったが、この中から耐性を持つ変異種が登場する。
英国はウサギ根絶を諦めた。

はい、ここで「有害ナントカウサギ君」と呼ぶのは自由だが、
明らかに事の発端は「英国の移民」だよな?
(或いは帝国主義と言ってもいいのかもしれないが)
現在オーストラリアに暮らす白人を外来種として駆逐すんの?
進撃みたいに全員に避妊手術してさ、
(あんたさ、これに類することは南アで起きてるから。アパルトヘイト撤廃後黒人の国になった南アでは市井の白人農村の焼き討ちが相次ぎ、白人農民が多数虐殺された。)

話を古代に戻せば、
縄文文化が想像以上に各国に伝播してる説がある、
(縄文土器に類似するものが古代アフリカの地層から発見されるなど)
はたまた、ガラパゴス諸島の話も、
説では地殻変動で離れ小島になったからそこだけ独自の生態系がって話になる。
「しかしだ、本来は地続きだったんだろうが」
流木や(実際北極海では流氷により生物が行き来する)何かに乗って他種が移動することはあり得る。
 ↑
何時代のどこの定義で固有種と定義するのか?
■「人類が勝手に決めてんだが」
あのさ、エボラ根絶とか言ってるけどよ、
エボラウイルスだって保護が必要なんじゃないのか?希少生物だぜ?

仮に超未来に人類を超えた上位種が登場したとしようか、
その超人類から見れば、俺たちはチンパンジーみたいなものだ。
(クジラに寄生し移動するフジツボがいるけどよ)
人類の手によりあちこち移動した生物は、クジラの背中に乗って他の海に到達したフジツボとどう違うのかね?
それとも何かい?「人間は特殊な生物で、どれが有益だの悪いだの決められると?」
するとどうなるよ、
「古代文明、封建時代、近代、現代」←人間の言う事コロコロ変わるんだが
当然、超人類登場前の近未来の人類の言う事はまた違うだろう。
 ↑
どこの時代なら正当なんだよ?教えてくれないか。

→続きを読む

posted by kagewari at 03:27 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月20日

一番わかりやすい「承認欲求」はエゴサーチ(←これも変な言葉だな)だけれど

端的に言えば「自分が人にどう思われているか」って話
いやいや市井の人類ヒト科全ての個人に殊更興味がある状況とかどこにもありません。
(その人物が皇室だとかジーザス・キリストだとかな状況を例外に)
基本は「(誰も俺に関心が無いように)誰もお前に関心無いから」《終わり》

特に生物における他個体への関心は「縄張り争いと種族保存競争」などの場面で、
草食動物などにおける個体を守る集団安全保障も「守るべき概念があるから」であって、個体への関心では無い(平和時は無関心)、
<例外事項に母性本能発現時の母子関係がある:”小さくて丸い物”を保護したいと思う本能←それが広義に《男女全般に》拡大した人類ヒト科の場合ペット寵愛心理みたいな理解になるかな、>


■つまり「承認欲求」とは権威性認知がある場合特有の「強迫心理」である
権威性認知と言えば『共同幻想』や「強迫心理」の影響下にある自我の事
(『単独者』の場合”実存欲求”ってのも変な呼び名だが、そっち系の発想になる→「今日の珈琲への砂糖の入れ方にも”あれかなこれかな”」自分が《承認では無く》その都度選択する自由を確認=故に『単独者』は、『共同幻想』阿吽の呼吸「だよね、そうだよね音頭」のアンチとなる。)

ことほどさように「自分が人にどう思われているか」って話は
『共同幻想』や「強迫心理」の影響下にある自我の専売特許なワケだが、
目に見えて確認できる違いとしては、
「ファッションの統一性VSおしゃれ《と言えるかは別として》個性」
「これ変じゃない?VSこれのが面白そうだ(むしろ変わっているねは誉め言葉)」
「”ナントカ”ってみりん入っているよねVS”この料理”には隠し味でナントカを入れてみるか」
 ↑
上記のような対比で明確に観察できる


■意図して「承認欲求」なる言葉が使用される場面というのは、
かなりそれが極端な場合を指しており(高い強迫性がある)
「みにくいアヒルの子妄想」みたいな状況のこと、
(シマウマの群れなのに、仮に自分がイノシシだったら「その安全保障上」ヤバいだろ)
同じ安全保障の概念で敵味方識別信号として確認されているかって考えると、
定期的に通信を行い「ナントカ信号ブルー、お仲間です」で完結する
 ↓
「ナニナニナントカ確認、送る」→「だよね、そうだよね、繰り返す、だよね、そうだよね、送る」
→「IFF確認了解、こちら管制塔”そのまま進んでください”」
 ↓(本来上記でなにげなく完了するものが過剰化すると)
「ナニナニナントカ確認、送る」→「いいのかな、これでいいと思う、ダメかな、どう思う?」
→「・・・・・ナニナニナントカ確認、送る」→「これでいいと思う?」
→「・・・・・ナニナニナントカ確認、送る」→「どうしたらいいと思う?」
→「IFF確認できず、敵機と判定、周辺空域展開中のファイタ=は同機を排除セヨ」
(「承認欲求」とは上記のような悪循環のことで)
 ↑
【極論すると】真面目に承認を求めているのでは”無い”

だ と し た ら
 ↓
■全てがそうだと言い切れるワケでは無いが、この現象を要約すると
「強迫性=退行性=幼児性」
(上記の反対は?→「自立性=現在時刻への実存性=世俗化・大人化」)
では、
幼児の使用する言葉としての「これでいい?」が使用される場面は?
(褒められたいが混ざっているというか、快感代謝案件も微妙に含まれているよね)
期待感として「あらよくできたわね〜」←これですよ、
(裏コード「なにをやってるのよ!」「アーん」も含まれる)

で?

幼児の快感代謝は(言語を理解する前段階の)小児性サディズム・マゾヒズムに近接するところにある(小児性サディズム・マゾヒズムってのは、夜泣きのギャーとか地下鉄でギャーとか、叱られてワ―とか、失敗してアーんとかなる状況の事)
無意識に「ギャー、ギャー、ワ―、アーん」の興奮獲得が意図されており(代謝確認のお約束)
(こんな事言うと叱られると思うけどさ)
「それは親子関係などという変態プレイだから許されている言動で」
(一般社会の用語《シナリオ》にそんな台詞は無いのだから)
「えーーー、何、何、どういうこと?」な展開にしかならない。
「わかってるから!みんなで私の事を嫌っているんでしょ!」、、、周囲は口ポッカンみたいな、、
(周囲みんながあなたに《夢中なワケないので》言うほど関心も無いから、、そんな暇無いし)

小児性サディズム・マゾヒズムを語る場合、こういうのもあるよね?
 ↓
男の子が母親や関心のある女児に対して
「(なんかキテレツな虫でも捕まえて)ホラホラ〜」みたいな奴(そのままホラー)
これもサディズムかな(相手のヤメテーキャー!って嬌声もシナリオに織り込み済み)、
 ↑
(これ言うとまた激しく怒られるんんだろうけど、、、)
「背中のイレズミ見せて、スゲーだろ」みたいなのはその派生かな、、
「ITベンチャーガー」もその派生かもしんない

→続きを読む

posted by kagewari at 18:04 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月19日

過去と未来という表現は適当ではないのかもしれないが

ざっくり言えばそういう話w

『共同幻想』は過去用例だし(慣習や恒例行事《イベント》に近いかな)
亜流となる「強迫心理」もトラウマ論やフラッシュバックやホームシックなど過去の再現をベースにする。
●エンタメ論で言えば「毎週お馴染みサザエさんや、リバイバル映画」の類

これに対して実存主義的な現在や未来(将来のような意味では無いので未来と定義するのは違うかも知れない)進行形と表現するのもアレなんだけども、
記号で言えば「→先《未知》」な状態さ、
●エンタメ論で言えば「散歩やスナップ写真の感覚や、ロードムービー」の類

構造や仕立てとしては前者のが(幕の内弁当的に)豪華に見えるが、
後者は価値論として「都度ユニーク(唯一無二)であれば、価値論上∞(無限大)となる」
意味わからない人いるかもだけど、価値論の原則は「希少性」であって、偏差値ってのは「市場性」だから、固有価値と流通価値の違いがあるワケでさ、
 ↓
も少し補足すっとだ、
『血統書犬種』やサラブレットってのが前者であり(納得の流通価値)
「僕の大事なペッとの《雑種だけどこの世に唯一の》ポチ君」の無限の大事さが後者さ、
 ↑
一見すると後者は愛着や関係性が価値を生んでいるように”見える”がそれは違う
(当時差にとってはそう感じられるだけの話で)
経済原則の「限界効用」論や、第三者がそれを観察した時に普遍的に言えることは何かって、「そもそも自分が自分にとって特別なのは自分がこの世にひとりだから」のと同じで(主観的価値を相対的に論じるなら)”その犬は《流通価値がどうたらでは無く》”世界に唯一のポチだからさ。

■たとえばあなたがペットショップの営業マンで、
期日に仕入れるべきフレンチブルドッグの数に不足があったとする。
勿論その時にはフレンチブルドックの血統書付きの紹介があれば迷わずお願いするだろうし、
模様などの兼で、同業者から個体の交換の申し出があれば検討もするでしょう。

しかしさ、ペットのポチ君をとなりの家のお金持ちが「このイヌの方が柳津価値が高いので交換してあげますよ」と打診されて、はいそうですねって言うバカはおらんだろ〜が。
(見栄だけで自分の犬が誰かも知らない権威主義者ならわからんけどさ、、←まあペット愛好家からはキチガ〇扱いされるのは請け合いだわな)
 ↑
さて、このポチ君はその飼い主と出会わず、野良犬のままなら価値が失われるのか?
それは(質量保存の法則じゃないけれども)変化したら価値論としておかしいワケで、
=素でポチ君には”唯一の存在であるが故に”《個体としてユニークだから》「普遍的に計測不能な無限の価値がある」
 ↑
この価値を観察者が論じるか論じないのかは状況次第だが、
量子力学じゃあるまいし、観察者がいようがいまいがポチ君はポチ君だから、


<ちょっと話逸れるけど>
ドラマなどのシナリオで、
「無理解で感じの悪い母親」などの印象付ける時の典型的な演出も以下みたいなものでしょ
 ↓
「どこで拾ってきたの。その汚い野良猫、早く捨ててきなさい」
(実はその保護したネコが、父親勤務先社長が血眼になって探している愛猫だったら?←その嫌味な母親は目の前に存在しているネコを認識できておらず、認識してるのは”目には見えない”ネコの首から下がったタイトルなワケで、=実存論的には『共同幻想』適応も度が過ぎれば妄想家と変わらんなって話になる。)
 ↓
(ちなみにこういう趣旨でドラマ作る場合→こういう展開もあるよね、「親戚に押し付けられた養子を奴隷扱いでこき使っていたら、実は大金持ちが愛人に産ませた子供で、事故で実子を失った大金持ちの家から相続人であることを知らされたのだが、」←まあこういうの好きな人いそうだよねww)

→続きを読む

タグ:『単独者』
posted by kagewari at 19:55 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国大統領選から見えてくる近未来(これは日本の出番か)

右派系歴史家の論点よくご存じの方なら
日本が戦うこととなったWW2戦争に「非常に多くの陰謀が絡んでいたこと」ご存じと思います。
米国のフィリピンへの権益やら、中国への野心やら、共産主義革命やら、金融資本の思惑やら(この当時は国家の戦争債権も普通に英国や米国の金融資本が引き受けていた:そもそもこの世に銀行が生まれたのは「十字軍遠征費用の貸付」みたいなものですから)、
 ↑
このフレームは現在米国大統領選で跋扈している動きと似たものです
(そのオマケと言っては何ですが、昭和の排ガス規制に始まり、共和党レーガン政権における日米半導体協定やプラザ合意まで順調に日本弱体化に成功”したのかな?”)

・中国をキーワードに(その意味はユーラシア・ランドパワーなのかな)、
・米国の金融資本などの意向もあり、
・ロシア嫌いで(ソ連時代は工作の首謀者でもあったけれど)、
・日米双方の、
ナショナリストが邪魔で(一部偽情報で煽り道具にすることもある)、
・それは太平洋の覇権を巡る争いであり、
・勘のいい英国はヤバいと気が付き(WW2の時にはそれを利用もしたが)、
・メディアを使った情報工作が得意で、
・味方同士になると困る相手を戦わせて疲弊させる(今回悪役は日本では無くトランプ派)、


■いちおう日本は敗戦と各種圧力で”潰しておいた組”なんだと思いますが
(そらどうかなww)
・肝心要の中国経済がオンボロ状態(金融屋さんはファンダメンタルが視野に無い)
・日本経済は内需経済で循環中(額面は伸びてないが大没落もしていない)
・地味なポイントだが自衛隊も健在(中国の軍事圧力がほぼ効かない)
・米国プレゼンス低下の穴を食い止めたのは安倍政権
・日本にはコロナも効いてない(メディアは効いてるんだと必死だが)
・豪州も健在(サイレントインベージョンがバレて絶賛反中へ)
・メディアの煽りもあまり効かない
・衰えたとはいえ技術力・サブカル力はまだまだ健在
・本気出すと戦争マジ強い伝説は(反日プロパガンダやり過ぎにより)健在
・投資による成長には失敗した結果として「地味だけど莫大な金融資産がある」

いざとなったら、
「日本一国でも中国ごときは余裕で対応できる」←(ホントか嘘か)そう思っている

こんなこというと米国市民に怒られそうだが、
「事実上の米国”内戦突入”は日本が太平洋における存在を高めるチャンスでもある」

→続きを読む

posted by kagewari at 00:32 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0