2019年10月24日

自己分析のリスクと可能性(過去記事とほぼ同じ趣旨です)


なんせブログの構造上過去記事がどんどん埋もれるので、
【重要事項】はある程度敵的に挙げておくべきかなと、今回は「自己分析」に関してです。

■大きな前提として抑えるべきとこは
アングラ情報ではあるんだけれど(確度は決して低くないと思う)
日本の精神科医の一部が自主的にフロイト心理学勉強会をやってるって話で、
(それこそ臨床系や精神科系にはご法度なとこあるんだけどさ)
この時、「自己分析」は危険なので必ずサポート役を配しているってネタね。

●この件に対しての当事務所の見解だけれど
そもそも「自己分析」における危険性(自我崩壊など)、
その理由をだ心理学的に考えれば話が早い。
 ↓
これはフロイトの一番弟子のユングがあんなことになっちゃった(トンデモ・オカルト系であろうことかオカルトフェチのナチスに利用されEU圏でのフロイト心理学後退の大元凶となってしまう)、
その原因ですよ。

『共同幻想』適応系人格には「心理学が理解できない」
理由は簡単、理解する=自身が帰属する『共同幻想』ネタバレ崩壊に至るので、『共同幻想』適応人格は自我の一部(『共同幻想』適応により『自意識』の代替としての共有自我)、ここが唐突に根拠を失うため、(メンタルに問題意識を持つ自我ケースと同様に)「自我防衛的抵抗」であるとか「反動保守化」であるとか、(ユングのように)オカルト的偏向解釈やら(ここは新興宗教入信リスクにもなる)、
予定外にテンパってしまうからです。

加えて、大人しく臨床系や精神科医などに進学から免許取得のオンザレールなコースに適応している大多数の自我は『共同幻想』適応系となるので、
=臨床系や精神科系の医師がフロイト心理学勉強会で「自己分析」やるのは危険であると。
(てかさ理解できないんじゃないかと思うんだ、俺、素朴にさ、)
 ↓
(※ちょっと意味わからない人に補足するとだ→「緊縮財政派の財務省の官僚にリフレ派経済学の講義をするようなもの」だからさ。或は「近代にタイムスリップして古典経済学派にフロイト・ケインズ経済学の講義をするようなもの」とかね、はたまた「ガチのマル系左翼思想な人に資本主義・市場経済の優位性を講義するようなもの」などなど、←【強烈な反発】や反動を招くことは誰でもわかるよね)


■さてこれに対して(そもそも被験者”俺”が自己分析派であることも手伝って)
「自己のメンタルに問題意識を持つ自我における自己分析のリスク」ってさ
 ↑
ある意味論理矛盾あるよね(笑
リスクもクソも、(間違ってさえなけりゃ)善意の第三者である精神分析系の知見者が分析レポートを答申するのと何の違いがあんの?って事でしょ。

確かに、確かに「自己分析において間違う可能性」はあんだよ。
しかし【ここから重要】

→続きを読む

posted by kagewari at 19:33 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
タグクラウド