2019年08月29日

サイコパス「そのままやっていける場合」論

注:心理学サイドとしては所謂臨床系が乱発する症例分類を肯定しているのでは”ありません”から、この表題は(皮肉込みの)「巷ではそんな風に言われてますが」調で使用していることをまずご理解くださいな。

■さて、時々このブログで「臨床系があたかも病例分類のように用いているナントカ症」の呼称がついている状況でも、それこそ普通に(ここも所謂『共同幻想』用語である)健常者としてガッチリ社会適応しちゃうケースがありますよの代表例として紹介している『サイコパス』とは実際どういう状況なのって話です。

『サイコパス』(精神病質: psychopathy、の俗称)
wiki的には臨床系学会が
「反社会性パーソナリティ障害(Antisocial personality disorder/ASPD, dissocial personality disorder/sociopath)」と定義しているもので、
・罪悪感や良心が異常に欠如している←などの特徴で語られる人格タイプのことです
その特徴の中に(慢性的に平然と嘘をつくとか自己顕示欲が過大など関連と思われるけれど)
「口が達者で表面は魅力的」ってのがある。
 ↑
ざっくり言えば、極度の自己中心的偏向認知があり(その実現のため手段として嘘や罪悪感の概念すら無く)、そのあっけらかんとした振る舞いから表面的には異常なぐらい調子がいいことを言うので、周囲からはおおらかで気前のいい人と錯覚されたりするため、
「サイコパスの人間の大部分は殺人を犯す凶悪犯ではなく、身近にひそむ異常人格者であるとされている。」
 ↑
<こういう話しなのね>

故にその特徴から
・ブラック企業の経営者、拝金主義の弁護士、悪徳政治家、パワハラ外科医、ベンチャー企業の青年実業家、場合によっては芸能人の一部などなど(どうだろう身近な例では平然と嘘をついているのに権力者に取り入ってやたら良い御身分のいけ好かない奴←こういうポジションの人かな)、
「その病的人格特徴が『共同幻想』特有の社会性の中で、あたかもタレントとして見かけ上活躍しちゃう状況に収まると、大活躍して生き生きやれている人」←に見えちゃうワケだよ。
(※凄く比喩的説明すると「営業成績No1人格」みたいな)
 ↑↑↑
勿論「一歩間違えば」
・従業員をリンチ監禁してしまうようなナントカ、金のためなら無罪の人間を平然と犯人に仕立てる弁護士、利権のため反社会集団を使ってもみ消し工作する政治家、必要の無い外科手術を勧める倒錯性欲外科医、実はDVが趣味の詐欺経営者、覚せい剤の噂の絶えない芸能人他(身近な例ではその都度仲間の誰かに罪を被せてイジメに追い込み快感を得る誰かなど)、
「いつでもトンデモに転じる人格」だったりもする。

■何かオカシイ人って意味では無いよ。

では心理学的に臨床系の連中が何を大騒ぎしているのかネタバレしてみよう。
『共同幻想』社会適応に”長けた”調子のいい健常者は全員サイコパスだから
(人格構造分析的にはそうとも言えるって事ね)

オンザレールな『共同幻想』社会適応とは何ぞや
(※この話「確信犯的再選択者」のことでは無いから勘違いしないようにね。)
もとい、
「オンザレールな『共同幻想』社会適応とは何ぞや」→広い意味の”洗脳”です。

だってね(再選択者のように自意識が自己責任を担保して”何の概念を選んだのか”という担保も無く)、オンザレールに『自意識』の一部を自主的に抑圧し(それも処世術的なものだ適応)、椅子取りゲームはこういうもんだよ共有人格を躊躇なくインストールし、共有人格は常時ルーチンでアップデートし続け、抑圧されている『自意識』が本音をもらすのは「風呂とトイレの中だけ」って人格なんでずぜ。
(※そのためこのタイプの人格は”退職”や”高齢化”や”子供の自立”などをきっかけにして突然心理的不安などに襲われるケースも珍しくない。←バックボーンとなる社会的権威との紐付けが切れると自らのレーゾンテートルまで失い唐突に鬱的になったりする。更年期障害もこの流れの一種ではないかと考える事もできるかもしんない。)

→続きを読む

posted by kagewari at 06:18 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
タグクラウド