2019年08月06日

心理学に回答のようなものは無い件


心理学はあくまでも構造分析するだけで、その実態が似ている(というかケインズがフロイトを参考にしたからなんだけれど)経済学にも答えが無いに通じている。
「状態の維持や変化、均衡する法則性」みたいな分析がメインであって、
”これが素敵な経済の形なんですよ”のような答えは無い。
(あったとしたらそれはイデオロギーであり、資本論書いたマルクスもその後の共産主義イデオロギーみたいな展開を決して望んでいなかっただろうと思う。)

心理学も「当人がそれでいいと思っているなら」
”絶好調でよかったですね”で<終わり>
そこに定番のエディプス的エスカレーション均衡があろうが無かろうが”関係が無い”のです。
経済学じゃないけれど、
「失業率の問題を解決したい」であるとか
「インフレ率をなんとかしたいんです」のような、
当時者が選択する問題提起に対して「それはかくかくしかじかの構造があるからですよ」と答えるだけの話です。

車で言えばさ、
ゼロヨン加速が凄まじく燃費もアレだがどこぞのストレートで最高速度360キロ超えるって車に、不満な人もいるかもですが、満足な人もいるんです。
それが不満な人にとって360キロの車が欠陥車って意味にはなりません。
故障の多い車両もそうで、
頻繁に故障するが味のある欧州車が好きですって人にとって、故障は問題ですらありませんが、日本の軽自動車のような使い勝手を期待する人はそれを「欠陥車」と呼ぶかも知れない(そう呼んだとしても相対論に過ぎず”そうだ”ってことじゃなからね)。
 ↑↓
当時者に問題意識があるからといって「それが欠陥でなおすべきポイントだ」では無いのですよ。
同じ自我構造でもそれも味わいだと面白がって歓迎する人物もあり得るからです。
※芸能人のファンが時々”いい意味”で人間臭い振る舞いを”ポンコツ”って呼ぶことありますが(これは「天然」とかの関連語だと思う←基本好感意図だから)、まさにそんな感じかな。

ちょ〜っとニュアンス違うけど、
●コーナーでパニックブレーキ踏む癖のあるオーナーから「ハンドルが故障してます」みたいな相談された時、
タイヤの摩耗状況とか見て「いやー(リアがブレークするオーバーステアは)ハンドルじゃないから、、」←心理学はこういった切り分けというか分析プロセスこそが真骨頂と言える(そのおかげで「いつになったらハンドルを!」みたいな悪評にもなりがちなんだけどさ、、)。


■心理学はガレージショップにおける「基本的な工学知識と方向性変更ノウハウや調整スキル」のようなもので、
それ自体に”意味や意図や方向性は無い”のだよ。
「こうしたいんだけれど」と言われて初めて「うーんこことここかな」みたいな話。
重要なことだけれど、人格は交換きかないので車を乗り換えるかのような変貌はあり得ない。
元々存在する素性としての個性に変化は無いからね。



■■■それとは別に「社会学的合理性」の論議があって■■■
(『共同幻想』崩壊論など)
それは、心理学では無くって社会学だったり社会心理学や文化人類学の話ね。
経済学においても、ケインズ登場以降だってのに重農主義だとか神の見えざる手論バリバリってのも(数式的検証以前に)「いつの時代?現代経済学にそれは無いでしょ」というような歩留り論的な流れはあるんであって(if ケインズがこの世に生まれていなかったかもしれない世界線の話をされてもどうにもならんと)、そこも「こうあるべし」って論議では無くして、
「今こういう流れにあるから」という大枠の話になる。

前述の車の話でたとえればさ、
「(これそれに近いことマジに米国大統領候補が発言しているんだけれど)ガソリン車は環境によくないので”全廃して馬車”に」
 ↑
いやいや、道路からスタンドインフラから、てか馬何頭いるんだ?
のようにだね、論議可能性の文化・社会上の限界ってあるじゃん。
(アーミッシュの話は例外事項としますww)

心理学においても”場面は現代社会”だからさ、
社会学的に現在の社会の位置付けってのは「場面環境の前提」としてある程度理解しておかなければならないし、社会心理上の分析や心理学なりの見解もあるからね。
そこも<答えのようなものでは無くって>「かくかくしかじかでこうなってちゃってるよね」って事後的な現状分析です。

→続きを読む

posted by kagewari at 16:21 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
タグクラウド