2019年06月29日

凄腕フリーエコノミストは過去存在していた(専業主婦:the housewifes)

男女雇用機会均等法の施行により
その幻想は壊れた「専業主婦」
どっかの世論調査だと思ったが(所謂OLのキャリア志向調査かな)、
潜在的に働く女性の半数からそれ以上が「専業主婦ってよかったのかも」などと考える事があると言う。

何もねぇ、絶滅したワケでも無く、
封建時代の女性差別を擁護するつもりもありません。
■重要なのは現代リベラル社会以前、おおよそ高度経済成長『共同幻想』モデルの初期ぐらいまで、「専業主婦」というフリーエコノミストのモデルが実存していたことです。
 ↑
そのため、就職にちょっと失敗しちゃったOLや、
うまくいかなくて退職しちゃった時など、
女性にだけ「家事手伝い」という謎の職業が存在し
(当時は履歴書にそう書いてもアリアリだった)

平成前後から「引きこもり」なる言葉が台頭するのだが、
その言葉の対象が男性が主体となったのは、
「男には家事手伝いという職業が無かったから」に他ならない。

■ましてや現代でも希少絶滅危惧種となった「専業主婦」をニートとは呼んでいないし、
過去全盛を極めた時代でも「専業主婦」に求められる職能がこれといって定まっていたことも無い。
ただ”昭和のイメージ”として、
「専業主婦:節約、食料品スーパーのセールハンター、夫を含むお小遣い決裁権、へそくり→プラザ合意後の財テクブーム時の資産運用責任者」などなど、
俺が勝手にそう呼んでいる「マイナス所得(同じ金額なのにその効用を増額する力)」スキルの持ち主だった事は事実でしょう。
(家内裁縫なんかもそうだよね。学校のプリントで雑巾作ってくださいだとか←昭和にはそんなんあったんですよ。)


●これさ、一種の社会構造論なんだけども
現代においては「保育園やら家事サービス」など、当時専業主婦が無報酬でやっていた関連業務がビジネスモデル化されているよね(俺の個人的意見だけどそれらの業務は専業主婦の副業的なものだったと思う)。
そして、当時の専業主婦の社会的意味における本業ってさ、
「世論形成」にあったと思うのよ。
その始まりを歴史は「井戸端会議」と呼んだんだけれど、


→続きを読む

posted by kagewari at 23:15 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0