2019年06月27日

『単独者』の雑感「日常と非日常」

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)


そういえば、
岸田心理学的におけるベタな原則論書いてなかったかもと思って、
中身的にざっくりした話でもあるので、雑感シリーズに書いておこうと思う。

●言語的に「日常と非日常」は「ONとOFF」ってことで
『共同幻想』適応社会の話なのね。
「義務とインセンティブ」「仕事と行楽」の事なので、本来的意味の非日常では”無い”。
非日常も日常的世界のうちみたいなね。

『単独者』の場合、その人格選択からして(『共同幻想』ワードで言い換えれば)「アブノーマルなぐらいの個性化選択」なので、
これ『共同幻想』世界から見れば、
「『単独者』の日常は、『共同幻想』世界における非現実的なぐらいあり得ない話」となる。
故に、
『単独者』は非日常を求めることもしないし、そもそも『単独者』にはほとんどインセンティブの原理が通用しない(金や地位や女や男で動かない)。

●理屈はすごく簡単で
『単独者』は日常そのものがトンデモなので、生きているだけで”欲求代謝”するため、殊更のイベントを必要としないからです。
(そら全く無いとは言わないけどさww)
むしろ『単独者』にとって、勘違いした『共同幻想』社会から行楽的イベントに誘われることは”悪夢”であって(貴重な自分独りの時間を削られる=折角予約した個室から無理やり相部屋に移される)、
迷惑な話でしかない。

自動的に『単独者』に社会性は無いのだけれど、
行動に社会性が無いだけで、知見として社会的常識を意識的に逸脱することは無い(現代で言えば法令遵守の範囲に限る合意で=『共同幻想』の意味では無い)。
何故って面倒事に巻き込まれても”損なだけ”だから(単に合理的判断として)。

ひょっとすると『単独者』ってのは、岡本太郎ばりのエッジの効いた人と思われるかもだけど
全然違うからww
(フロイトで言うところの昇華に相当する現象って「強迫心理や反動形成抜きに語れない」から。)
『単独者』ってのは、その心理に強迫性が”ほとんど無い”ため、
殊更特別なことに拘ったり、でなければならない論とかの外にいる人なのであって、
 ↓
自らを規定する(周囲から見れば瑣末なことかも知れない)自分だけの日常性には命懸けで拘るため、ある意味理解され難い。
「そんなしょうもないことでどうしてそんなに怒るの?」←みたいな状況起きがちだからね。

●ちょっと解説必要だと思うのでアレすっけど

→続きを読む

posted by kagewari at 22:14 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0