2019年06月09日

リクエスト記事(いちごさんより通り魔事件のことなど2)


前回の7日の記事説明を受けて確認のリクエストです
依頼文を引用します

>いちごです。防犯面でのアドバイスありがとうごさいます。
>しかし疑問が残ります。今回の事件に限らず、他にもさかきばらや佐世保小6殺人、佐世保女子高生殺人、長崎男児誘拐殺人、小島一朗、加藤智大、畠山鈴香、宅間守等、凶悪犯罪に発達障害が多いのは何故ですか?世田谷一家殺害の犯人も発達障害との発表もあります。オウム信者の大半が精神、発達障害。引きこもりや家庭内暴力も発達障害が多く、各種依存症や非行もADHDが多いとの話もあります。同じ発達障害同士であれば友人や恋人もいるし、仕事や人と上手くいかなくても仕事してる発達障害も多いので犯罪へのエネルギーはあるのでは?


■えーっとですね(私は犯罪心理専門ではないので)
記憶に無い事件はざざっとググった程度調べてみました。
また、説明するまでもありませんが直接話を聞いているとか無いので以降は全て推測の域を出るものではありません。

大事なところから
1)社会的には「なんとか障害」は病気認定ですが、
医学的にも、心理学的にも「病気ではありません(レントゲンや血液検査で”なんとか障害物”があるワケでは無い)」。症例です、
極論ですが、症例ってのは「赤面症も、高所恐怖症も、あがり症も同じ症例です」
つまり自己申告。
病院は営業的に「帰ってください」も何ですから、申告された症例をカルテに書き主たる収益源の投薬を行います。言うならば保険制度上投薬の根拠の証明のため「なんとか症」の記載が必要なワケで、それが病気だとの確認はほとんど無いと言ってもいいです。

ある意味会話でコミュニケーション可能であれば、病気では無いと思ってもいい。
同時に所謂一般人全ての人が、なんらかの症状を訴えて精神科なり行けば「なんとか障害」なり「なんとか症」の症例もらえます。
 ↑
だいたいがそういうもんだと思ってください。

●発達障害なんてのも、ハリウッド俳優のトム・クルーズ級じゃないと(彼確か台本も読めない筈)本格的ななんとか障害とは呼べない(彼の場合ガチの障害者ですが立派なハリウッドスターです、、)


2)極論すれば(ノーベル賞の生物学者ローレンツ的には)
「人類ヒト科は全員発達障害」なんです。
霊長類であれほど生後自立的活動できない動物はいません。
「遺伝的障害生物」は言い過ぎですが、かなりそれに近い生物が人間です。
(※未熟児且つ成長が著しく遅い全員が成長障害、体毛を失うなど奇形とも言える進化、年中無休で繁殖可能な性機能障害、性機能獲得が異例に遅い性機能発達障害、無理な直立歩行による骨格の奇形、文化的志向や習俗化粧など情緒障害、などなど。)


「やれ誰それがなんとか障害の診断あるから」
 ↑
ここにはクソの意味も無いのです。
(私にはこんなとこがあるんですって病院で申告すれば”極論”誰でも「なんとか症」なので)
●ですから私は強硬な刑法39条否定派なワケで


3)列挙された犯人や容疑者やオウム信者などなど、
僕の印象ですが「全員健常者ですね」
(オウム以外は”性倒錯”)
(オウムはカルトなんで所謂マインドコントロール系←わかりやすく言えば誰でもかかる自己暗示の延長みたいなもん→所謂一般社会人も左巻きの偏向報道うのみにするなど似たり寄ったりの事やらかしてます。→オウムはね「カルト宗教の結社」は問題じゃないの、●その結社がどうしてテロリストになったのか←ここは別の論議だから。)

それから世田谷は(噂では某国人の犯罪ではとか言われてますが)犯人挙がってないのに「なんとか障害」もクソもないですよ(笑

●私が知る中でマジに「精神障害(誰にもどうしてそうなるのかわからない)では?」と思うのは、
■尼崎事件(角田被告がガチなのはアレですが、命じられて事件に及んだ部分は明らかに監禁なんとか症みたいなこちらも精神病と思われる)
■木嶋佳苗、婚活サークル連続殺人事件(マジ本物のサイコパスかな)
 ↑
このふたつぐらいですね。


4)極論すると「健常者とは発達障害者のことなので」
犯罪に関わるパーソナリティーとこれを関連付けても全く意味が無い事になります。
前述のいくつかの事例についても、
サカキバラにしても宅間にしても加藤にしても小島一朗にしても畠山鈴香も、
確かに性倒錯に至る過程は「なんとか障害」で説明する方が(真偽はともかく)わかりやすいかも知れませんが、

「性的変態は全員凶悪犯である」←100%あり得ないですから。

彼らが犯行に至る経緯には(彼ら以外の全ての犯罪者一般に通じる)
「犯罪に関わるパーソナリティー(←意欲のことですよ)」
これが、個別に存在してます。
それが無いと、人間は犯罪をしないんです(得することが何もないからです)。
逮捕されるリスクを犯してまで、彼らに意欲的挑戦をさせる(やりがい)とは何か?
 ↑
ここが鍵で、この件はなんとか障害と無関係です。
(てか、言い換えれば私もあなたも人間ですからなんとか障害な訳でwww)

※注:ついでの話。逆説的に言えば「メンタル問題」と「なんとか障害」は”無関係”とも言える
(昨日あげた心理学テキストに書きましたが心理学的問題って別のとこにあるものだから。)

→続きを読む

posted by kagewari at 18:20 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0