2019年06月03日

『単独者』の雑感「川崎19人殺傷事件」

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)


やおら岩崎隆一容疑者の精神状態がどうこうって話も出てくるんだろうけれど
原理原則を整理しておく
俺は刑法39条否定派である←【ここ凄く重要だと思ってる】
(計画的殺人などの動機形成は、自身のメンタルに問題意識を持つ人物には不可能である)

●「強迫心理」は誰にでもあり、同時に所謂臨床系の診断における症例で言えば「サイコパスは政治家や社長、弁護士、医師などにも多い」という分析ある”そのまま”だけれど(スポーツ選手にも存在すると思う)、
・メンタル問題は”病気では無い”(症例)
・それをメンタル問題であるか否かを決めるのは自分自身で、
自身のメンタルに問題意識を持てば、それはメンタル問題だけれど
同じ「強迫心理」の一種『共同幻想』に社会適応している自我は(所謂通称:健常者)、自身のメンタルに問題意識を持たないのでメンタル問題と呼ばれないだけで、自我の構造の基本は同じ。

●通院に至るなどの厳しい状況が何故起きるのかって、
問題意識を持つ『自意識』と、無意識下の「強迫心理」が(双方の関係性が矛盾するのだから)葛藤関係に至るからで、
(暴論だけどさ)
「俺ってさ、いかしたキチガイなんだよね〜」という認識があれば、
第三者から見て”そうとういっちゃている人”でも全然アリなんです。
(「芸術は爆発だ!」の岡本太郎じゃないけどさ)

つまり「岩崎隆一容疑者のメンタルがどうだこうだみたいな論議には意味が無い」のですよ。
彼が犯した”犯罪”その犯罪を構成する行動と動機形成が全てです。
(まだ噂の段階ですが、兄弟のように育った同居のいとこふたりは事件の小学校に通っていたという話もある)

だから(俺の個人的意見だけどさ)刑法39条には全く意味無いんだよ。
刑事被告人となり裁判となっている時点で精神鑑定など必要無いんです。
(てか心理学的に、人の精神なんて鑑定できネーっての。)
あれさ、
仮に岡本太郎を鑑定してさ、彼に責任能力無しって診断出ると、
(芸術家岡本太郎を揶揄するつもり一切ありませんので誤解のないように、市井の評判から医者によってはナントカ症とか診断するかもねって過程が入りやすいだろうってだけです。芸能人やアーチストで実際に精神科通院歴ある人多数だと思うけれど、以下の論議において同様に「だからといって作品の著作権を認められない《責任能力無し》」などとう話になることは”あり得ない”。)
彼が作った芸術作品は(責任能力無しなんだから)彼の作品として認めないってこと(無罪)?
おかしいだろ、
芸術家の場合、作った作品と創作の企画が全てであってだ、
創作時の精神状態が作品の著作権や真贋論争に関係するか?



心理学的暴論言えばさ、
「見方変えれば、『共同幻想』社会適応の通称健常者は(原始時代の人類ヒト科ルーツ世代から見れば)全員キチガイ」とも言えるのだから。
そんな話を事件の真相語りに持ち込んでも全く意味ネーんだって。
※心理学には健常者なんて概念無いから

→続きを読む

posted by kagewari at 06:53 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0