2019年06月17日

なんかまたきたんだが(発達障害の元夫に疲れてさん)

えーと文句言う場所が違うだろって言葉が通じないのかね?
web投げ銭リクエスト規定による引用から

>発達障害の元夫に疲れてカサンドラ症候群になった者
>表面的に社会適応してる発達が一番厄介です。こういう人達も子供時代に虐めや虐待を受けて人格が歪んでます。そもそも自分が悪いのにいじめや虐待を受けたと逆恨みするのが大半です。まあ発達と共依存に陥った私にも問題はあったのかもだけどカサンドラは結婚相手や家族だけではなく職場や周囲の他人も陥ります。健常者が被害に遭うから発達の人は一切社会に出て来ないで!無職の人も子供の頃から親や家族、周囲の他人に多大な迷惑かけてきたことを自覚して!健常者の方は少しでも相手に違和感を感じたら結婚はやめましょう。後悔します。

 ↑
だから、その臨床系の「なんとか障害」とかの分類には意味が無いんだっての
(名前つけようと思えばなんでも付けられるんだから)

■外形的事実だけの話になるので推定含むけども
さっきも話したように、
心理学的にはあなたの元夫は健常者だから
で、なんどか障害の度合いも他の人(あなたの言う他の健常者)と大差ないんだっての。
(所謂一般の『共同幻想』適応者の言う事も大概だからね)

この高度経済成長時の『共同幻想』モデル(あなたの言う自称健常者達)、このモデルからして明治とも違うし江戸時代とも全然違うワケ、
(他の世代から見れば別の時代の健常者はキチガイなの?ってぐらいに違う。←海兵隊がIS社会をイカレてんじゃないかと思うのと同じぐらいに。)

でー
『共同幻想』崩壊時代ってのはだ、
所謂オンザレールや、ナチュボーン系の『共同幻想』適応人格の均一性が崩れてくるの、
(時代的に世帯が迷うことなく受験戦争を肯定するみたいな”昭和の集団心理”は崩壊してるから)
”崩れてくる”ってことは、
『共同幻想』のキモである、各人が持ち寄る常識論が”共有できない”ケースが増えるって事。
(この段階で各人が『共同幻想』だと信じた概念は「単なる強迫心理」に落とされる。←共有化に失敗したから”個人的な妄言”とかになっちまう。)

●心理学の原理原則で説明したように、
「共有化共感化に失敗した個人の”『共同幻想』のつもり”は=「強迫心理」なワケ」
逆さまに言おうか?
「強迫心理」が、複数に共有共感されるとそれは『共同幻想』に変質(バージョンアップ)する。
(多数決による正統性を獲得し→不安や承認欲求が解決する)

しかし共有されないと「ただの強迫心理」なワケ、
(「どうしてわかってくれないの!○○だよね!」とパニックに転じる)

ちょっとここの意味まだわかっていないようなので、
しつこつ説明するけど
「常識だとか道徳論には普遍性無いから(民族や時代で変化する”その都度”概念)」
ぶっちゃけ”その時代の思い付き”程度の概念なワケ、
(国籍や刑法みたいに何世代も理性をプルーフされ続けた保守思想系概念は時代を超えるので例外)

提示される概念の中身を哲学的に論議するってスタンスもあるけれど(多数決とか共有とか関係無く学術的な論争をもって根拠を明解にする)、
そういうことやるのは『単独者』の分野なワケ
(所謂市井の”自称健常者”のみなさんは、政治や文化人類学や哲学的討議を”むしろ避ける”でしょ。健常者の世界の空気を読む原理から言えば「難しい話とかすんなよ」なワケだ)
 ↓
これに対して『共同幻想』社会適応系ってのは「みんながそういうから」を背景に(そうやればさあんまし頭使わなくても多数の概念盛り込めるじゃん)”中身を問わず”(哲学論争などをせず)常識や道徳論をそのまま導入するワケだよ。
(スムーズに導入できる人に「おりこうさん」なる名前までついてる)。

つまりさ、
●学徒出陣時代だとか、戦後集団就職時代だとか、受験戦争時代など社会の均一性が壊れると、その都度『共同幻想』は破壊と再構築を繰り返してきた。
この動きは発展地上国だから可能な話で(人が個性化できるほど豊かじゃないからある意味生存競争のスタイルが変化しているだけ→社会の集団的構成は必要悪として継続するから)、

日本が先進国になり個性化が進むと『共同幻想』による社会運営は本来”終わり”なの
(個性化の時代となり、社会が生存をかけて集団組織化して均一化・同一化する時代は終わる。)


しかしだ(取り残される人達じゃないけれど)
●事の本質を哲学論争のように考えない層
(オンザレールやナチュボーン適応者=自称健常者←米国で言えば「よきキリスト教徒」)
「こうあるべきってその哲学的根拠は?」で喧々囂々に”ならない”の
そこは個人で考える事では無く偉い人やみんなの言う通りが正しいってアバウトな底引き網で広範な概念をそのまま導入してきた自我だからね(空気を読め、難しいこととか言うなよ、、)、

結果、
環境の均一性や同一性が後退するとその階層では
「こうにきまぅてるだろ!」「ちがう」「なんでわかって(共有化して)くれないの!!」
みたいな100パー結論の出ない水掛け論が各所で噴出する。
「わからない人は悪いんだからイジメられて当然だ、自殺してくれたらむしろせいせいする」
【これが『共同幻想』崩れ社会の実態】

やれなんとか障害が悪いとかそういう話しじゃネーの
現在、あんたら自称健常者の世界そのものが絶賛ぶっ壊れてるんだってば。
(そして、既に自称健常者って現代社会では”もう比較少数派”だからね。)

→続きを読む

posted by kagewari at 15:40 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月16日

リクエスト関連、また変なのが(発達障害の元夫に疲れてさん)


この人も自称健常者(『共同幻想』系人格)なので、
言わせてもらいますが、
(リクエストはありません頑張ってください的な少額投げ銭はありがたく感謝しますが)
この内容で、15円て、、
(『共同幻想』ワードで言えば)お前に常識ないだろうよ。
サイト内社会において「あんたがコミュニケーション障害」なっとんじゃん、、、。

web投げ銭規約による引用から
>発達障害の元夫に疲れてカサンドラ症候群になった者
>発達の元夫は言わないと分からない、一から千まで説明しないと理解しない、絵にかいて説明しないとわからない。園児かよって思う。人の気持ちがわからず思いやりがない、人のせいにする、毎日発達夫を世話してる私への感謝もない。それどころか好きで障害に産まれたんじゃないのに感謝の押し付けをするな、バカにするなと逆ギレ。今の夫は健常者で私が辛い時には言わなくても理解し、寄り添い、動いてくれる。発達は結婚しないか、発達同士で結婚して下さい。発達は何故健常者との結婚にこだわるのかしら?


で、
以前から「臨床系」のトンチンカンな分類には疑問感じているんだが、
彼らの言う概念だとどういうことかって、wikiから概要を引用してみよう。

カサンドラ症候群
アスペルガー症候群の伴侶を持った配偶者は、コミュニケーションがうまくいかず、わかってもらえないことから自信を失ってしまう。また、世間的には問題なく見えるアスペルガーの伴侶への不満を口にしても、人々から信じてもらえない。その葛藤から精神的、身体的苦痛が生じる[2]という仮説である。現在のDSM(精神障害の診断と統計マニュアル)その他には認められていない概念である。また、カサンドラ症候群の場合、夫婦間においてどちらか一方が悪く、どちらが正しいか、という問題ではないことに留意すべきである。


<ちょいと似た症例>
メサイアコンプレックス
自分は不幸であるという感情を抑圧していたため、その反動として自分は幸せであるという強迫的な思いこみが発生するとされる。さらにこの状況が深まると、自分自身が人を助ける事で自分は幸せだ(自分には価値がある)と思い込もうとする。
このような論理になるのは、幸せな人は不幸な人を助けて当然という考えを自らに課す事で「自分は幸せである、なぜなら人を助けるような立場にいるから」と考えられるからである。本来は人を援助するその源として、まず自らが充足した状況になることが必要であるが、この考えは原因と結果を逆転させている。
そうした動機による行動は自己満足であり、相手に対して必ずしも良い印象を与えない。また相手がその援助に対し色々と言うと不機嫌になる事もある。しかもその結果が必ずしも思い通りにならなかった場合、異常にそれにこだわったり逆に簡単に諦めてしまう事も特徴的である


(※間違うといけないから念押ししとくけど上記は臨床系の言い分で、俺がそう考えているとかじゃないから。てか臨床系ってこの辺の話を昔人格障害の枠で話してなかったか?←まあそれはいんだけどさ。)

●それから重要な前提条件
心理学では「当事者が自身のメンタルに問題意識を持つ自我」を相談の対象としているので(当事者が平気であればサイコパスだろうとなんだろうと”個性化枠に過ぎないため”好きにすればいいのであり)、
仮に前述の問いのように、発達障害の夫的な人物像(おおよそ自身のメンタルに問題意識を持っているとは思えない)、心理学的には「健常者」なワケで、
心理学上の論理的分類で言えば「『共同幻想』崩れによくある人格」になる。

※末尾に記載しているけれど、確かにこのサイトの相談者には「なんとか障害」の診断受けている人もいます。「なんとか障害」なんて言葉は人類全般に診断可能な概念だから”幅が無限に広い”ワケでさ。←この話になると長くなるので省くけど、心理学の概念上どちらか言えば「自身のメンタルに問題意識持つ自我」の味方的立ち位置になるが、心理学的に「オマエラ『共同幻想』適応系じゃん」な「なんとか障害」に関しては”勝手にしろよ好きにしてくれ”心理学は関係ネーからのポジションなワケだよ。


■どうにも『共同幻想』系の人達は彼らが権威を認める臨床系の診断をさも病気であるかのように「やっぱりそうか」のような認識しているようだけれど、
(ここは2chなどでも顕著な現象)
表向き
心理学が対応するような「自身のメンタルに問題意識を持つ当事者」の案件では、
社会不適応を派生させているケースがほとんどなので、
正社員などの就職をしてしいない
ましてや結婚などしていない(むしろ恋愛経験すらないなど)ケースが大半で、

臨床系が何をもって障害診断を連発しているのかわからないけれど、
(まーね一般慣用句上の「あいつあったまおかしいだろ」的な世界のことかなと思うところはある)
 ↑
前述引用のカサンドラのとこで
>現在のDSM(精神障害の診断と統計マニュアル)その他には認められていない概念
と説明があったり、

彼らをして「そもそもナントカ障害って分類を「健常者同士のコミュニケーション障害が著しいケース」として分類してるだろ」と、心理学は考えます。

●そもそもが「健常者」って言葉も、
心理学的に言えば「『共同幻想』適応という一種の障害」なのであり、
前のリクエスト関連でも書いたけど、「なんかこんな不快症状ありますって臨床系とこで言えば全員なんとか障害のタイトル貰えるから」←そうう類のことなんだってば。


でね、
前提欄に「メサイアコンプレックス」引いてみたけど、
発達障害の元夫に疲れてさんは、文字通り「元夫とあるので」
現在は離婚されているだと思いますが、
「ダメだこりゃ」ととっとと離婚していればいいワケでしょ。
(カサンドラは二次的と言われてるだけでなく、臨床系すら非正規なジャンルだし)
そうじゃなく、今現在も「元夫がどうたら」という話しに及ぶのだとしたら、
(話の流れ的にPTSD系じゃないし)
話しの始まりはメサイアコンプレックスの方じゃネーのって気もするし、

健常者と結婚したがるのは健常者だけです(笑

この心理学サイトで相談される「自身のメンタルに問題意識を持つ方」の大半は、健常者にはイジメられた経験を持っていて(怒りや報復感情を訴える例は少なくありませんが)、健常者との結婚なんてトンチンカンな相談、過去に一例もありません。


→続きを読む

posted by kagewari at 17:24 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月15日

自衛隊F3戦闘機は国産主体か(このネタを心理学的に論じてみる)

今回は趣向を変えて
<<<<<OP『人間椅子』>>>>>

人間椅子「見知らぬ世界」("Mishiranusekai" - NINGEN ISU)

「宇宙からの色」とか「深淵」もいいかなと思ったけれど、続けるのもこの辺にしておきましょう
頑張れ『人間椅子』(同世代的に肩入れしてしまうのであったww)


さ、そんなワケで、
「目の黒いうちに国産戦闘機F3が見たい」と思っているのだが(笑

どうなんでしょう。
俺は自分が日本国籍である『共同幻想』を否定する予定はないので(てか合理性で論議する話でもないので否定する意味がない)、そのままだけれど日本の安全保障は自分の身に関わる事項として(有権者だし)受け取っているだけなんだが、

F2戦闘機の後継機は日本が主導して開発を 安倍首相
2019年6月11日 16時43分(NHK)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190611/k10011948781000.html


そら元ガンマニアですから、国を象徴するGUNには興味津々なのであり、
(64式自動小銃にもトンデモあったり)日本が苦手な部分あるの知ってますが、JAXAの宇宙開発しかりで国単位の選択って局面には(それ以上の『共同幻想』上部構造が”無い”ので)、
『共同幻想』認知リミッターも外れて、自由な日本人の『自意識』マター全開を垣間見ることができるのですよ。
「本当はどんな顔してんの?」←興味あるじゃないですか(笑

■NRA(全米ライフル協会)の肩持つつもりは無いですが、
銃は機械(文明の力)であって、公害だとか有害物質ではありませんから、
ガンコントロール法があったとしても(自家用車所有規制しても文明から車が消えることは無い)、「人類の文明と銃」ってのは消せない歴史である。
(※誰しもが所有や行使の権限や使い方に関して考えることが現実として投げかけられている)

「文明的に不要な機械だ」などいう話も出るだろうけどさ、
キュリー夫人(ノーベル賞)とこまで戻って考えるんですかって話で、
あーたね、はたまた
ノーベル賞の元祖がー(アルフレッド・ノーベル)
「ノーベルはダイナマイトの発明者」なんですぜわかってる?
んな事いったら
「火炎放射器にもなるから火をつけるのやめれ」って言うのか?
(実際オール電化住宅の広告で見た気がするけどww)

「ナイフは禁止だが包丁やカッターナイフはいんだ」←分類できんだろうが!
(刃物は禁止って、ピテカントロプス・エクピトス《Pithecanthropus Erectus》なめとんのか)
見てきたワケじゃないが(笑
ボノボ他類人猿の社会見れば、最初に手にした道具は”武器にもなる棒や石”でしょ、

銃は文明の成果であり、少なくとも現代社会は「人とともある存在」です
(※誰しもが所有や行使の権限や使い方に関して考えることが現実として投げかけられている)
 ↓
●私はガンコントロール社会の住民なので銃に関して無知蒙昧でいい
(その判断を自衛隊や代議士に付託している、俺は知らなくていい)
 ↑
それは有権者の責任としてNGなんだわ

→続きを読む

posted by kagewari at 10:29 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

意外と消費税10%は争点にならないのではないか


どこで書いたか忘れちゃったけど、
「経済学よく知らない一般人にとって、インフレターゲット2%が思うように達成されないことと、消費税の2%上げることは区別ができない」
(消費増税見送っても、景気拡大でインタゲ目標達成すると物価が2%上がるんでしょ?)
 ↑
こうなるよね
マクロ経済はあんだかんだ言って市場や消費者の心理なのであって、
「経済評論家が思うほどクリティカルでは無い」と思うのよ心理学的に。
(右派論壇ではここえらい騒ぎになっているけど、俺はたいした争点では無いと思う。)

●副業の不動産的に言えば「既に今年に入ってから景気後退の感触がある」
この停滞感は「既に消費増税を織り込んでいて、やったらどの程度の影響になるのか(社会福祉の拡大含めて)様子見段階に至っている」と思うんですよ(一種の手控え感ってのかな)。

さあ、どうなんでしょう(ジャーナリストの須田さんっぽく)
市場や消費者は「増税でこんだけ悪くなったとして、補正予算でどういう対策打つの?(財務省に貸しができるんだから大盤振る舞いできるよね・日銀の金融緩和も更に拡大の口実となるか)」←むしろ関心はこちらでしょ。
ですから、今財務省と喧嘩しても消費増税2%ストップしても「今と何も変わらない」。
 ↑
この判断も一種のギャンブルなんだけれど、
(自民党の選挙前世論調査の精度はかなり高いと言われている)
参議院選挙の票読みでそういう感触あるのじゃないか?
政治家特有の読みというか、勘というのか、


「織り込まれている心理」をベースに考えると
「同時にそれは期待感」でもあり
(※これも勘なんだけど、日本人特有の心理で「5%還元キャッシュレスのなんとか」←これほとんど利用しないのじゃないかな?→むしろ「ほら失敗したじゃないか」と言わせたい。)

■ひとまずウルサイ財務省との関係はここでケリをつけて
「オマエ景気の後退(8%の時みたいな)無いって言ってたの嘘だったじゃないか。(米中関係だ?んなこと上げる前からわかってたろ)責任取れケジメつけてもらうぞ、10パーの約束は守ったんだからな」
 ↑
こっちの期待感の方が大きくないか?
(日本の有権者バカにしちゃいかんからね。財務省相手に大変だってことは思うより広範に”共有”されていると思う。)

→続きを読む

posted by kagewari at 00:59 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月11日

割とどうでもいいネタ「よくわかる人達」

海外の反響動画は本当に人物観察として面白くてですね
今回お題は有名な「進撃」です。

●アニメ『進撃の巨人』です
(米国系だと思いますが)
影響力や優れたTVエンタメコンテンツランキングで1位取りました
スクショ取っておきました
imdbrating.jpg
 ↑
なんとあの超大作『game of thrones』(まとめ動画しか観てませんが映画で言えば”スターウォーズ”級)を超えての1位です。
上記サイトがそれほどの権威のあるものなのかわかりませんが(笑
日本国内においても、サブカル系に属するアニメが実写含む全てのコンテンツのトップに浮上するってそれだけでも痛快です。

長年海外の反響動画で人間観察してきた意見として、
欧米系視聴者はバチンといいもの悪いものを区別しないと視聴が続けられない(故に掲示板では頻繁にどっちのキャラがいいものなのか論争なども起きる)。日本の漫画アニメは「誰がいいとか抜きにした複雑なドラマが多いため(特に進撃はそう)」、
一部の作品は作品の深い表現意図についていけずに見当違いなとことで爆笑するなど、あられもない状況を目にすることもあるのですが(勿論伏線回収や深い意図を感じ感動するリアクターもいるのでその理解に激しい差異があるというのが正解かな)、


■進撃に関してはその人気から(掲示板などで事前にやりとりしていることも多いのでしょう)、欧米人でも過半のリアクターが演出意図を踏み違えずついてきています。
(思うにランキング1位取れたのも、訓練され且つ深い意図の演出を理解できた彼らなりの達成感みたいなものもあるかも知れない)

そんな中(2週ほど前の回なので)ネタバレしても大丈夫でしょう
『進撃の巨人』54話
「よくわかる人達」がおりました、
アクセス数的にも人気リアクターのベテランならではと言えるでしょう、
勝手に「おもろい夫婦」と呼んでいるこの方達なんですが、
(ネタバレ批判回避なのかな、54話の反響動画削除しちゃってますねww)
 ↓
リアクターはこの方達で(参考で53話貼っときます)


●で、削除されちゃった54話の反響動画でどういう展開があったのかと言うと
1)内容的は主要キャラのアルミン・アルベルト死亡の展開に二人落ち込むも
2)勘の鋭い嫁がオープニングのネタバレに気が付き
「あんたアルミン生き返るで」
「何?!」「オープニングに”アレ”ってモンタージュがあんねん」
「ちょ、どこ」「まってな」
”カチカチカチカチカチカチカチ(コマ送り)”
「ほらみ、アルミンの顔に超大型巨人の顔が被っとるやんけ!!」
「決まりや巨人になって生き返るのはアルミンやで」
(すっかり元気を取り戻し)
「お前はポーズ(コマ送りpose)職人やな〜」
(褒められた嫁が得意げに)
「もう一回見せたるわ」
”カチカチカチカチカチカチカチ”、そしてご満悦

発見された場所はこちら

(【ネタバレ閲覧注意動画】として日本では一ヵ月前から発見されていた)
 ↑
自らこのネタバレを発見してしまった結果、
彼らの55話のリアクションがイマイチショボくなってしまったのである(笑

海外のリアクターの間では、不意にOPにネタバレがあることを嫌い「OPとEDは掲示板などで”もう大丈夫”」の情報があるまで観ないって人少なくないぐらいですから、OPが怪しいって気が付く事はそれほど凄いことではないのですが、
彼らが54話リアクション動画挙げた時点で、同様箇所に気が付いていたのは(俺の知る中では)「おもろい夫婦」と「米国有名掲示板の書き込み」の2件だけでした。


■話に入れ込むって意味で「よくわかる人」といえば
ここんとこ数回で展開した「エルヴィンが死ぬのかアルミンか」ってところで、
(このダイナミック設定は通常のドラマにも滅多にないことだと思いますが)
敵役とは言え”何か事情がある”のも間違いないベルトルトの死と引き換えにアルミンが蘇生し
同時に甲乙つけがたい主要キャラのエルヴィンが犠牲となり死ぬというですね、
「喜んで泣いていいのか、悲しくて泣いているのか自分でもわからなくなる」自我崩壊状態に陥るベテランリアクターも多数で(そういうの”さらざんまい”でも起きてますがこっちは内容が高度過ぎてついていけるリアクターは限られる)、


なんだかんだ、欧米では「アルミン派とエルヴィン派で争いにもなっていた」のですが、
●そんな中「エルヴィンは俺の夫」と豪語していた”リアル”キャロル&チューズディじゃなかった、、、仲良し女子コンビが55話終了後(夫の死を前に)ほんとにお通夜状態」というね
(視聴前冒頭部分はあんなに元気だったのにww)
 ↓

(彼女達のリアクション動画はyoutubeの説明蘭に別リンクであります)

→続きを読む

posted by kagewari at 16:10 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

リクエスト記事(いちごさんより通り魔事件のことなど3)

再びいちごさんから参考となるリクエストありましたので
取り上げてみたいと思います

web投げ銭リクエストは以下

>いちごです。質問に答えて頂いてありがとうございました。
>発達障害も会話でのコミュニケーションは厳しく(学習障害だけならコミュ力高い人は多いようですが)、凶悪犯罪者の症例が発達障害ばかりなのがまだ引っ掛かりますが。子供には「発達障害=犯罪予備軍」と差別しないように伝えます。学校では発達の子へのいじめが起きててその子の親が「うちの子は何かしたか?」と聞いてきます。周りの保護者達は標的にされたくないから「何もないよ」と答えてますが、陰ではその子や家族の噂、警戒をしています。皆我が子を守りたい一心から過剰になってますね。テキスト参考にさせていただきます。


■国語の問題です
”何を意図した発達なのか?”
(ちなみに補足ですが、繰り返しになってしまいますが前回引用の凶悪犯達は心理学的には健常者であると推定している。←ここを前提に)

実際のところ『共同幻想』系権威認知下で盛業している精神科や臨床系の考える症例分類において、
「発達障害(developmental disability:開発・発達障害)」という呼称
これって”何の発達のこと?”
見方変えると、
『共同幻想』社会が想定しているジャントルマンであったレディであったり、
(下手すっと保守系医師はLGBTをDD(発達障害)の一種と認定しているかもしれない、欧米系保守系医師には”期待する宗教道徳”なんてのすらあり得るかもしれない。)

わかりやすくいえば、
「社会が期待している(普通だいたいそうなる筈だ)社会適応できてる人?」
 ↑
前回説明のとおり「なんとかdisability」ってのは病気ではありません。
症例分類です。
極論すれば
「何故こんなこともわからないの!」とイラッとする子供は
「全員発達障害扱いされる可能性だってある」んです。

(そういう意味でも”意味ない”んだわ)

■過去記事で「学習障害とかの分類ネタ」を書きましたが、
覚えてらっしゃるでしょうか。
「数学の時にπ(パイ:3.14)をどうしてそうなんですか?と理屈を問いかけると、もう学習障害扱いになります。」←「便利だ、円の面積求められるんだから(どうしてとか)いいじゃない、そういう便利なものなんだとそのまま理解してくれたらいいの!どうしてそれがわかんないの!」
 ↑
学習障害扱いされた側から見れば
「へーなんだかわからないけれど、オマエラの脳には便利な”権威がそう言えば鵜呑みインストーラー”みたいなフリーソフトでも入ってんのか?」
だったりするんですよ。
(勿論この辺の”論理性の獲得”に関わる差異や自我構造は心理学的にも別途考える部分はありながらも、精神科や臨床系の「自己都合で分類しっ放し」とかアレはなんなん?なとこはあるワケ。)


■ここまでの説明でおおよそいちごさんもわかったと思います
「俺(『共同幻想』社会)の都合で期待する人格に開発・発達してネーなお前」
 ↑
ざっくばらんに言ってしまえば(なんとか障害の分類とは)そういうこと

→続きを読む

posted by kagewari at 16:13 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

リクエスト記事(いちごさんより通り魔事件のことなど2)


前回の7日の記事説明を受けて確認のリクエストです
依頼文を引用します

>いちごです。防犯面でのアドバイスありがとうごさいます。
>しかし疑問が残ります。今回の事件に限らず、他にもさかきばらや佐世保小6殺人、佐世保女子高生殺人、長崎男児誘拐殺人、小島一朗、加藤智大、畠山鈴香、宅間守等、凶悪犯罪に発達障害が多いのは何故ですか?世田谷一家殺害の犯人も発達障害との発表もあります。オウム信者の大半が精神、発達障害。引きこもりや家庭内暴力も発達障害が多く、各種依存症や非行もADHDが多いとの話もあります。同じ発達障害同士であれば友人や恋人もいるし、仕事や人と上手くいかなくても仕事してる発達障害も多いので犯罪へのエネルギーはあるのでは?


■えーっとですね(私は犯罪心理専門ではないので)
記憶に無い事件はざざっとググった程度調べてみました。
また、説明するまでもありませんが直接話を聞いているとか無いので以降は全て推測の域を出るものではありません。

大事なところから
1)社会的には「なんとか障害」は病気認定ですが、
医学的にも、心理学的にも「病気ではありません(レントゲンや血液検査で”なんとか障害物”があるワケでは無い)」。症例です、
極論ですが、症例ってのは「赤面症も、高所恐怖症も、あがり症も同じ症例です」
つまり自己申告。
病院は営業的に「帰ってください」も何ですから、申告された症例をカルテに書き主たる収益源の投薬を行います。言うならば保険制度上投薬の根拠の証明のため「なんとか症」の記載が必要なワケで、それが病気だとの確認はほとんど無いと言ってもいいです。

ある意味会話でコミュニケーション可能であれば、病気では無いと思ってもいい。
同時に所謂一般人全ての人が、なんらかの症状を訴えて精神科なり行けば「なんとか障害」なり「なんとか症」の症例もらえます。
 ↑
だいたいがそういうもんだと思ってください。

●発達障害なんてのも、ハリウッド俳優のトム・クルーズ級じゃないと(彼確か台本も読めない筈)本格的ななんとか障害とは呼べない(彼の場合ガチの障害者ですが立派なハリウッドスターです、、)


2)極論すれば(ノーベル賞の生物学者ローレンツ的には)
「人類ヒト科は全員発達障害」なんです。
霊長類であれほど生後自立的活動できない動物はいません。
「遺伝的障害生物」は言い過ぎですが、かなりそれに近い生物が人間です。
(※未熟児且つ成長が著しく遅い全員が成長障害、体毛を失うなど奇形とも言える進化、年中無休で繁殖可能な性機能障害、性機能獲得が異例に遅い性機能発達障害、無理な直立歩行による骨格の奇形、文化的志向や習俗化粧など情緒障害、などなど。)


「やれ誰それがなんとか障害の診断あるから」
 ↑
ここにはクソの意味も無いのです。
(私にはこんなとこがあるんですって病院で申告すれば”極論”誰でも「なんとか症」なので)
●ですから私は強硬な刑法39条否定派なワケで


3)列挙された犯人や容疑者やオウム信者などなど、
僕の印象ですが「全員健常者ですね」
(オウム以外は”性倒錯”)
(オウムはカルトなんで所謂マインドコントロール系←わかりやすく言えば誰でもかかる自己暗示の延長みたいなもん→所謂一般社会人も左巻きの偏向報道うのみにするなど似たり寄ったりの事やらかしてます。→オウムはね「カルト宗教の結社」は問題じゃないの、●その結社がどうしてテロリストになったのか←ここは別の論議だから。)

それから世田谷は(噂では某国人の犯罪ではとか言われてますが)犯人挙がってないのに「なんとか障害」もクソもないですよ(笑

●私が知る中でマジに「精神障害(誰にもどうしてそうなるのかわからない)では?」と思うのは、
■尼崎事件(角田被告がガチなのはアレですが、命じられて事件に及んだ部分は明らかに監禁なんとか症みたいなこちらも精神病と思われる)
■木嶋佳苗、婚活サークル連続殺人事件(マジ本物のサイコパスかな)
 ↑
このふたつぐらいですね。


4)極論すると「健常者とは発達障害者のことなので」
犯罪に関わるパーソナリティーとこれを関連付けても全く意味が無い事になります。
前述のいくつかの事例についても、
サカキバラにしても宅間にしても加藤にしても小島一朗にしても畠山鈴香も、
確かに性倒錯に至る過程は「なんとか障害」で説明する方が(真偽はともかく)わかりやすいかも知れませんが、

「性的変態は全員凶悪犯である」←100%あり得ないですから。

彼らが犯行に至る経緯には(彼ら以外の全ての犯罪者一般に通じる)
「犯罪に関わるパーソナリティー(←意欲のことですよ)」
これが、個別に存在してます。
それが無いと、人間は犯罪をしないんです(得することが何もないからです)。
逮捕されるリスクを犯してまで、彼らに意欲的挑戦をさせる(やりがい)とは何か?
 ↑
ここが鍵で、この件はなんとか障害と無関係です。
(てか、言い換えれば私もあなたも人間ですからなんとか障害な訳でwww)

※注:ついでの話。逆説的に言えば「メンタル問題」と「なんとか障害」は”無関係”とも言える
(昨日あげた心理学テキストに書きましたが心理学的問題って別のとこにあるものだから。)

→続きを読む

posted by kagewari at 18:20 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月08日

心理学が関わる”問題意識”や”不快症状”の原則論(2)


■「そもそも自分の自我メンタルに対する問題意識とは何か」
・前回のつづき
(論議を見えやすくするため、以降”極端な表現”を用いてます。)


<<<<<よーーーーく考えてくださいよ>>>>>
「テロとかおかしい」と一度(ネタバレ的に)思っちゃった人が、
「ポアは人類救済です」とか言うトンデモのキチガイになることは至難の技です。
(信じれは誰でもキチガイになれるなんて現象はこの世にない)
メンタル問題からの離脱からの→オンザレールな適応人格になることは物理的に不可能って事。
(ナチュボーンのキチガイは、ナチュボーンだからそうなれるワケで、、)
 ↑
で、『共同幻想』サイドは同ケースでどういう対処するか?
●共産党粛清の歴史がその代表例でしょう
 ↓↓↓
「殺すか再教育(現状自我が破たんするまで追い込んでからの洗脳)」
(そうでもしなけりゃ、素朴な疑問でネタバレしちゃった人格を、ナチュボーンなキチガイに変化させるのは困難だから)

でさ、それこそ素朴な疑問だが、
「とち狂ったキチガイ(健常者)になることが正常」とかあり得ないワケよ(笑


●「それはどうしてなのか」
一般的に必要とされる常識系概念を一から自分で再構築するのが答えです。
自我判断のよりどころとなる正統性を『共同幻想』多数決偏差値で計るのでは”無く”、
哲学や歴史や「我ながら真剣に考えてみた」などなどの、「論理的に根拠を説明可能な概念としていっこいっこ再確認(デバッグ)する」、
 ↑↓
でーーー
「それはどうしてなのか」と言えるために、
 ↓
一度自分の脳内における既成概念には一度「その全てに批判的ダメ出しが必要」なのですよ。
(疑問の余地もなくそうなのだが残っていると「どうしてなのか」と疑問に思えないでしょ)

プラトンの「常識を疑え」じゃないけどもだ、、

自力で「論理的に根拠を説明可能な概念として”俺の常識”」を貯蔵すると、
自我が正統性不安に陥る事無くなるので(自立的思考の確立)、
基本的にメンタル系の不快感は(葛藤や不安や自己否定や過剰な自己顕示などなど)解消します。
(各人の思想信条はそれこそ100人100様に個性化する)

→続きを読む

posted by kagewari at 22:38 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0