2018年04月27日

『実存時刻』(そもそも何故に死が怖い人がいるのか?その1)

●果たして「今」として自覚される時間とは何時(いつ)ですか?
前後10分でしょうか、それとも前後30分?はたまた前後1時間なのでしょうか。
(なんだかモーガンフリーマンの某チャンネルドキュメンタリーみたいな前フリとなってますが)

そう、聞くまでも無く「ひとそれぞれ」「現在進行中の状況次第」でそれは変化します。
のんびり1時間かけて朝食とる人なら、食事の今は前後合わせて1時間でしょう
せっかちに食パン咥えて飛び出す人の食事の今は前後合わせて5分でしょう
遠出のドライブで峠を攻めている人は、その運転時間トータルで今でしょう。
慌ててバス停に走る人の今は、せいぜいが前後数分である筈です。

何を言っとんのかと申しますと、
上記で語っている”今”という言葉の後ろに”自分”をつけると?
「今の自分」って言葉になりますね。
その意味というか反語は?今じゃない自分を表す言葉です。
「未来の自分?過去の自分?」
だとするなら、
「未来の自分や過去の自分って言葉から連想するものは?」
「今の自分では無い」です。
「お恥ずかしい、あのころはまだ若くてかくかくしかじか」
「自分の将来?さてどうなってんのかね、年寄り批判している今と正反対に”今時分”の若いものは、なんて愚痴っているのかしら」

”今時分”って何?

時の感覚はかくかくしかじかで”実は連続性がありません”。
”何期””何時代”などのようにその時進行していた上位概念的テーマで「独立した物語」のように語られる事も多い。
あたかも役者がその都度別の役柄を演じているその時の演目のようです。

と こ ろ が
”当事者”って言葉があるように、
”今に夢中”のあなたは、前後の”今では無い自分”の事などほとんど忘れています。
自覚が無いと言い換えてもいいでしょう。
それはどんな比率で起きますか?
”今現在に集中していれば集中しているほどに”の筈です。
「毛ガニを食うのに夢中な時、あなたはホテルに置き忘れてきたメモ帳の事など気にならないレベルどころか、この世にメモ帳なんてものがあるのかすら怪しいぐらい存在を忘れます」

→続きを読む

posted by kagewari at 03:43 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0