2016年03月30日

補足原稿 ■依存性と「取り巻き達」

(強迫心理にとって都合のいい「取り巻き」の話は過去にどっかでやっていると思うので、じっくり考えたい人はググってみてください。)

何度も書いてきてましたが、
メンタル問題ってのはその大半が(戦争などの外傷性に起因するものを例外に)「思春期などの『反抗期』の不全」に鍵があります(全部が全部じゃないが「強迫心理の成立要件」に『反抗期』のプロセスや背景は重要な因果関係がある)。
ここんとこのシリーズで延々に書いてきましたが、
重要なとこなのでしつこくおさらいします。

『反抗期』ってのは子供が法的にも人権的にも能力的にも「あたかも下層階級のように、権威者に対して従属的な関係を築く時代」から離脱する(大人になる)過程で起きる現象です。
「幼児特有の様々な誤解(サンタクロースがいると思っていたり、ヒーローが実在すると思っていたり、母親が凄い美人だと思っていたり、父親が飛びぬけて立派な人間だと思っていたり←或いは反動的にそれら全て反対の認知で荒れてみたり)」様々の”突拍子も無い妄想”を現実に置き換えるメジャーアップデートが『反抗期』です。

何故思春期にそれが大規模に起きるのかと言えば、そもそも幼児が制度的に抑圧されている背景が年齢によって自動解除されることと、
性的能力の獲得により快感認知として(特に親や教師などの)権威者に対する承認欲求みたいなものに快感原則的に依存するところから離脱し(自立)、関心事項からして異性も意識した外の世界に移動します。
サンタクロースや道徳刷り込み神話などがネタバレするように、権威者に対するハードルも崩壊し(相対自分の立場が自由になり)、抑圧が外れて(上下関係が水平になり)自由気ままに活動する方向へのアップデートです。
(現代先進国の場合はOSで言うところの管理者権限も獲得します。→身分制度や階級制度のある近代や封建社会などではそこまでの自由は無い。)


狭義で言えば家族団らんより異性といちゃつくほうが快感がデカイって話に代表されますが、
広義で言えばお手伝いをして両親に褒められるより、(家庭等の舞台設定の枠を外れた)現実の中でアクションなり表現をしてって側に快感原則的にシフトするって話(一概に社会で活躍とかの意味では無いので勘違いしないように)。

勿論、近代以降昭和初期までこの子供時代の制度的抑圧ってのは時代の『共同幻想』へ適応させる合理性と結合しており(戦前なら軍国少年とかね)、高度経済成長時代までは「女子は短大で一般職のお茶汲みとなりハードなサラリーマンのお相手」「男子は高卒就職か、四大出てハードなサラリーマンに(年功序列でお茶汲みの女子も嫁としてあてがわれる)」などもありました。
●ある意味時代の社会にとって都合のいい『共同幻想』社会適応人格に育てあげることを想定したもので、同時にそれは全体の利益にもなる合理的選択でした(内容を決めるのは権力サイドなワケですが)。
※時代背景を無視して「思春期反抗期において一足飛びに『単独者』を志向する個人」は(貴族階級や戦国武将などを例外に)なかなか多数とは言い難い。ざっくり『単独者』選択の台頭は先進国以降・高学歴社会の話と考えるのが自然。
(この辺の話は『単独者』論的にこれまで書いてきたので以降説明省略)

結果的にメンタル問題の発現に子供時代の『共同幻想』や『反抗期』の不全が関係する以上、
人格傾向として高い確率でメンタル問題を発現する自我の周辺に依存性や従属性問題がくっついてくるケースが含まれると考えられます。
ですから『被(こうむる)』のように「それと見てわかる従属的傾向」も顕著となる。
 ↓↑
●メンタル問題を発現している時には「表面的に『共同幻想』適応人格をマトモで立派な人」だと(無意識に)漠然と認識しているケースが大変多く、
何気に近親者や知人友人などにもそれ系の人が多い場合も珍しくありません。
(『被(こうむる)』スタンスが構造論的に)いかにも『共同幻想』っぽい人をスカウティングしているケースも多く見られる傾向です(そりゃそのタイプの人を”いい人認定”する傾向があるのだからそれも自然な話)。
※この現象が「他人の視線が異常に気になる」形で認識される場合もあります(バックグラウンドの構造は同じ)。

故に、メンタル問題を発現している自我ほど、
「世論動向や、現実社会の認知と”全くかけ離れた”『共同幻想』こそ正しくて立派なことだ」みたいなですね、
(この辺の現代社会実DATAは末尾リンクを参照)
 ↓
個人的には、イジメ問題などに強烈に憤るってのに(イジメなんてのは『共同幻想』社会しかやらないしできない)、場面が変われば途端に「『共同幻想』適応している人達はすごく立派で幸せそうな人達だ」って熱烈に語ったりします。
(構造論的に、それに比べて私はどうだろうみたいなルサンチマンで興奮するからなんですが。)
この辺の説明は直近のシリーズで書いているので以下を参照
社会適応論(3)
http://kagewari.seesaa.net/article/434791814.html


→続きを読む

posted by kagewari at 00:46 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0