2014年12月12日

たとえば軍隊(先進国の経済政策論)

現在の保守系政治思想ってのは随分と捻じれているんです。
案外ここ論議になる事少ないのでちょっと書いておこうと思うのですが、大雑把に言えば「保守系=安全保障的にはタカ派で、小さい政府志向の減税派」ってジャンルになりますが、昨今の保守派は(どちらか言えば左翼的傾向の強い)ドイツばりの財政均衡論者も多いですし、日本の特徴として諸外国から社会主義だと指摘されるほどの公共事業好き、現安安倍政権も選挙の名目は増税延期となってますが玄人的には「景気条項廃止による将来の確実な消費税10%増税」が本当のところです。
上記の大雑把な保守派分類でも実はまだ捻じれているんです。
米国のコテコテ保守派であるリバータリアンの場合「小さな政府」に軍部も含まれます。
(ベーシックインカムもこの辺の保守派から出ている政策論です。)
市民が各人武装し、国家はバカみたいな戦争をせず国軍など小さくていいのだってのがリバータリアンの発想であり(皆さんご存知通りで米国の州兵は場合によっては自主独立のため国軍に対して州が対峙できるための地方軍なんですから)、軍事予算も減らせってのが真性保守とも言えます。勿論市民の武装する権利を保障しての前提ですが、

流石に真性保守論に寄ればそれもそれで原理主義じゃないですけれど、極端なワケで、更に議会制民主主義の日本においては所謂自民党的保守でも十分に保守派だって事かも知れません。
となると、大規模な軍隊(案外ここ重視されない方いますが「全員公務員」なんですからね)、この巨大な公務員組織を重視しているだけでも労組との関係とかで妙に敵対化するのは妙な話なんですよ。
確かに現代社会は労組も守旧派であり、先進国化によりどんどん組織率は低下しており、労組系=左翼って言えるんだろうかと正直思うのでありまして、某政党の党首が「ウチは保守系だから労組系政党とは話にならない」って話も実は意味不明なんです。
自衛隊には労組はありませんが、巨大な公務員組織なんですから。現代日本の保守系ってのは大きな政府志向を内包している事になります。
てかね、近代あたりじゃ(ナチスも社会主義なんだし)軍国主義やってた人って共産主義や社会主義などの全体主義的なものは『お仲間』でそれほどアレルギーも無いっていうか、近親憎悪みたいな展開はあるにしてもシンパシーぐらいは感じていたんですよ。
なんていうのかな、現代社会で共産党が忌避される最大のポイントは「見ようによっちゃ軍国主義の最たるもののような全体主義や独裁への怖さ」でありまして、イメージ的には極端な保守派に対する警戒感と同じなんですなこれ。(大企業を敵視するところだってですね、これ日本の軍国主義黎明期の”青年将校による腐敗の粛清”とかの話とどこが違うのかわかりません。それこそ軍部に労組があってそこが政権取ったら軍国主義になるのですから。左翼の人は口を開けばシビリアンコントロールって言いますが、自分の所属労組がシビリアンコントロールされたら話は別って事になるでしょww)

あまりにもわかり難いところがあるので、現代社会の保守な方はですね少し論議をまとめちゃったらいいのでは無いかと思います。
「民間民間と言いますが中曽根政権時代の前川レポート的な大規模内需政策はマグレで得意なのは産業政策」「軍部のような(GDP的意味の)非生産公務員の増員に抵抗感が無い=決して小さな政府志向では無い」「財政均衡増税派だ(ここも公的セクターの財政規模が大きくなるのですから決して小さない政府志向では無い)」
現代の保守派ほど左翼的な政治思想の持主はいないのかも知れません。

てことは、期待される野党は?
「日本が苦手な内需政策(所得分配型需要政策)を志向し」「公務員の縮小と(更にNGO・NPOの活用)民間ベースの活性化に主眼を置き」「財政均衡は長期収支を基本として目先の財政均衡をデフレ志向だと断定する」
このようにすると対決軸が明快になるんじゃないスかね。

話を更に経済政策に転じると、

→続きを読む

posted by kagewari at 01:31 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
タグクラウド