2014年11月29日

「いい加減の研究」としての『歩留り論』

「それが本当に実現したらと思うと違うくね?」
 ↑
この一文でも足りるんですけどね(笑
まーそういう事ですよ。
だいたいがですね、人の思い描く「こんなんだったら」みたいな理想(その典型は宝くじの当選かもしれないが)、本当に実現すると想定外に困る事も多かったりします。
実現しない事を前提にこうなったらいいと思うのは「ある意味自己責任の担保が無く」無責任にいくらでも言えるのですが、本気でそれをやろうと思うと(実現が視野に入りますから)腰が引けるだとか、いやはやそこまで本気で思ってないからなんざ山ほどあるのです。

案外この構造は自我にとって大きなウィークポイントになっていて、
その典型例が「反動」でしょう。
「冷蔵庫の私のプリン食べたの誰?」って奴ですよ。
実際にそこに予定どおりあればあったで単なる日常の些末な話に過ぎないのに、『被(こうむる)』を刺激して「それを誰かが食べたんだろう」なんて話になると自我は反動現象に襲われます。
無意識に「もの凄く楽しみにして大事にしてきたのに」なんてな形でね。
反動が付くんですよ。
ここも「いつものとおりにそこにプリンが仮にあったとしても、日常の範囲内の些末な楽しみ程度」だったりしているもので、この場合も「仮に何も無くてそこにプリンがあったら本当のところどうなの?」を突き詰めると、たいした事無い話だったりするのです。
しかし人間の自我がこの時反動に揺すぶられるとですね、「無責任状態全開となり(仮にプリンがそこにあったならが仮説となるためいくらでも重大性を倍加できる)」興奮状態になる事もあります。
(現代社会のクレーマー現象やモンスターペアレントなんとかとかもほぼ全部コレ。)

言えばメンタル問題における『被(こうむる)』現象には頻繁に見られる現象です。
やれ何をされたから誰かを貶めてやりたりだとかの復讐のイメージなんかもですね、本当に実行されたら自分が後から困るようなスケールまで容易に倍増してしまうんです。
時々、「ちゃんと自分で俺のものとプリンに書いてないからだろ」なんて指摘を受けると更に激高したり逆効果にもなるのですが、この指摘はある意味方向性としては正しいものなんですよ。
状況を『被(こうむる)』=無抵抗、から『抗(あらがう)』=自分に選択権がある、方向に切り替えるからです。
「自分で俺のものと書いておくべきか?」←この行為は完全に自分の主導権の中にあり、その自我の姿勢も「攻撃的なスタンス」となりますんで、言うならそれは(誰かのプリン奪取に備える)抗いなんですね。
(これがまた、逆切れパターンの典型が「俺が悪いってのか」なんですけどね、、、)
さてそう考えると、
「自分で俺のものと書いておくべきか?」
突然ですね
「いやぁたかがプリンごときに名前書くとか大人げない」となるんですわ、
ある意味無茶苦茶ですわな、
「プリン激怒事件」なんてものの正体は、現象として『被(こうむる)』だと認知してしまうが故の反動現象でありまして、心底プリンが好きだった話じゃネーんです(笑

この辺って、日常生活の様々な不平不満の中に入り込んでますんで、
実はいうほど何て事無いなんてオチが多数でありまして、
岸田心理学で言うところの「どうでもよくないものなどこの世に無い」ってのもある意味『歩留り論』のキッカケとなる概念なんですよ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、暫くの期間ブログのコメント欄トラックバックを閉鎖します。閲覧されている方には不自由となる部分もあるかと思いますがご了承ください。(再開までの期間は未定です)
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 15:58 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
タグクラウド