2014年08月08日

続・左翼インテリ気取りのみなさんの劣化が著しい

ついに朝日新聞が事実上の捏造報道を認めましたが(報道では記事取り消しという微妙な表現になってますが)、その姿勢というか見事な開き直りっぷりに呆れます。
私は個人的には保守リベラル系・且つちょいリバータリアン系を自称しているんで、『共同幻想』に対して批判的なリベラル主義を否定するつもりは全くありませんけれど、
(ネトウヨの諸君に大批判されている小沢ファンだし、)
朝日はリベラルじゃないでしょうこれ。勿論ガチCIA系だった読○にも朝日を批判する資格があんのかって話もあるけどさ、
「朝日的なるもの」について考えるならさ、「スタイリッシュ左翼のつもり」みたいなインテリ気取り以外の何物でも無いと思います。
一見戦前の軍国主義を批判しているような”フリ”をしてますが(戦中の朝日が戦争煽る側だったのはあまりにも有名でその反動もあってという話もある)、左翼全体主義的な日教組を批判するで無し(組織化された左翼が全体主義的・革命軍国主義的なのはガチですから)、見ようによっちゃ〜軍国主義的な高校野球の本山だし、一体戦前朝日の何を批判して現在の姿なのかわかりませんけれど、日本の戦後においてはGHQの介在もあって日本には自虐史観的な世論形成が謀略的に行われていたのは事実で、その流れを(誰に頼まれるでも無く←一部CIAなど頼んでいる人がいたのは事実だけど)喜々として現在まで続けるってねいくらなんでもいい歳した大人のする振る舞いじゃないと思いますよ。
『一拍置いて』だ、素で考えれば朝日内部で大多数の人が分かっている事だと思うけれど、

更に言うと、私は違う意味で韓国・北朝鮮には謝罪する事があると思ってます。当時の日本国民に対してもね。大藪春彦などの著作で随分語られている事ですが、関東軍が満州や朝鮮半島(当時は併合により日本国)から避難民の優先をしてしんがりを務める事無く「本土防衛を名目に事実上撤退した事」ですよ。朝鮮半島の国民がそれをどう評価したのかは関係無く(或いは当時の軍国主義の是非はともかく)関東軍の使命というかタテマエとして大東亜に共鳴して大陸に渡った日本人を含む民間人の保護と帰国、同時に併合して日本だった朝鮮半島防衛を優先できなかった事であり(勿論軍部もポツダム宣言以降何もできなかったワケで対ソ戦的には武装解除後シベリア抑留など軍部も大きな犠牲を払ったのですが)、本土同様にギリギリまで防衛線を戦う義というものがあった訳です。
それがあれば、朝鮮半島の分断となる現在の様子も違ったものになっていたかもしれない。
逆さに言えば、それができなかった事をもって日韓併合も満州統治のための単なる方便だった事を認めざるを得ない。
(※逆説的に、いやいや軍部は東南アジア諸国同様に明石機関を中心に潜航する形で現地に残り北朝鮮設立に暗躍したって説もあるんだけれど、こればかりは検証できていない風説水準の話です。←この説だと「だから北朝鮮の敵は米国である」という右翼系論者のご意見なんだが。ちなみに韓国保守系の反日には「日本人と同じ水準にすると約束したじゃないか」的な要素がある。)

→続きを読む

posted by kagewari at 12:56 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0